2009年01月25日

倉木麻衣ちゃんの音楽の方向性♪第9夜

Season of love♪Mai-K☆この記事も9回目の、2007年まで来ました☆

倉木麻衣も分かっている、答え。
「求めているのはR&B以外にない」


この答えを認めたくないなのか、
他にある可能性を信じ原点回帰を避けるのか?

・・・この年、2007年5月28日、あの悪夢の日。
Beingグループの女王、ZARD/坂井和泉(40)の転落死。
入院先の病院(慶応大学病院)の階段から転落し、死亡。
3メートルの高さの非常階段踊り場から・・・。

そして、倉木麻衣、謎?の移籍。
GIZA StudioNorthern Music へ。

答えの「カケラ」をつかんだ倉木麻衣。
2007年の倉木麻衣の軌跡を追ってみた。




2007年は2枚のシングル、1枚のLive & Document DVDのリリースの他、
海外活動やライブ、イベント活動も相次いだ。
6月7日には中国山東省にて、中国・韓国・日本のプロサッカーリーグチャンピオンが
対戦する「A3 CHAMPIONS CUP 2007」オープニングイベントに出演。
台湾では6月16日、台湾最大・最高の音楽賞「金曲奨」にプレゼンテーターとして出演、
生演奏で「Secret of my heart」を披露した。
9月には、韓国の国際文化産業交流財団が主催するイベント『2007・アジアソングフェスティバル』に日本代表として出演。
11 月23日には、国立台湾大学総合体育館にて海外初ライブを行い、5,000人を動員。
10月末からはキャンパスライブツアーを、12月には“BE WITH U TOUR”を行い、
更に昨年に引き続き横浜にてCOUNTDOWN LIVEを敢行した。

02.14:26th SINGLE「Season of love」(20,000/OR6位)

11.28:27th SINGLE「Silent love〜open my heart〜 / BE WITH U」(22,000/OR9位)

2月14日 「新・京都迷宮案内」の主題歌の『Season of love』をリリース。
5月28日 ZARDの坂井和泉(40)転落死
6月1日 所属レーベルをGIZA studioからNORTHERN MUSICへ移籍。
6月7日 中国山東省で開催された「A3 CHAMPIONS CUP 2007」でオープニングイベントにて大会テーマソング「Born to be Free」を中国語で披露。
6月15日 「金曲奨」への出演を前にした共同記者会見で、2007年11月23日に国立台湾大学体育館で初の台湾(海外)ライブを行うことを発表。
6月16日 台湾最大・最高の音楽賞「金曲奨」に、日本代表のプレゼンテーターとして出演。同時に「Secret of my heart」を生演奏で披露。
6月26日 ビーインググループの先輩でもあった亡くなったZARDの坂井泉水へ追悼のコメントをする。関係者とともに開催前に弔問する(織田哲郎や大黒摩季と違いテレビでのコメントはなかった)。
7月3日〜8月26日 2年ぶりにファンクラブイベントを開催。「Mai-K "DE・MA・CHI" LIVE DE SHOW」と銘打って、大阪2講演を皮切りに8月26日の東京まで、全国6ヶ所9公演実施。
8月20日〜8月26日 Mai-k cafe VOL.2を開催。
9月22日 韓国ソウル市ソウルワールドカップ競技場にて開催される『アジアソングフェスティバル2007』へ出演。ヒット曲『Stay by my side』や、「A3 CHAMPIONS CUP 2007」の大会テーマソングでもある『Born to be Free』などを披露。
11月23日 台湾台北市国立台湾大学総合体育館で自身初の台湾(海外)公演を行った。
11月28日 27thシングル『Silent love〜open my heart〜/BE WITH U』をリリース。
12月12日〜12月21日 『LIVE TOUR 2007 〜BE WITH U〜』開催。
12月24日 自身初のフリーライブを京都駅ビルの大階段で開催。
12月31日 カウントダウンライブ『Mai Kuraki COUNTDOWN LIVE 07-08 〜Born to be Free〜』開催(パシフィコ横浜(展示ホール))。
倉木麻衣公式サイト倉木麻衣wikiより。数字は2008年現在。)

