あれからもう一ヶ月が経つ。弘前市長選のことである。
 選挙戦の最中、「前の市長は、箱物をたくさん建てて、税金の無駄遣いをした。Y候補とE候補はその時の副市長いわば腹心だった」といったようなネットへの書き込みをしていた人がいた。 現市長(その時はS候補)の支持者のようだ。
 愚かな書き込みである。前市長の選挙でもあるまいし、だからなんだと言いたかったのか?それを言ったらS候補だって部長職だった。何らかの意思決定には係わっていたろうに。
 と、市長選を蒸し返すつもりではない。今日は、その”無駄遣い”についての話である。  
 例えば、子どもの情操教育のために、思い切ってピアノを買ったとしよう。そのこと自体は無駄遣いでは無い。感性豊かな子になってもらいたい。ゆくゆくは音楽家に育てようなどという、親の夢があったのかもしれない。
 が、その意に反して、子どもが全く興味も示さず、レッスンにもろくに行かず、数年後には、単なるインテリアならまだしも、物置台になり果てていたとしたら、それは結果として”無駄遣い”の誹りを免れ得ない。要は、当初の目的・目論見通りに、使われるか使われないかの問題だ。  
 確かに、前市長は、多くの公共施設の新築や改築を積極的に行った。実際に、そういう批判も多々あった。  
 でも、最初から無駄と思って建てたものはない。弘前市のため、市民のために必要だと考えたからこそ、投資に踏み切ったものだと思う。
 だから、それを”無駄遣い”としないためには、市役所も僕らも、もっともっと有効活用をしなければならない。例えば野球場。年に一度のプロ野球だけでなく、二軍戦でもいい、ノンプロでもいい、大学野球の合宿でもいい、色々と誘致できないものか。野球以外の屋外イベントの招致・開催も可能なのではないか。なんてことを考える。
 その意味で、今現在、弘前市の最大の無駄遣いは、弥生リゾート開発跡地だ。これまでも何度もこのブログで紹介してきたので詳細は省くが、破綻した三セクによるスキー場建設の跡地を、弘前市が約5億(だったと思う)もの税金で購入した。  
 それがもう20年余も、ほとんど利活用をされないまま、現在に至っている。わずかに年に2回、親子自然観察会が行われているだけだ。
 弥生今日は、昨年に引き続き、弘前市議会”会派さくら未来”で、現地を視察に行った。先の補選で当選したTo議員も一緒だ。
 一旦は木々が倒され山肌もそぎ取られた跡地に、今では青々とした樹木が育っている。ありのままの自然の生態が残っている。この場所を、子どもの自然学習の場や、市民の憩いの森として開放できないものかというのが、数年来の課題なのだ。
 結果としての”無駄遣い”を批判するのは誰でもできる。”無駄遣い”に終わらせないための知恵や工夫を、一緒に考えたいと思う。
 実は、部屋の片隅に、歳をとったら弾いてみようと思って買ったキーボードがある。6年間、箱に入ったまま、まだ開梱すらしていない。こういうのを究極の”無駄遣い”っていうんだろうなぁ、きっと。(4131)