今朝の地元紙に、20日に行なう「会派さくら未来」議会報告会の広告が載った。弘前を中心として発行されているM紙である。 
広告
 送ってもらった写真を、更に転送したものなので、文字がいささか不鮮明かと思う。そこで、改めて、日時と場所・内容を下に記す。

 日時 1月20日 午後6時から8時まで
 場所 百石町展示館
 内容 ①市職員の情報漏洩の問題について
    ②小中学校冷房設備専決予算について
    ③弘前市民会館指定管理の件について

 内容は、いずれも、昨年の12月議会で、論点となったものばかりである。議論の真っ只中にいた立場として、これらのことを詳しくお話したいと考えている。
 今回は、色々な意味で、時間が無かった。長い年末年始休暇のあと、いくつもの行事が続いて、しかも月の後半には視察も控えている。そんな中で、前回一緒に報告会を行なった無所属の3人とも、じっくりと日程調整をすることもできず、会派だけの報告会となってしまった。
 告知にしてもそうである。チラシや会派レポートを作成して配布する時間がとれないため、止むにやまれず、新聞広告を出した。何と言っても、新聞は高いのである。
 僕も、当選して1期目くらいまでは、自分の議会報告会で新聞広告を出していた。しかし、段々と経済的に厳しくなっていって、いつの頃からか止めてしまった。
 とは言え、新聞広告には新聞広告の大きな効果がある。市内全域の、不特定多数の人の眼に止まる可能性があるということだ。
 僕の初期の議会報告会でも、たまたま下北から仕事で来ていた人が、新聞をを見て、来場されたということがあった。その方以外でも、毎回、見ず知らずの方が何人か、会場に来てくれていた。新聞のお陰だろうと思う。はてさて、今回はどうなることやら・・・。
 勿論、ネットでも告知は行なう。同僚のTa議員は、フェイズブックやツイッター等を駆使して、案内に努めると言っている。僕も及ばずながら、こうしてブログで発信をする。20日前に、もう一度、お願いするかもしれない。
 新聞=アナログ、ネット=デジタルの双方を使っての周知徹底だ。アナログの最たる手段=口コミも、これから徹底して行なっていこう。とにかく、大勢の皆様に来ていただきたいと、心よりお願いする次第だ。
 最後に、しつこいようだが、1月6日のブログにも使った、議会報告会のチラシを再掲する。皆様の「ご来場をお待ち申し上げております。(12272)
 
2020年1月20日会派報告会