帰省してきていた娘を送って、新青森まで行ってきた。駐車場も、駅構内も、いつになく混み合っていた。さすが、ゴールデンウィーク(GW)の最終日だ。
 そのGW、今年は、4月29日から”ゴールデン10Days”だった人もいるようだ。お陰で、行楽地にも、昨年や一昨年よりも大勢の人が訪れたと、盛んにニュースで報道されていた。  
 僕はといえば、ほとんど家にいた。ポツポツとこのブログでも紹介してきたように、石碑清掃に行ったり、人と会って相談を受けたり、市役所へ足を運んだりはした。頼まれていた原稿を書いたり、来客を招く準備もした。会派+無所属で政治関連の会食もした。が、恒例だった全国凧揚げ大会や消防団の観閲式もなく、総じて振り返れば、例年になく外出の少ない1週間、いや10日間だった。  
 で、何をしていたかと言えば、保護猫対策だ。僕と同じく猫好きの娘が帰ってきてくれたので、目一杯手伝って貰って、かねてから懸案だったことに手をつけた。
 襖5月5日のブログに書いたネット貼りもその一つだが、他にも、座敷の襖には、猫に破かれないようにビニールの板を張り付けた。(もう手遅れの箇所もあるのだが) また、猫を入れないようにしつつ通気をよくするため、僕の部屋の襖には、写真のような板を取り付けたりもした。この間、何度ホームセンターへ出かけたことだろう。
 父の書斎だった小部屋を片付けて、餌や砂・ペットシートなど、猫グッズを一ヶ所に保管出来るようにした。その時、出てきたのが、5月3日のブログで紹介した、命名の半紙だ。
 その日以来、それまで”お父さん(おじいちゃん)の部屋”と呼んでいた場所は、”猫の部屋”と呼ばれるようになった。今年17回忌を迎える父は、あの世でさぞや腹を立てていることだろう。
 昨日は、保護猫活動をしている人ともあった。来週の去勢(避妊?)手術のために、捕獲箱を持ってきてくれた。捕獲箱に誘導する方法も話し合ったが、過去2度の手術時以上に難しそうだ。家の中で暮らしているとは言え、もともとは野良猫だ。なかなか懐いてくれない。何度打ち合わせをしても、こちらの狙い通りに、上手く捕まえられるかどうかは、全く自信がない。
 そんなこんなで、ゴールデンウィークは終わった。僕にとっては、”GW”ならぬ、”CW”すなわちキャットウィークだった。(4471)