昨年に公開された、
「デスノート the Last name」をDVDで観ました。
映画「デスノート」の後編、です。
前編の方は、金曜ロードショーで観ましたが、
復習の意味をこめて、前編も借りて観ちゃいました。

DEATH NOTE











「デスノート」は漫画から入ったので、
漫画を読んで抱いたイメージによって、
実写化された映画に違和感を感じるかもなぁ、
なーんて思ったのですが、
そんなことは全然なくて、
すごーく面白かったぁぁぁぁぁぁぁ!!(叫)

ストーリーを超簡単に説明しますと、
主人公・夜神月(やがみらいと)は、
人の名前を書くとその人が死ぬというデスノートを拾います。
月は、世界平和のために、
ノートを使って犯罪者を次々を殺します。
犯罪者を殺していくことは、正義と言えるのか?
謎の天才・Lは、
鋭い推理によってこの事件の犯人を追い詰めるっ!
・・・みたいな。


主人公・夜神月役には、
藤原竜也さんが選ばれていますが、
僕は、成宮寛貴さんが適役じゃないかなぁと思っていました。
はじめは。
でも、藤原竜也でよかったと思うなぁ!

ってか、それよりもすごい適役だったのは、
L役の松山ケンイチさんですよ!
もう「まさに、Lだぁ!」と思いっぱなしでした。
喋り方とか、姿勢とか、雰囲気とか、
何から何までLっぽい。
Lが板チョコを食べてる姿を見て、
すごく板チョコが食べたくなりましたよ(笑)。
来年、Lのデスノート番外編が公開されますから、
これまた楽しみです。

アイドル・弥海砂(あまねみさ)役には、戸田恵梨香さん。
まぁ、なんていうか、つまり、、、
戸田恵梨香、萌えーッ!!(叫)
戸田恵梨香、萌えーッ!!(叫)
・・・あ、取り乱してしまいました(謝)。


漫画を読んでいたからこそ、
映画のストーリー理解もすんなりとでき、
十分に楽しめたのかもしれません。
漫画を読んでなくて、映画から入ったなら、
どういう感想を抱いたかなぁ。
これは一生分からないことだけど!!(笑)

・・・全然、映画の内容に関して、
感想を述べてませんが(苦笑)、
それは観てからのお楽しみということで、
ぜひ観てみてくださいね、漫画と一緒に。
すごーく面白いです。
CGの死神、違和感なしです。
本当の正義とは何か、ってことを考えさせられます。
ラストの展開、好きです。
テレビで連ドラ化してほしいです。
とにかく、よろしいです。