長年の念願が叶った。 ”日本一の読書のまち”を推進する、埼玉県三郷市を訪れることができたのだ。
 昨日も書いたように、今回の視察は、会派でも委員会でもなく、単独行である。にも係わらず、弘前市の議会事務局から、三郷市の事務局へ連絡を入れていただき、先方では、資料を準備して待っていて下さった。改めて、両事務局に御礼を申し上げたい。
 三郷市のことは、全国市議会議長会が発行している「全国都市の特色ある施策集」という本でみつけた。この本は、数年おきに改訂されているのだが、三郷市のこの取り組みは、もう何版も前から続けて掲載されている。よほど力が入っているのだろうと、ずーっと気に掛けていた。
 しかし、如何せん、首都圏である。年に何回かは東京に出る機会はある。だったら、何かのついでに行けそうだ。でも、いつでも行けそうだと思ってしまえば、実際は逆になかなか行くことはない。と、そんな感じで、これまで行ったことがなかった次第だ。
 いやはや、行ってみて良かった。読書推進という面では、弘前市の数歩先を進んでいる。
 例えば、「子どもの読書推進活動基本計画」というものがある。これは、もうだいぶ以前に、文科省が旗を振って、全国の市町村に制定を義務づけたものだったと思う。
 弘前市にもある。僕が、12年前の6月に、議員として行なった一般質問で、市に対して、一刻も早い制定を要求したことを、今でも覚えている。
 三郷市は、更に進んでいる。子どもだけではなく、乳幼児から高齢者まで、全市民を対象にした「日本一の読書のまち三郷推進計画」を策定している。A4版89ページに及ぶ、しっかりとした計画書だ。その中には、「乳幼児から読書に触れる」「家読推進」「郷土を深く知る」「図書館の活用」「人と本をつなぐネットワーク」といった5項目にわけた46もの具体的施策が盛り込まれている。
 三郷2残念ながら、それらを全部、ここに掲載することはできない。ただ例を挙げれば、小学一年生に本と図書館利用カードをプレゼントする「らんどせるブックよもよも」や「こども司書養成講座」、あるいは電子図書館の開設等、予算との兼ね合いもあるが、弘前市でも是非検討して貰いたいような事業が数多くあった。写真はその中の一つ、バリアフリーコーナーである。また、”日本一の読書のまち”を外に向かって発信するために、「全国家読ゆうびんコンクール」も主催している。
 読書の成果は、すぐに数字では表わせないことは、僕だって重々承知はしている。が、ひとつだけ、紹介しよう。蔵書回転率(年間貸出し冊数/総蔵書数)である。書店経営であれば、その値は、資金繰りにも影響する重要な指標である。
 これが、三郷市は1.6。弘前市は、直近の値はわからないが、数年前までは1.0を切るくらいだった。蔵書数はほぼ同じなのに、貸出し冊数に大きな開きが出ている。
 まぁ、人口密度や蔵書の内容によって、一概には比較できるものでもないが、文化都市を標榜する弘前市としても、まだまだ頑張らなきゃと、大いに刺激を受けて帰ってきた。(11189)