若葉台2丁目南自治会のブログ

若葉台2丁目南自治会から発信します。 若葉台情報の投稿も歓迎です。 当ブログは2011年6月30日にスタートしています。

IMG_3150

若葉台のところどころに、3月下旬に、ひときわ目立つ黄緑の髪飾りのような木。

いつも個性的なこの木々に目が奪われます。

必ず写真を押さえています。

IMG_3148
IMG_3145

あらためて「画像検索」で調べてみました。


キブシ(木五倍子)というだそうです。

キブシ科キブシ属(学名:Stachyurus praecox)


「多摩丘陵の植物と里山の研究室」というサイトによると次のような解説がありました。一部を引用し、紹介させていただきます。

日本固有種です。 

樹高2m~4m程度の落葉低木です。雌雄異株です。 

幹は、太くはならず、樹皮は灰褐色です。 

林縁などの半日陰になる場所に生育します。 

植物学的には、キブシ科はキブシ属の1属のみで6種からなる小さな科で、日本にはキブシ1種のみが自生します。 

ただ、日本国内には地域的な変種が多く5変種があります。 

早春に、葉を広げる前に、淡黄色の花径8mm前後の鐘型の小さな花を、長さ10cm前後の細長い房状(総状花序)に多くつけ、枝にいくつか下垂させます。 

他の樹木に先駆けて花をつけるので早春の里山ではよく目立ちます。 


勉強になりました。


そして、3月24日のバス通りのソメイヨシノはこんな感じでした。

気温が下がって、開花予定日なのに、まだ開花していません。少し遅れ気味です。


IMG_3138
IMG_3140
IMG_3143
IMG_3135
IMG_3133
IMG_3132

IMG_3127
IMG_3123

若葉台の桜の全体は、3月23日現在は、開花寸前の様子ですが、なかには先をゆく桜もあります。

ご覧のように、オオシマザクラの白い花々=10輪以上が可憐にお目見え。


IMG_3120
IMG_3114
IMG_3112
IMG_3111
IMG_3072


この樹の隣では、まだ、開花寸前のオオシマザクラがあり、緑葉と白い花びらがまもなく…という感じです。


IMG_3107
IMG_3109
IMG_3104

モクレンは、ずいぶん花の数が増えました。

白い花びらがみずみずしいうちは大いに楽しめます。


IMG_3088
IMG_3084
IMG_3082
IMG_3079

バス通りのソメイヨシノは、オオシマザクラより、さらに遅れている感じですね。


この間、若葉台2丁目南自治会ブログは、毎日1000アクセスを連日記録。

よって、9日間で1万アクセスをいただき、45万アクセス突破の3月12日から9日後の21日に、46万アクセス突破です。


IMG_3035
IMG_3040
IMG_3042

これまでにない記録です。


3月25日にオープンする「第33回全国都市緑化よこはまフェア」についての記事検索がアクセス増の理由と思われますが、それにしてもこんなに多いとは?



例によってのグラフを掲載しておきます。

3241

また、「第33回全国都市緑化よこはまフェア」の関連リンクを貼り付けておきます。


★当ブログであつかった「全国都市緑化よこはまフェア」の記事⇨ココです。


★「全国都市緑化よこはまフェア」の公式ホームページは⇨ココです。


★「全国都市緑化よこはまフェア」の里山ガーデン「旭区DAY」は⇨ココです。




※中村 晃広報部長が取材してくれました。
 

2121

IMG_8849・立て看板       


3月20日(月曜日、春分の日)、二丁目南自治会の第212回おしゃべりの会がくぬぎ集会所で午後1時から開催されました。

今回のテーマは体力測定でした。

IMG_8855
IMG_8859
IMG_8864
IMG_8867
IMG_8872
IMG_8861
IMG_8860

包括支援センター(ケアプラザ)から来られた4人の指導員の方に血圧、握力、5m歩行タイム、開眼片足立ちタイム、前屈度を測定していただきました。5m歩行タイムは個人差がよく表れるようでした。




IMG_8897・ころばんよ体操     
IMG_8907・ころばんよ体操     

体力測定の後、指導員の関さんの指導のもと、体の重心を移動させる「ころばんよ体操」をしました。その後、床にばらまかれた番号の振ってある足跡の型の上を踏み渡る足跡踏みゲームが紹介されました。

