明日から、行政視察に出掛ける。視察先は、大垣市、柏市、東京都品川区、それに小平市の4ケ所だ。それぞれの視察内容については、また順次、このブログで紹介する。
 今回は、出掛けるに際して、二つの心配事があった。
 一つは大垣市のことだ。岐阜県である。岐阜県と言えば、この度の西日本を襲った集中豪雨で、大きな被害を受けた県の一つだ。高山市、郡上市、関市などの被災の様子がテレビでも放送されていた。
 大垣市は大丈夫だったんだろうか? まぁ、今の今まで何の連絡もなかったところをみると、視察をキャンセルするほどの事態にはならなかったのだろう。それにしても気が重い。 
 二つ目の心配事は、以前から何度も書いてきたように、僕の左膝の痛みである。視察に出れば、交通機関の乗り換え、駅から視察先までの移動等で、けっこう歩くことが多い。果たして堪えられるのだろうか。
 毎日のブログ文末の歩行数を見てもらえればわかるように、極力膝に負荷をかけることを抑え、薬局で買った「塗るグルコサミン」という薬を、毎朝晩、丹念に膝に塗り込み、さらに先週病院で処方してもらった痛み止めを飲んでいるせいか、だいぶ具合はよくなってきた。階段を降りるときも、左右の足を交互に出せるまで回復した。でも、まだ痛みは根深く残っている。
 こんな不安を抱えたままで、明日出発することになったが、一方で後顧の憂いは、一応取り除いた。以前から頼まれていた原稿を2本書き上げた。文字数にすれば、2本合わせて2000字程度だが、内容も文体も全く異なるものを、取り敢えずは片付けることができてほっとしている。1本はメールで送信したが、もう1本は依頼者の家に届けてきた。
 その他に、議会広報の担当ページのレイアウトを作成し、文化財課への書類の提出も終えた。ある人から尋ねられていた本も、ようやく版元名がわかったので、直接その出版社を訪ねて発注した。明日からの視察に備えて、ポリグリップも買ってきた。そんなこんなで、今日一日、バタバタと雑多な仕事に追われていた。 
 夜、テレビの天気予報を視た。名古屋から西の方には、最高気温が、33度とか35度とかいう数字が並んでいる。新しい不安が、また一つ増えた。(2760)