弘前市新年互礼会という行事がある。市長以下、市の幹部職員や、経済・体育・文化等の諸団体、市内企業の役員等、所謂”名士”と呼ばれる方々が、一堂に集まる会合だ。1回で、新年の挨拶周りが済む、というのが主旨らしい。今年も、市内もPホテルで行なわれた。
 以前は、確か、元日か2日に行なわれていたような気がする。あるいは、僕の記憶違いかもしれない。
 いずれにせよ、6日というのは、いかにも遅い、年明け5日間も経てば、親しい人、お世話になっている人には、何らかの形で挨拶は済んでいる。今さらという気もしないではない。
 それに、元来僕は、シャイな性格なので(ホントだよ)、大人数が集まる場所は苦手なのだ(ホントだよ)。だから、議員になってからでも、ほとんど出席したことがなかった。先月上旬にご案内をいただいたのだが、「欠席」で返事を出していた。
 今朝、役所の仕事始めなので登庁し、議長に新年の挨拶をした際に、「互礼会に来るんだろう?」と言われた。そこで、今からでも出席が可能かと、事務局に聞いてみた。どさくさに紛れて、会費を払わずに中に入れないものかと、勿論冗談半分で、担当課に問い合わせてもらった。さすがにそれは無理だという返事だった。
 と言うわけで簡単に諦めた。今年も出席しなかった。
 でも、実は、ほぼ同時間帯、同じホテルの2階下の喫茶店にいた。互礼会に出席していた同じ会派を組むTa議員と打ち合わせをするため、一人コーヒーを飲みながら、会が終わるのを待っていたのだ。
 打ち合わせというのは、一つは、明後日8日、弘前大学のM先生のゼミで行なう講義のことだ。一昨年は、二人、別々に行なったのだが、今年は一緒に受け持つことにした。市議会とは、議員を志した理由、弘前市の課題等を、若い学生さんたちに話してくる予定だ。
 もう一つは、1月20日に開催する会派議会報告会の件だ。今回は、市職員の個人情報漏洩の問題、小・中学校の冷房設備に係わる補正予算専決処分の件、指定管理者指定案を議会が否決した件等、イレギュラーな事がたくさんあった。一つ一つ報告するだけで、相当な時間を要しそうだ。だから、会派を超えた多人数ではなく、Ta議員と二人だけで行なうことにした。
2020年1月20日会派報告会

 8日の講義は、ゼミの学生さん対象なのでお誘いできないが、20日の報告会には、たくさんの皆様に来ていただきたい。特に、このブログにコメントを寄せていただいた方や、SNS等でご意見を下さった方々には、是非ご来場をいただきたい。様々な疑問やお考えに対して、できるだけ丁寧に説明をしたいと思っている。お待ちしております。(8974)