IMG_8912
IMG_8914
 

体力測定の結果は後日、参加者に通知され、継続して参加している人は過去の記録と見比べることができるということでした。

なごやかなおしゃべりの会は2時15分ごろに終わりました。

以 上



IMG_3005

たしかにカウントダウンにある若葉台の桜。

二丁目南エリアのオオシマザクラも、日々、つぼみを大きくしていますが、日当たりの良い枝のなかでは開花寸前のものも。ポツリ…。


IMG_3012
IMG_3016
IMG_3003
IMG_2996

オオシマザクラなので、緑葉の間から白い花びらが顔をだしている一輪を発見。

まもなくいっせい開花となるのは必至です。


IMG_3023

地上のチューリップも、グングンとのびています。

こちらも急速です。



IMG_20170318_140946

上川井にあるヨコハマザクラも開花がはじまったと、メールで写真をいただきました。

ありがとうございます。


IMG_2988
IMG_2989

3月22日まであと2日。

遅れても23日、24日には咲くだろうか?


IMG_2987
IMG_2986
IMG_2984
IMG_2983

当ブログは、いつも通り桜ブログの様相を呈しています。

ほとんど日報状態です。

しっかり公開しています。


IMG_2980

この前の写真と比べても、ソメイヨシノのつぼみは確実に微妙にふくらんでいます。


IMG_2977
IMG_2974
IMG_2970
IMG_2967

ついでにオオシマザクラも前進中。

モクレンも開花の花数が増えています。



IMG_2961
IMG_2960
IMG_2958

白い花に青空のコントラストはいつ見ても美しいですね。


 


若葉台二丁目南自治会は、3月18日(土)の夜に、運営委員会を開き、4月9日の第35回代議員総会にむけた諸準備について打ち合わせ、必要な手立てを確認しました。


IMG_1881

代議員総会にむけた議案書は、3月26日(日)までに自治会員のポストに配布します。
あわせて、総会の出席対象である新代議員、自治委員、会計監査の皆様には、個別に会議参加を案内し、委任の措置をとらざるを得ない方への対応も行います。


第35回代議員総会議案書表裏表紙

4月9日(日)は、くぬぎ集会室にて、午前10時から開始。総会次第にそっての議事を予定します。

新しい方針・態勢を確立して、心機一転、次の歩みを開始します。



4月16日(日)には、棟長および自治委員の活動のイロハをしっかりおさえるためのオリエンテーションが予定されています。対象の皆様、2週続けての会議となりますが、どうぞよろしくお願いします。


代議員総会、オリエンテーションが終わると、早速、新年度の活動がスタート。
各棟の活動も切り替わるために、棟費の補てんなど必要な財政措置をとるとともに、春から夏にかけての諸活動の具体化が一気に進みます。


5月の連休(前後)には、若葉台連合自治会総会、「みんなあつまれ」、若葉台高齢者交流会など定番の諸活動を推進するとともに、若葉台夏まつりにむけた大きな仕掛けが動き出すことになります。



若葉台2丁目と1丁目を分かつバス通りのソメイヨシノの開花はいかに?