■「Season of love」が感じさせる物、それは、
「倉木麻衣がR&Bに戻ろうとしている」という雰囲気。
ただ、Season of loveがR&Bだと、断言しにくい。
そちらかたいえば、まだポップス感が抜けきれていない気がする。
「Season of love」が誤った方向性にあるとは言わない。
ただ、新年明けて一発目の新曲がコレだと、ヘコむ。
言いたくないが、コレもドラマとのタイアップ物だ。
オリコンでは初動売り上げしか載ってないが、2万麻衣という数字。
まだ、これが本領発揮ではないだろうし、望んだ結果ではないはず。
内容を見てみると、メッセージソングであり、倉木麻衣の得意分野である。
PVも持っているので、改めて見てみた。
さすが「京都迷宮案内」殺人事件ドラマの主題歌という事か。暗い。
R&Bが明るい曲ではないことは当然なのだが、R&B全てが暗いわけではない。
ただ、これをR&Bだとは僕個人、まだ認められない。
どうしても、歌謡曲っぽく聞こえる。これは。
でも、可能性に掛けていける曲ではある。望みは、つながる。
「Feel fine!」「always」のようなポップス色濃厚な歌ではない。
・・・しかし!
「何が歌いたかったのか、見えてこない」
これが僕の感想だった。いい歌だったのに、残念だった。

■ZARDボーカル坂井和泉(40)突然の事故死
Being、GIZA系アーティストの憧れの的だった「ZARD」早すぎる死。
それは、子宮頸癌ガン治療のために入院していた慶応大学病院での出来事。
倉木麻衣にとっても、他人事ではない。
R&B、ポップス、ロック、何を取っても倉木麻衣の大先輩のZARD。
倉木にとっても、失った存在は大きかった。

■Beingグループ内へ移籍「Northern Music」へ

■11月28日「Silent Love」リリース
ゲームタイアップ曲として「Silent Love」をリリースした倉木麻衣。
あれか。ゲームをしない大人は圏外、とでも言いたげか。笑
またしてもよく分からない曲「Silent Love」。
ジャケットも、一度発表後に切り替え宣言して仕切り直した。
Silent Love Mai-K Part1☆Silent Love Mai-K Part2☆
うん、確かに最初左のジャケット、子供っぽいかも?
右の仕切り直しジャケット。大人な雰囲気がする。
で、楽曲の方だが。
これもまだ「R&B」じゃない気がして。
単なるブルースか、静かなポップス、って感じがする。
「Be with U」は、いい歌。ライブでも一緒に歌える。
でも、何か足らない。
この曲で、移籍後の倉木麻衣の具体的な方向性が出た、とは言い難い。
ただ、純ポップスを出して人気を稼ごう、という過去の失敗案を否定してきた。
そこは大いに評価できた作品、と言えるだろう。
以後の倉木麻衣の方向性に期待!という所だ。

アジア活動は、もともと倉木が興味があった事であり、否定する気はない。
あただ、日本のファンを放置された気がして、賛成も出来ない。
ある意味「倉木麻衣の遠征先のアジアの倉木ファンへ嫉妬」してしまう^^;
それも倉木麻衣の望んだ活動なのか。
とにかく!彼女の望んだ事なら、受け入れていこう。
そこに「倉木麻衣」の未来への方向性が見出せるのなら・・・!

次回!ついに2008年、「ONE LIFE」のリリースです!
過去を見つめて「倉木麻衣」という一つの人生「ONE LIFE」が何だったのか?
21世紀のR&Bの女王「倉木麻衣」、ついに開眼!
次回!倉木麻衣の真の音楽に掛ける方向性が見える!お楽しみに!

imakiraku777 at 19:55│Comments(3)TrackBack(0)mixiチェック 倉木麻衣 | 方向性

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ともたん   2009年01月26日 02:55
坂井さんの死は
凄いビックリ
しましたね、
何故!?と、

僕は、Season of loveと、
Silent love〜open my heart〜
かなり・・・好きです。

いい〜バラードだと思うんですけどねぇ。
2. Posted by Mian   2009年01月26日 17:06
Season of loveは結構評判悪かったんですよね。
でも僕は好きです。もう少しスピード感とベース音をしっかりさせて、PVもカッコよくすればよかったと思います。この曲はタイプアップしたといっても正直視聴率が取れないドラマなので、対して売上は伸びないと当初から思ってましたね。
Growing〜のスピード感とMake my dayのベース感を融合し、更にメロディーにパワーをいれれば更にいい曲になったと思います。
後、一番印象的だったのが、麻衣ちゃんの歌い方が苦しそうという事でした。

Silent love 〜open my heart〜は完全にポップですよ
でも、僕は曲とPV共に過去最高の作品だと思ってます。
白い雪が個人的に中途半端な感じだったので、この曲は僕にとって久しぶりに心にぐっとくる麻衣ちゃんの曲でした^^
3. Posted by スカイライン   2009年05月04日 14:46
レスが遅れました。

ともたん>
うーん、なんか違う気がするんですねぇ。

Mianさん>
完全にミスマッチでしたね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