いまきしょうじ(今城昭二)の書道・篆刻ブログ

書道・篆刻歴50年余り。書の指導と篆刻を職業としています。陝西師範大学兼職教授、西安培華学院(大学)教授、西安中国書法芸術博物館顧問等。海外も含め個展開催30余度。海外旅行60余度。2016年9月より西安の大学で書・篆刻・刻字・日本文化等を指導。書道・篆刻を中心にほぼ毎日書いています。

特別頒布

  西安に帰る前の整理で出てきたものの一部を頒布します。  すべて一品もの

① 壽山石   60mm x 60mm  x  165mm  15000円  (刻り心地良好)

IMG_1475IMG_1474IMG_1473











② 壽山石   58mm x 58mm  x  160mm      15000円   (刻り心地良好)

IMG_1472IMG_1471IMG_1470











③ 壽山石  50mm x 50mm  x  120mm    7500円  (刻り心地良好)

IMG_1464IMG_1465IMG_1466











④ 壽山石  50mm x 50mm  x  120mm     7500円  (刻り心地良好)

IMG_1467IMG_1468IMG_1469











⑤ 壽山石 35mm x 35mm  x  140mm  対章   10000円  (刻り心地良好)
IMG_1479IMG_1478IMG_1477












壽山石印材は最近出てきた石で、近来稀な刻りやすい石です。展覧会出品や大き目な落款印などに使えると思います。


⑧ 西夏官印 (銅印) 58mm x 58mm  x  38mm   100000円 (分割払い可)

IMG_1489IMG_1488IMG_1487






⑫ 書籍 『秦漢印典』  803頁  1997年発行   10000円    
    秦・漢代の印5000位の印影が載っています。(鑑賞教材に最適)
  
IMG_1516IMG_1517IMG_1519







⑭ 字書  『篆刻大字典』  上・中・下  3960頁   20000円

IMG_1529IMG_1528IMG_1527





『篆刻大字典』は過去に5-6種出版されています。上記2種のうち⑭は1994年に2000冊、1995年に3000冊発行されています。もう一種は1996年年にその一部を抜粋して発行されています。その後も2冊本で発行されているものもあります。

よく使われている字書の 【心】 の掲載字数を比較してみます。朝陽字鑑18例、篆刻字林21例、篆刻大辞典⑭ 537例、この字書は他の字書の数十倍載っています。


購入申し込みは 2月19日18時まで。   

PCメール donglifang@hotmail.co.jp   携帯メール imaki817@docomo.ne.jp 

住所 氏名 電話番号 明記の上ご連絡ください。

電話で本人確認の上、ヤマト便で送ります。到着後1週間以内に銀行に代金を振り込んで下さい

3日以内なら返品可。送料は負担して下さい。

都市集中

変換~P6170487    花と蝶
    このブログを読む前に、
  必ず下の
 マーク をクリックして下さい。
            
              にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ  
  
   一時帰国後2度目の上京をする。書店や書道用具店などに行くためである。私が九段の二松学舎大学で書や漢文を学んでいた時は、都内に40軒余りの書道用具店があった。

  私の住む木更津は東京駅まで1時間で行ける。しかし一番近い書道用具店まで50km位はある。今は通販でも買えるのかもしれないが、やはり直接見、店主などの助言を聞いて買うのが賢明である。

  以前にも書いたが、用具用材や書籍の内容は、先生に聞くより、専門店の番頭や店主に聞いた方が勉強になることが多い。平素から専門的に出入りし、懇意にしておくのがよい。

  西安の書院門街にはわずか300m位の間に書法専門店が20軒くらいある。私の住んでいる高新区からは5km位しか離れていないので、買い物には便利である。

  専門店がここにまとまってあるということは、ここから遠い地域の人は大変である。日本人は西安市というと、自分の住んでいる『市』を比較連想するだろうが、西安市の人口は900万人ちかく、広さは千葉県より広い。たとえ地方に住んでいても、勉強している人達は時間をつくって買いにいかなければならない。

  私は16歳で書や篆刻を始め、2年半後に居を新宿区早稲田に移した。それまでは木更津から30回位一人で上京していた。神田の古書店や書道用具店に行くためである。当時は片道2時間くらいかかった。

  ここで勉強させてもらったことが今日につながっている。

 近所に咲いていた花

IMG_1387IMG_1385IMG_1386





  都知事の会見で、「都民はフィクトを知りたい・・」 と言っていた。より多くの都民が知りたいのは、「フィクト」 の意味と、なぜ分かりやすい日本語を使わず、多くの都民に伝わりにくい外来語を使うのかである。(と思う)

 私は30年間東京都から給料をもらっていたが、初めて聞く単語である。テレビ局も多くの都民が解らないだろうと思ったのか 「フィクト」(事実) と字幕を出していた。

変換~025 
   閑 樂道閑居  60cm x 70cm   旧作

   最後まで読んだ人は、 
   下の
 マークをクリックして下さい。
                 
           
    もネ
                      

書写教育

変換~IMG_0338     海を見つめる犬
    このブログを読む前に、
  必ず下の
 マーク をクリックして下さい。
            
              にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ  
  
  小学校の英語必修化ばかりがニュースになっているが、実は国語の書写も現行の3年生から1年生に下がるらしい。文字を正しく美しく書くことは、文字を覚える1年生から毛筆で学ぶのがよい。

  と言っても全科目を一人の先生が教えるのは大変である。英語や書写〈毛筆〉などは、大学の英語科や書道科を出た人を専科教諭(講師)として採用してほしい。

  また注目すべきは、今まで小中学校の国語科のなかでやっていた書写を高校まで延長したことである。英語をやる前に国語をしっかり教えろという意見は昔からある。英語の教育時間増の批判をそらすために、書写を増やしたというカングリをしたくもなるが、理由はどうあれ、書写の時間が増えるのはけっこうなことである。

  あとは教育現場で、技能の高い先生が教えることを願っている。小学校では正しく美しい字を書く先生が多い。しかし高校や大学などになると、黒板に書く内容が多い為、はやく書きなぐっている先生も多い。

  教員が黒板に書く文字は生徒に影響を与える。西安の大学日本語学科でも教員がおかしな平仮名を書いていると、学生も同じようなおかしな平仮名を書く。

  高校にも書写教育が延長されると、高校の教員も少しは板書を丁寧に書くようになるだろう。国語の教員は書道の免許を持っている人か多い。しかし技能は・・・これを機に、現行の国語教員に書写の研修(再教育)をした方がよい。

  また大学でも教員免許取得者には書写の授業を充実させてほしい。


 近所に咲いていた花

IMG_1394IMG_1393IMG_1395




 
 マスコミの偏りは常々感じている。自分たちの関心事、考えている方向の報道しかしない。アメリカ大統領を批判する意見は報道するが、支持する意見はほとんど報道しない。

 これではほとんどの国民が支持していない人が大統領に当選したことになる。日本の首相と一緒にテレビに出ている大統領は普通の顔をしていたが、平素の報道写真はみな変顔や悪人面? に写っているものを使っている。

 ゴルフの映像も、大統領の娘がスイングし、スカートがめくれてパンツが見えるスレスレの映像を何回も映していたテレビ局もあった。このテレビ局は、視聴者がこれを喜ぶ程度の人達だと思っているのだろう。
 

変換~024
   急行無善歩  半紙  旧作

   最後まで読んだ人は、 
   下の
 マークをクリックして下さい。
                 
           
    もネ
                      
livedoor プロフィール
ポチを押してください。
書道 ブログランキングへ にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