以前のブログに書いたように、横浜の開花予想は、いろいろな調査がありますが、22日~24日です。


IMG_2898
IMG_2894
IMG_2891

そこでソメイヨシノの花芽をiPhoneで撮ってみました。

急速に大きくなっているようにも見えますが、残り時間との関係でややふくらみが遅いような、そんな印象です。


IMG_2887
IMG_2884

上の2枚の写真を記憶しておいてくださいね。 

あと5日間…、カウントダウンですね。



アンズ(杏子)は、まさに花盛りです。

独特の風合いを醸し出しています。
IMG_2908
IMG_2903
IMG_2902
 


3月も後半に突入…。

朝晩は、まだまだ寒いし、ゆり戻しもある季節ですが、日中の日差しはぬくもりを感じるようになってきました。


IMG_2879
IMG_2875
IMG_2874

モクレンも急速に開花中です。

若葉台中央のバスターミナル前のモクレンは、もっと大きな木ですが、さらにたくさんの白い花をつけています。
 

今の季節、葉っぱを落としている木々ばかりなので、大きな白い花の塊は、ものすごく目立ちますね。

これにコブシの花も開花し、モクレンやコブシの白のオンパレードとなります。



IMG_2871
IMG_2868
IMG_2864
IMG_2861

次に開花するのはもちろん桜。

ソメイヨシノとオオシマザクラは、だいたい同じ時期に開花しますが、オオシマザクラは白やピンクの花びらの開花と同時に緑葉も伸びて行きます。

そのオオシマザクラのつぼみは、ご覧のように、緑の葉を葉巻のようにして大きくなりつつあります。

IMG_2857

iPhoneで撮ってみました。ピントは甘いですが…。


黄色い水仙が、ところどころに顔を出しています。

白い水仙が多いなか、黄色い水仙の存在感があります。


IMG_2787
IMG_2821

チューリップも毎日ぐんぐん伸びている最中。

球根から伸びる葉っぱの成長スピードはかなり早いです。
 

IMG_2731


まるで路地シクラメン。

おそらく鉢植えものをどなたかが植えて根づいたのではと推察されます。小ぶりですが、しっかり花がさいています。
 

IMG_2744

22棟下では、住民の方々が、このピンクの可憐な花を7株植え、しっかりと根をはらんとしています。
IMG_2770
IMG_2792
IMG_2772

IMG_2840

若葉台2丁目南自治会は、「バイク進入禁止」と訴えるパウチメッセージを遊歩道の木々に取り付けました。これまでも、エリア内に何枚か貼ってきましたが、さらに増強をはかりました。


IMG_2775
IMG_2794
IMG_2796
IMG_2837

バイクに乗っての進入は、頻発とはいかないものの、いくつか散見されます。

事故が起こってからは遅いので、「やれることをやる」という立場での対応です。


IMG_2854


4321
IMG_2843
IMG_2845

3月8日の当ブログで紹介した通り、横浜市で準備されている「第33回全国都市緑化よこはまフェア」についての検索、とくに 緑化フェア、里山ガーデン などで検索されて、当ブログへのアクセスがひきつづき急増しています。


いま、1日1000アクセスあり、3月12日に45万アクセスを突破しました。3月4日の44万アクセス突破から8日後です。1日当たり1250アクセスという結果です。


その誘因となっている「第33回全国都市緑化よこはまフェア」(開催期間は3月25日から6月4日(日)までの72日間。よこはまフェアは山下公園や港の見える丘公園などの「みなとガーデン」、よこはま動物園ズーラシア隣接地の「里山ガーデン」の2カ所をメイン会場として開催)についての当ブログの記事は▶︎▶︎▶︎こんなにあります!


第33回全国都市緑化よこはまフェア ガイドブックも完成したようで、自治会あてに見本をいただきました。

3月1日から、このガイドブックが各区役所や駅の観光案内所(横浜駅・新横浜駅・桜木町駅)で無料配布を開始されているようです。


里山ガーデンの記事を中心に、当ブログでもページを紹介しておきます。
▼クリックすれば大きくして内容を読むことができます。 

img001
img002
img003
img004
img005
img006
img007


それに、いつものように、1万アクセス突破ごとの例のグラフをのせておきます。

5432


若葉台二丁目南自治会は、3月12日(日)の午前に、今年度最後のクリーンデーを実施しました。


※中村晃広報部長、永井洋子広報部副部長が取材をしてくれました。コメントは永井副部長です。
 

3棟
4棟
IMG_2758
IMG_8841・20棟
IMG_8812・21棟
22A-1
22B-1

お天気も良く、梅、ミモザ、水仙を眺めながら、今年度最後のクリーンデーが行われました。

剪定作業が少ない時期なので、棟内の階段・廊下、駐輪場、棟周辺の清掃をメインに行う棟が多かったようです。


5棟-1
6棟-1
IMG_2760
IMG_8824・26棟
IMG_8828・25棟
IMG_8834・24棟

清掃中の住民の方に、「桜が咲いてるよ!」と教えていただきました。

ソメイヨシノかな?小さな小さな木ですが、かわいいピンクの桜が咲いていて、春を感じるクリーンデーでした。


横浜の開花予想は来週末のようですが、緑豊かな若葉台なので、他にも桜が咲いているかもしれません。
 

ソメイヨシノ

「お散歩しながら子供と一緒に探してみよかな」と…

今年の若葉台桜まつりは4月2日です。若葉台公園 遊水池周辺で行われます。

満開の桜が楽しみですね!


