久々に市役所へ行った。と言っても、さぼっていたわけではない。何しろ、火曜日・水曜日・木曜日と、役所そのものが休んでいたからだ。と、まず言い訳をしておく。
 今日の目的は、農村整備課。実は、連休中に、ある農家の方から、相談というか依頼を受けていた。
 田んぼに水を引くための堰の水門が古くなって、いくら締めても水が漏れていって溜らない。何年も近くの市役所出張所に頼んでいるのだが、なかなか埒があかない。これまでは地域の人で土嚢を積むなど応急処置をしてきたが、それも限界がある。田植えの時期も迫っているので、早急に何とかできないものか、といった内容だった。
 水門現場に案内してもらった。実際に、水門を閉めても水が流れ出ている様子も見た。右の写真のように、鉄扉の底には欠けたような痕跡があり、両脇には地域の人が処置したビニールが詰め込まれている。(写真が下手でごめんなさい)
 自慢じゃないが、僕は商店街生まれの商店街育ちだ。水田に水を引く仕組みというものを、生まれて初めて見た。いやこれは、自慢どころか、反省しなければならない。
 で、その日撮影した写真を持って、今日市役所へ行った次第だ。ろくに構造もわからない僕の説明に、課長も担当者も、真剣に耳を傾けてくれた。
 夕方に電話が来て、早速現地へ足を運び状況を確認してくれたそうだ。僕の依頼者とも会って、これからの方針についても話し合ったとのこと。先ずは即座の対応に感謝を申し上げたい。
 加えて、非農業系の僕にも、声をかけてくれる農家の方がいる。それもとても有難いことだ。そういった方々に支えられて、議員としての仕事をさせていただいている。だから、やり甲斐もある。
 ただ、肝に銘じているのは、そういうことばかりが議員の仕事ではないということだ。本分はやはり、議場でしっかりと議論をし、政策なり施策を提案すること。そして採決に際しては、有権者の声に基づいた賛否を示すことだと思っている。この辺は、普段どんなにふざけていても、僕の議員としての絶対に譲れない一線なのだ。
 ん? そんなことを言ったって、前に市長に「ドラえもんの歌を知ってるか?」なんて質問をしてたじゃないかって・・・? 
 まぁ、3年も前の話だ。この先だって、何をどう質問するかはわからない。もしそうなったとしても、今日のブログのとっかかりは水路の話だっただけに、さらっと水に流して欲しい。(5977)