初夢、初売り、初詣、初釜、初競り・・・。敏が明けて最初に行うことを、「初〇〇」と言う。今年の僕は、母の死に始まって、通夜・葬儀や、その後始末に追われていたのだが、今日になって、二つの「初〇〇」を体験した。 
 市役所へ行ったのは、今日が初めてではない。1月4日、葬儀の日程を議長に報告するために、議会事務局へ顔を出した。
 今日は、それ以来の登庁である。一週間以上も、市役所へ足を運ばないだなんて、議員になってからの僕にとっては、糖尿病の教育入院時以来ではないかとさえ思う。
 目的は、母の死去に伴う諸手続きであったが、お香典をいただいた市の理事者の方々への御礼もあった。議会事務局では、議会に関する今後の日程等も教えていただいた。
 さて、そこで「初ラーメン」である。考えてみれば、今年は、大好物のラーメンを一度も食していなかった。
 市役所隣のラーメン専門店、M金。ここは僕のベスト3に入るくらいのお店だ。しかも、おかみさんからは、ご丁寧にお香典も頂戴した。御礼を兼ねて正午過ぎに行った。スポーツ新聞を広げてラーメンを啜る。ようやく日常に戻ったような思いがした。
 もう一つの「初〇〇」は、歩行数である。今年初めて8000歩を達成した。今現在で8632歩。これから寝るまでに家の中をうろつけば、あと100歩くらいは上積みできるかもしれない。
 先日宣言したとおり、1年間の目標を、1日平均8000歩と決めている。ところが昨日までは、4000程度しか歩いていなかった。外出することも少なかったからである。
 でも、さっきも書いたように、今日から徐々に日常に喪踊っていく。これまでの遅れを取り戻さなければならない。
 なぁに、簡単なことだ。市役所まで歩いて往復すれば、庁内での移動も含めて、約4500歩程度。あとは鍛治町を徘徊すれば達成できる。
 あっ、忌中だった。鍛治町はまだ早い。うーむ、どうしよう?(3853)