IMG_2567

当ブログで、赤枝病院の南側の道路の舗装工事について、事前のお知らせ工事現場の様子をお伝えしてきましたが、当初の予定よりズレ込んだものの無事終わり、すっかりきれいになりました。


201703道路工事
IMG_1860
IMG_1864


単に再舗装されたにとどまらず、かねてから要望がよせられていた遊水地南の交差点の横断歩道の白色表示も新品となりました。

クッキリと道路上に輝いています。

IMG_2561
IMG_2563
IMG_2560

 

こんな新品感がいつまでも続くと良いのですが…。

そうはいきませんでしょうね。それなりの交通量がある要所ですから。



2017年3月11日は、東日本をおそった大震災から6年。

もう6年ともいえますが、復興の実態をみるとマダマダという現実がつきつけられます。

福島原発事故はいまなお深刻な現実が続き、展望も希望も見えないことも胸が痛みます。


▼宮城県旧雄勝町役場と屋上にまでおしあげられた大型バス

514a78b3-s


若葉台でも、怖い記憶を思い出す方もたくさんいると思われます。

せめて3月11日は、あの体感を思い出して、災害への備えをチェックしたいものです。
 


東京都が作成した「東京防災」。

東京都が都内全戸に配布し、その後、「中身がわかりやすい」と大いに評判になって、今や140円で書店でも販売されるようになっています。


その「東京防災」から、「もしものとき、自分や家族の身を守るのは?」…「防災アクション」のページを見ておきたいと思います。

▼クリックすれば大きく拡大してご覧になれます。
01
02
03
04
05
06
07
 


それと、2011年に作成した若葉台二丁目南自治会の「地震対応マニュアル」をあらためて添付しておきます。


5a05c76a
e332aa79


すでに当ブログで、今年の桜の開花予想についてはアップしてありますが…→ココです。


ウェザーニューズは「第二回桜開花予想」を発表。これは、テレビのニュースでも報じられていました。


▼ウェザーニューズの予想マップ
sakuraMap2017_kanto

東京や神奈川についても言及があります!

●関東は、2月~3月初めは気温のアップダウンが大きかったものの、平年より暖かい日が多かったため、つぼみの生長は昨年とほぼ同じペースで進んでいる。3月は中旬まで、日差しの少ない日や寒の戻りがある見込みで、つぼみの生長が足踏みすることもあるが、だんだんと暖かい日が増えるため、桜の開花は、ほぼ例年並の時期に始まる見込み。

322日開花予想の靖国神社をはじめ、3月下旬は東京都内で順次開花が始まり、4月初めにかけて関東南部から関東北部へと開花エリアが広がっていく。関東南部は3月末から4月初めにかけて花見を楽しめ、関東北部は入学式や始業式の頃に見頃を迎える所が多くなりそう。


で、若葉台の桜も開花準備加速中。膨らみ始めました。ソメイヨシノよりもオオシマザクラの方が変化は顕著です。

▼オオシマザクラは緑葉が見え始めました。
IMG_2720
IMG_2718
IMG_2708
IMG_2702

▼ソメイヨシノの花芽はまだ固い感じですね。
IMG_2659IMG_2651


若葉台二丁目南自治会は、3月末日に会計年度の締めを迎え、4月に新しい年度が始まります。

それにともない、2,017年度の自治会費の徴収をすすめ、新しい会計をスタートさせます。


若葉台二丁目南自治会は、1982年3月7日設立なので35年周年を経過。すでに36年目に突入です。

この自治会をつくる時から、自治会費の徴収は、銀行振込の仕組みをつくって運営してきました。


41111

全国の町内会自治会では、自治会役員が各戸を回って徴収のところが多い中、若葉台二丁目南自治会は、その手立てをうんと合理的にして活動をすすめています。


毎年のことですが、契約している横浜銀行からの自動引き落とし日が、4月8日なので、残高不足で振替できないことがないよう、残額(3600円以上の入金)を確かめていただきますようお願いします。


ご覧のポスターを掲示させていただきます。

自治会員の皆様のご協力を訴えます。


IMG_2622

当ブログは、逆算してみると3月4日(土)に44万アクセスを突破していました。


というのは、いつものペースならもう少し後に44万アクセスを超えるはずでしたが、やや早く44万を超え。

ちょうどその頃からアクセス急増の傾向がうまれ、5日(日)以降、6日(月)、7日(火)…、1日1000~2000ほどのアクセスとなっています。


IMG_2629
IMG_2631

アクセス分析をみると、ご覧のような折れ線グラフで、アクセス急上昇がクッキリ。


人気記事の分析をみると、検索エンジンからどうも《緑化フェア》《里山ガーデン》などのワードで当ブログを訪れてくれているようです。《緑化よこはまフェア》がトレンドなんですかね?

