DIY( Do it yourself)という言葉が、第2次世界大戦後の復興の際に使われたものだということを、今朝の情報番組で知った。政府や自治体の力を借りず、自分たちの手で街の再建を行おうと取り組んだのが、ことの始まりなのだそうだ。
 日本におけるDIYショップの第一号は、1972年に埼玉県に誕生したとのことだ。その後、一気にブームに火が点き、地方の小都市にさえも、大手チェーンが進出してきた。
 弘前にも、Sデーとか、Sドーとか、Hマックとかが、複数の店舗を展開している。どの店も、けっこう繁盛しているようだ。
 僕も、よく行く。ただ僕の場合、専らペット用品売場だ。たまに洗剤やトイレットペーパーを買うこともある。用は、DIY店ではなく、ホームセンターとして利用している感じだ。  
 利用客の中には、木材や工具や部品等を購入し、家の補修や、簡単な家具の製作や、家電等の機器の修理を、自分で行っている人もいるようだ。まさに ”Do it yourself”だ。
 が、僕はそういうのは全く苦手なのだ。何せ、小学校の時の図工の通信簿は2,中学校の技術家庭は、筆記試験でいくらかカバーしていたとは思うが、実技だけだったらほとんど”1”に近かったのではないかと思う。
 そんな僕が、今日は、DIYにチャレンジした。必要に迫られたからだ。 
 以前にもこのブログで告白したが、今、猫の親子を6匹、自宅で保護している。まだ懐いてはいない。隙があれば外に逃げようとする。だから玄関や窓を不用意に開けることはできない。
 これまではそれでも何とかなった。でも、これから夏に向かうとなれば、せめてガラス窓を開放して、網戸にして風を入れたい。ところが、普通の網戸だと、猫は簡単に爪を立てて破ってしまう。外へ逃げ出してしまう。
 網戸そこで、ホームセンターの農業資材売場へ行って、小動物防御用のアニマルネットと強力粘着テープを買ってきた。そして、既存の4枚の網戸サッシに貼り付けた。
 普段からDIYに親しんでいる人からみれば「なんだそんなこと」程度にもならないかもしれないが、僕にすれば一大事業だった。不自由な足で踏み台を何度も登り降りし、不器用な指でネットを切ったり折ったりしながら、取り敢えずは、猫が逃げ出さないくらいには補強できた・・・ように思う。
 ただ、見栄えは相当に悪いが、これが僕の限界なのだ。益々、お客様を家にお招きすることが難しくなってしまった。(3912)