ねぷたを観に行った。
 昨日は午前中の雨が午後にはあがり、今日は逆に、午前中の快晴が夕方からは雨に変った。時折雨足が非常に激しくなる。そんな悪天候の中でも、運行している側も、観ている側も、精一杯3年ぶりのネプタを楽しんでいるように見えた。何はともあれ、無事に開催できたことを喜びたい。
 ふと見ると、観客が全員、ネプタに見入っているその後を、プラカードを持ったスタッフらしい女性が往復している。そこには、マスク着用やら手指消毒やら大声禁止などの文言が書かれている。ほとんどの人が気づかない。気づいたとしても文字が小さいので、最初から最後まで立ち止まって見ている人は皆無に等しい。
 主催者としては、「コロナ対策を行っていますよ」という、一環なのだろうが、どれほどの効果があるのか? などと、捻くれて考えてしまうのが、僕の悪い癖だ。
 プラカード嬢はともかく、事前のコロナ対策の告知は、ある程度浸透していたようにも思う。広報誌や、路上の立て看などで、随分と前から徹底して呼び掛けていた。
 何が感心したかと言って、場所取りの禁止をはっきりとうたったことだ。その効果は確実にあがっていたと思う。
 観覧する場所を確保するため、午前中から、歩道にガムテープを貼ったりスプレーを使ってスペースを囲む。名前を書く。あるいは甚だしいのは、自転車やバイクを横倒しにして置いていく・・・、なんて行為に、良識ある市民からは、毎年多数の苦情がよせられていた。曰く、景観上みっともない。歩行者の邪魔になる。後始末は誰が行うのだetc
 以前、一般質問でこの問題を採り上げた。どうも、いいとも悪いとも、はっきりしない答弁だった。市も難渋しているようだ。
 ある職員からは、沿道の店舗も場所取りをしている。そちらを認めておいて、一般の見物客の場所取りを認めないのは如何なものか、という反論をいただいたことがある。
 確かに、僕も経験がある。沿道で書店を経営していた当時は、お得意様や東京から来た出張員に座っていただくために、店の前に椅子を並べていた。
 その件については、僕の態度は明確だ。毎朝歩道を清掃しているのは、その店舗の人なのである。歩道融雪などの費用を負担しているのも、融雪設備で間に合わない箇所の除雪をしているのも、それぞれの店舗の人たちだ。それを考えれば、店舗経営者には一定の権利があって然るべきかと思う。
 場所取りさて、今年はどうなんだろう。気になって、今日の昼過ぎにちょっとだけ歩いてみた。下土手町交差点から蓬莱橋までの中三側歩道で、僕がその時間で見つけたのは、右の写真の一ケ所だけ。コロナ前まで横行していたような見苦しいものと比べれば、かなりおとなしい。(だからいいというわけではないが)
 なんだ、やればできるじゃん。というのが率直な感想だ。コロナ対策だからと言わず、仮に来年、コロナが収束していたとしても、是非、「場所取り禁止」を前面に打ち出して欲しいものだと考える。(4975)