予期しないことが起きますね。



たしかに、「第33回全国都市緑化よこはまフェア」については、何度か」とりあげています。

あらためて、クローズアップしておきます▶︎ココです!




なにはともあれ、アクセスありがとうございます。


そしていつものように、1万アクセスごとの分析をしておきます。

43万アクセスから44万アクセスの直前までは、アクセスレベルは横ばいで51日かかっているので、例によって計算し、折れ線グラフにプロットするとご覧のようになりました。
 

2121

いまのアクセス増の傾向がどれくらいで収束するかで様相は変わります。

いずれにしても、アクセス増はありがたいことです。

ひきつづき、皆様からのとっておきの写真や情報の提供も期待しています。


若葉台二丁目南エリアを歩き回ると、季節季節の節目でその変化を示す木々がシグナルを示しています。

IMG_2572
IMG_2570
IMG_2575
IMG_2578
IMG_2580
 

いまの時期、ひときわ目をひくのがミモザ。

黄色い小さな花々が、いっせいに開花して、見るものに励ましのエールを送っている感じですね。



IMG_2597
IMG_2606
IMG_2600
IMG_2602
IMG_2593
IMG_2591

あんずの花も、可憐に春を呼んでいます。

清楚感がある杏。アプリコットとよびかえると、なにか味も伝わってくるような存在感です。
 

杏仁豆腐までイメージがひろがるかな?


若葉台二丁目南自治会のスポーツ推進委員の大野英子さんが、横浜市スポーツ推進委員大会(1月 15 日)で林文子横浜市長から10年表彰、神奈川県スポーツ推進委員大会(2月4日)で神奈川県スポーツ推進委員連合莊司徳行会長から、永年表彰を受けました。 
 

おめでとうございます。
1488711234200
 

スポーツ推進委員は、各自治会・町内会から推薦され、スポーツ基本法(平成23年法律第78号)第32条に基づき、横浜市長から委嘱された非常勤の公務員です。区民を対象にしたスポーツ・レクリエーションの振興・普及のため、様々なイベントを実施しています。

若葉台では、若葉台スポーツ・文化クラブの活動と密接に連携して活動をすすめています。





また、若葉台地区社会福祉協議会で活躍している二丁目南自治会担当理事の東海林知子さんが、池田宏史横浜市旭区社会福祉協議会会長から、永年表彰をうけました。
 

おめでとうございます。

1488690742672
1488690741476

身近な地域で福祉活動の担い手として活動している“地区社会福祉協議会“(通称:地区社協)は「自分たちで暮らしている地域の福祉課題はまず、自ら取り組み解決していこう」という理念から組織され、活動はおおむね地区連合自治会町内会の範囲が基本となっています。

地区社協の活動はその地域の課題に合わせて活動しており、高齢者食事サービス・交流事業・障害児者支援事業・地域福祉講座・広報紙発行などがあります。


若葉台地区社会福祉協議会がどんな活動をしているかは、総会の模様でご理解ください。たとえば→ここです。



IMG_1849


若葉台二丁目南自治会は、3月4日(土)の夜に、くぬぎ集会室にて、定例評議員会・自治委員会を開催しました。

今年度最後の定例会議であり、任期を終える方にはその労をねぎらいつつ、次も頑張ってくれる方にはその努力を期待しつつ、レジュメにもとづいて会議を進めました。



20170304

最初に、今村順一郎自治会長が、4月9日の代議員総会の準備や議案書の作成について報告。評議員・棟長、自治委員、行政委嘱委員、関係役員の皆さんのご協力をえて議案書づくりが進むなか、一方で、次の役員態勢への移行を見すえて、事務のひきつぎなど、必要な課題を確認しました。

