広重弘前市立博物館の、今年度特別企画展Ⅰ「歌川広重 保永堂版と丸清版 二つの東海道五拾三次」が始まった。今日は、その開会セレモニー。ご案内を頂戴したので出席をしてきた。
  タイトルでおわかりのように、超がつくくらい有名な浮世絵「東海道五拾三次」を全点展示した企画だ。しかも、1832年、最初に出た保永堂版と、その15年後に描かれた丸清版が、それぞれ並べて展示されている。同じ場所を描いても、構図や色合いが全く違うのは素人の僕でもわかる。
 その上、それえぞれの場所で、大正年間と現代に撮影された写真も隣りに慶事されていて、見比べてみることができる。これは、美術ファンならずとも、旅行好きの人にとっても、必見の特別展だろうと思う。
 思えば、江戸時代の庶民も、こうした浮世絵を見て、行ったことのない遠い旅の先に、思いを馳せていたのだろう。浮世絵は、今でいう絵葉書きや「るるぶ」の役割を果たしていたのかもしれない。
 と書いたものの、最近”絵葉書”なるものを、滅多に見なくなった気がする。いつでも何処でも簡単に写メを送れる時代になったからだろうか。  
 閑話休題。解説してくれたのは、今年から赴任してきた学芸員のOさん。なんと僕の親友のお嬢さんだ。だからといって褒めるわけではないが、とてもわかりやすく面白い話をきかせていただいた。  
 例えば”歌川広重”という名前。”安藤広重”という浮世絵師の名も目にしたことがある。勿論同一人物だ。
 ただ”安藤”は武家の苗字で本名。もともとは火消しの家柄だったのだが、絵の世界に入る際に”歌川”にしたのだそうだ。まぁ、早い話が、落語家になって”林家”や”柳家”を名乗るようなものなのかと、勝手に解釈をした。
 もう一つ、さっきも書いたように、今回の展示は1832年の保永堂版と、その15年後に描かれた丸清版が並んで展示されていた。そこで素朴な疑問を抱いた。広重は15年間に2度も東海道を往復したのだろうか? だとすればもの凄い健脚だなぁと。
 答えは、いとも意外なものだった。広重は一度も東海道を踏破していないのだそうだ。その以前にも東海道を描いた絵や図はたくさんあり、それを見て作製したという話だった。
 その話を聞いて、益々僕は驚嘆した。見ていない物を本物らしく表現する。それこそがプロの才能だと感じたからだ。
 中学校時代、授業中に、書いていない作文を朗読した強者がいた。いわゆる”弁慶の勧進帳”だ。50年以上経った今、巷では僕だということになっているらしいがそれは違う。そんな芸当をやったのは、今日の解説員のお父さんだったと、僕は朧気ながら記憶している。違ってたらごめん。(7327)