ちょっと書くのが遅くなったけど、6月13日(日)に受験した危険物取扱者試験(乙種第四類)の感想です。

 実はこの日、英検準1級を午前に受けて、午後から乙四を受けるというハードスケジュールでした。

 試験会場に到着。

 英検準1級は受験者の男女の割合が半分位だったけど、やっぱり危険物乙四は女子率がかなり低め。

 試験開始!試験時間は2時間あるけど、時間的にはかなり余裕がありました。30分位あればひととおり解けると思う。途中退室試験開始後どれくらいからできたか忘れたけど、退室可能時間になったらかなりの人が退室してた。

 この試験、マークシートが少し変わってて、TOEICとかでよくある楕円形のマークじゃなくて、縦に線を引くタイプのマークシートでした。

 試験は3つの分野↓にわかれてます。
1:危険物に関する法令(法令)
2:基礎的な物理学および基礎的な化学(物化)
3:危険物の性質ならびにその火災予防および消火の方法(性消)

 それぞれ6割以上得点しないと合格できないので、毒物劇物取扱者試験と比べるとまんべんなく勉強する必要があると思う。

 危険物の種類覚えるのは、毒物劇物の種類覚えるのより簡単だったけど、法令は危険物の方がむずい気がしました。

 私の手ごたえですが、この試験は、TOEICみたいに問題用紙が回収されるので自己採点できないけど、物化と性消は9割以上取れてると思う。

 法令はそんなに取れてないと思うけど、6割は取れてるんじゃないかな…でも、不安です。

 私の試験対策についてですが、参考書は『うかるぞ乙四危険物取扱者』【AA】を、問題集は、『うかるぞ乙四危険物取扱者実戦速攻問題集』【AA】を使いました。わかりやすかったのでおすすめします。

 ちなみに、問題集の方は誤植があるけど、出版元の週刊住宅新聞社のサイトから正誤表がダウンロードできるよ。

 試験の合格発表は7月28日らしい。受かってるといいな。

記事関連外部リンク
危険物取扱者について-財団法人消防試験研究センター
危険物取扱者試験日程-財団法人消防試験研究センター