「自治会費の引き落とし」は、契約している横浜銀行からの引き落としは4月8日であり、各自治会員の皆様には、残高確認の周知徹底をおこなうことを確認しました。
 

また、高原広康会計部長が詳しく報告し、今期の活動をふりかえっての決算案の承認と予算案の検討をおこないました。若干の質疑応答があり、予算案の部分修正を行って、代議員総会に提案する運びになりました。
 

なお、代議員総会の議案書は3月26日に各戸に配布する予定です。


続いて、次期の自治会執行部にあたる新自治委員会の任務分担の紹介と、すでに回覧に付している、管理組合くぬぎエリアにおける、「ペットボトル・缶・びん」用のカゴ型コンテナの設置にともなう住民の対応について報告し、意見交換を行いました。


IMG_1847

後段に、会計部および各専門部、関連諸組織からの報告を順次行ってもらい、最後に、近く若葉台全体で実施される「健康と暮らしについてのアンケート」について周知をはかりました。



3月1日付の当ブログで紹介した通り、横浜の桜の開花予想は、3月26日頃です。満開は4月3日頃ということで、予想通りになるのかどうか、気になるところですが…。


若葉台1丁目と2丁目の間のバス通りのソメイヨシノや、2丁目の真ん中にあるオオシマサクラのつぼみをiPhoneで撮ってみました。



ソメイヨシノ↓の方はまだ堅いつぼみが目立っていました。ただ、過去の経験では、今くらいから急速に変化するのが、ソメイヨシノの特徴です。

日々の変化は、スピード感あるものです。

IMG_2505
IMG_2502
IMG_2499
IMG_2494
IMG_2486
IMG_2483
IMG_2478
IMG_2475
 


オオシマザクラ↓の方は、花びらと緑葉が同時に咲く品種なので、いま、つぼみをみるとかすかに緑色の部分が目につき、やや、膨らんでいる感があります。

こちらも、日に日にわずかな変化ですが、ボリュームを増してゆきます。

こちらも、経験則では、ソメイヨシノと同じくらいに開花となると思います。


IMG_2529
IMG_2526
IMG_2521
IMG_2519

果たしてどんな展開になるでしょうか?

新芽がめだちはじめ、 春めいた光線が朝にあふれます。
IMG_2517
IMG_2514
 




先日の子供会の活動にふれたブログ記事を見てくれた、若葉台で「電子顕微鏡でミクロを観る会」として若葉台スポーツ文化クラブを拠点に、〝科学〟の楽しい体験・普及などを進めている方から、以下のような、ご案内が届きました。


身近なもので工作と実験をして、なぜかを考える「くらりか」の理科教室のご案内ですが、今回のテーマは〝音〟です。


音って何? 音は波? 音はどうやってつくる? など、牛乳パックやストローなどで笛を作って音を科学しよう、という企画。

主催者は、ぜひ、ご参加を、とよびかけています。


2111


3月26日(日) 午前10時~11時

若葉台スポーツ文化クラブ=旧若葉台中学校の木工室

定員:25人(小学3年生以上、保護者同伴可)

参加費:300円

若葉台スポーツ文化クラブに申し込み(ファックス921-0404)、締め切りは3月10日


当ブログでも、応援的に何度も取り上げている「第33回全国都市緑化よこはまフェア」のメイン会場の1つ「里山ガーデン」のイベントについて、「広報よこはま あさひ区版」3月号で大きくとりあげています。



表紙で「里山ガーデンに行こう!」とよびかけ。

0001


10ページと11ページで「ここが見どころ」とか、アクセス案内、マップ、旭区のイベントなどがまとめて記載されています。
★クリックすれば大きくしてご覧になれます。 

0002


3月25日(土)から始まるので当然といえば当然ですが、力がこもっていることはよくわかります。

それを受け止めて、何度目かのアップですが、当ブログでもこの対応をとりあげておきます。


ちなみに、「広報よこはま」3月号のPDFは→ここです。



いよいよ3月です!


2017年の桜(ソメイヨシノなど)の開花予想が、いろいろな機関、会社から発表されています。

おおざっぱにいうと、横浜の開花日は3月26日頃となっているようですが…


やや詳しく見てみると。

全体の傾向は、2017年のさくらは、西日本では平年よりやや遅め、北日本では平年よりやや早いということのようです。

西の方は暖冬傾向で、いわゆる開花を目覚めさせる休眠打破の作用が弱いようで、花芽の成長が鈍いとなっています。



ウェザーマップ発表の予報では、ご覧のような「開花前線」図が示されていました。

sakura_front_800x450


また、ウェザーマップ発表の「さくら見頃予報」もご覧の図が示されていました。

横浜の開花予想は3月26日、満開予想は4月3日ということで…。

若葉台の桜はどうなるんでしょうか?

