きょうは、町会のイベントを開催した。名付けて「徳田町の集い 徳田町だよ全員集合!」。
 このネーミングは、一部には不評だった。「何それ?」「古くさい」・・・。僕らの年代だと懐かしいのだが、若い人達には理解し難かったようだ。断っておくが、僕が考えたのではない。
 焼き肉イベントのメインは、バーベキュー大会。我が町会で、このような催しを行なうのは、おそらく初めてのことだと思う。少なくとも、僕が町会活動に係わるようになったここ10数年の間は、一度もやったことがない。
 きっかけは2つある。
 一つは、昨年僕が町会長になった時、若い副会長を2人指名した。IさんとHさん。どちらも、まだ40歳代の若手経営者だ。その副会長さん方が、積極的にやろうやろうと言ってくれたのだ。
 もう一つは、今年から、町会のこういった活動に対しての、市の支援制度が出来たことだ。しかも、その制度の担当課の課長が、我が町会の住人でもある。であるならば、積極的に活用させていただこうということになった。
 何せ、今までやったことのない試みである。コンロはどうする。肉はどの程度必要か。机・椅子はどうする。夜間のイベントなので照明はどうしようか。お手洗いも必要ではないか・・・。そういった課題を、副会長2人と会計のMさんが、全て解決してくれた。ただただ感謝するのみである。
 感謝と言えば、場所を提供してくれたビジネススクールやKさん、あるいは早くから来て設営を手伝ってくれたYさんにもお礼を言わなければならない。また、たくさんの方から差し入れもいただいた。
 いやいや、参加して下さった全ての皆様に、頭を下げたい心境だ。何と、総会の3倍近くも集まってくれたのだ。隣り町の町会長さんにも来ていただいた。町会未加入の方の参加もあった。
 親子連れも何組かあった。僕らもそれが狙いの一つであった。子どもでも楽しめるよう、輪投げや射的、それに花火なども用意していた。
 花火花火は、大人も楽しんだ。ある人は「花火なんて何年振りだろう」と言っていた。そういう言葉を聞けただけでも嬉しい。
 と、初めてのイベントは、無事に終了した。改めて感じたのは、”ご近所の底力”である。わずか52軒ほどの小さな町会だけど、もっともっと色々なことができそうな気がしてきた。
 それだけのマンパワーがこの町会にはある。無いのは町会長の人徳だけかもしれない。(5419)