MG_Yokohama
 


お楽しみに、ということですね。



ちなみに、早咲きの河津桜の模様は何度も当ブログでお伝えしていますが、今は、もう満開で、ピークを過ぎかかっている感じです。

よく晴れた日に愛でると、心が洗われます。

曇天や雨天では今ひとつ、趣が…?(印象には個人差があります)

 IMG_2092IMG_2094
IMG_2085
IMG_2080


slide_02

旭区が、第33回全国都市緑化よこはまフェアのキャンペーンを強化中です。

2つのメイン会場のうち、「里山ガーデン」の成り行きに大いに責任をおっているので当然といえば当然ですが。チラシ、回覧、ホームページでのアナウンスなど…、次々です。⇨例えばココ


自治会回覧、掲示などもご覧ください。

当ブログでも何度か扱っています(⇨たとえばココ)が、3月26日(土)からスタートなので一ヶ月を切った段階で、あらためてキャンペーンへの協力をしておこうと思います。


img_04

会場の造成中の写真は、ちょっと前のこのブログで紹介しました。

会場そのものは、ズーラシアの北口から道路を挟んで正面北側にあたります。


img04

いま、売り出している1つは、市内最大級=1ヘクタールの花畑ということで、実際に咲き誇るシーンは壮観でしょうね。


img05

それからアスレチックコースも作られるようです。《フォレストアドベンチャーよこはま》と名付けられています。


ga-dennbea

それから、あっちこっちで目立っているのはシンボルキャラクターの「ガーデンベア」。旭区広報誌のクイズでも、このキャラクターの名前を問う設問がありました。


若葉台から至近にあるので、ウォーキングで行って楽しめることを願って、応援ブログを作ってみました。


若葉台中央学童創立30周年記念式典が、2月26日(日)、若葉台地区センター体育館で開催され、二丁目南自治会の今村順一郎会長が来賓として参加するとともに、二丁目南自治会員の学童関係の皆様が多数参加していました。



磯本桂太郎記念式典実行委員長が、司会・進行をつとめました。

若葉台中央学童は、現在、若葉台小学校と上川井小学校に通う約60人の子供達がつどう場となっています。

▼大野清志学童運営委員長の挨拶
IMG_2101
▼若葉台連合自治会山岸弘樹会長の挨拶
IMG_2110
 ▼若葉台小学校続橋正寿校長の挨拶
IMG_2118
 

最初に式典実行委員会を代表し、若葉台中央学童の30年のあゆみをふりかえりつつ大野清志学童運営委員長(第3代)が挨拶を行い、続いて来賓として若葉台連合自治会山岸弘樹会長、若葉台小学校続橋正寿校長がそれぞれ挨拶し、創立30周年を祝いました。

▼学童卒業生のスピーチ
IMG_2123
 

かつて学童に入所し、今や30歳になって社会で活躍する卒園生もなつかしい思い出を披露しながら創立30周年を祝うスピーチを行いました。


続いて、学童にゆかりの皆さん、学童保育所でいま頑張っている子供達のパフォーマンスが繰り広げられました。

▼友情出演〝ライジング〟の演技
IMG_2127
IMG_2143
IMG_2144
IMG_2151
IMG_2160
IMG_2169
IMG_2172

 
トップバッターは、友情出演のチアグループ〝ライジング〟のスピード感と迫力満点のチア演技。なんども空中に華麗に舞う演技を披露し、会場を沸かせました。


▼若葉太皷のパフォーマンス
IMG_2176
IMG_2198
IMG_2228
IMG_2245
IMG_2254
IMG_2262

続いて、おなじみ若葉太皷のパフォーマンス。足立先生のリードで、若葉の子はじめ日頃、練習を重ねている演目をお披露目。創作和太鼓集団〝打鼓音〟の応援もうけ、力いっぱいの演奏に、たくさんの参加者を魅了していました。

▼若葉台中学校&中山中学校両吹奏楽部の特別公演
IMG_2277
IMG_2286
IMG_2317
IMG_2336
IMG_2344
IMG_2351
IMG_2362
IMG_2371
IMG_2374

トリをつとめたのは、吹奏楽部のみなさん。今回は特別に若葉台中学校と中山中学校の両校の吹奏楽部がコラボする総勢60人の特別編成。若葉台中学校がやや少ないもののおよそ半々の構成でした。

総勢60人というといつもの倍の迫力、サウンドの厚みがあり、一曲一曲が大迫力で迫ってくる秀逸の演奏がつづきました。
 

途中、若葉太皷とコラボする八木節の演奏もありました。

また、学童でいま力を入れている、子供達によるフレッシュで華やかなチア演技も加わり、一生懸命で真剣な頑張りに大きな拍手、激励がよせられました。

ベテラン世代にはおなじみの時代劇テーマソングのメドレーやディズニーナンバーもお披露目。


IMG_2400
IMG_2418
IMG_2420

最後の最後には、アンコールに応えて、YMCAのパフォーマンス。子供達のチアとともに、保護者の皆さんも参加して一緒に踊ってフィナーレをかざり、大盛況のなかで幕を閉じました。


▼若葉太皷の演奏でスタートした祝賀の宴
IMG_2426
IMG_2430
IMG_2429

このあと、会場の整理をして、祝賀の宴がひらかれました。子どもたち、学童・学校関係者、地域代表や関係組織の代表者などが創立30周年を祝って歓談をしました。



若葉台二丁目南自治会は、子供会の発展を切にのぞんでいます。

若葉台に10ある自治会のうち、事実上、唯一の子供会となっているからです。
 

クリスマス会3


自治会として、しっかり予算もとって、年間を通じての活動を応援しています。

毎年のクリスマス会をはじめ楽しいイベントもどんどん成功させるとともに、活動を通じて子供達と親世代の交流や協力が無理なく発展してほしいと思います。



DSC_2827

この度、子供会会長の清水祐理子さんを中心に、来年度の子供会の役員選出、1年間の行事内容から今後の子供会のあり方まで、話し合いが行われました。

DSC_2828
 

※この会合に参加し、あわせて取材をしてくれた永井洋子さん(広報部副部長)のコメントを紹介します。



子供会の未来、来年度の役員選出について


来年度の子供会役員選出にあたって、今までは棟毎に集まり、役員を選出しておりましたが、棟によって世帯数がさまざまであり、役員選出に不公平があるため、今回初めて新2年生から新6年生の全世帯を対象に、くぬぎ集会所(2月25日、17時から)に集まってもらいました。


清水祐理子会長から子供会の1年間の行事の説明があり、役員を選出しましたが、話は、役員選出方法だけでなく、今後の子供会のありかたまで議論は広がりました。

今後、どのように子供会を存続・運営していくか?

子育て世代の生の声として、いろいろな意見が上がりました。

異年齢の集団で遊んだり学んだりすることが、子供の成長にとっても大切なことではありますが、少子化に伴い、メリット・デメリットが浮き彫りになっている現状を、みんなで話し合いました。

魅力のある子供会、子どもたちが楽しく参加できる子供会を目指したい一方、人数や地域性を考えて無理のない活動を進めていかなければ存続は難しく、一時間を予定していた集まりでは議論がまとまりませんでした。

今後、時間をかけて話し合いを進めるという方向で、解散になりました。


親子にとって素晴らしいコミュニティの場である子供会ですが、子育て世代の負担が大きいことや、子供の活動の場も多様化しているという現状を考慮し、役員さんのみならず、他の保護者や地域のみなさんに協力をお願いして、子供会活動の円滑な運営を目指したいところです。 

IMG_2014
IMG_1989

早咲きの桜が、目をひきつける今、一足先に咲き始めた梅は、満開から収束へと時を移しています。

IMG_1994
IMG_1997
IMG_1999

厳寒の日々のなかで、必死に春をよびこもうとしているかのようです。

若葉台の南側、上川井地域には、結構大きな白梅や豪快な枝垂れ梅が咲き誇っています。

若葉台のなかには、それほど大きな梅はありませんが、ところどころに紅白の梅が存在感を醸し出しています。


IMG_2023
IMG_2026

あと少しで気温上昇が続き、梅から桜へと主役がうつりかわることとなるでしょう。

梅にとっては、今が一番の輝きの季節なんでしょう。