周りには勲章をもらった人が結構いるので賞状は何回も見たことがある。兄も昨年〚旭日小授章〛をもらった。ある業界団体の全国理事長をしていたかららしい。

  昨日温泉ホテルの日帰り風呂に行った。玄関に賞状が飾ってあった。

1006610065










100641006310067










  勲章を貰うのはたいへんだが、展覧会と同じで当然これを選考している人がいる。展覧会と違うのは客観的な功績がはっきりしていることだろう。 

  一番上の勲章は、宮中で天皇陛下から直接授与される。このくらいになると印も印刷ではなく捺してあるらしい。捺すのは専門の技官である。

  私は中曽根康弘元総理の印を2顆刻つたことがある。〚内閣総理大臣之印〛とすでに刻つてある印材を預かり、これを磨って中曽根康弘と刻した。多分前の印はこんなところに捺していたのだろう。

  40年前、毎日展がトップの権力闘争の結果、読売書法展とたもとを分かった。最初の毎日展に私も出す羽目になった。初出品は〚毎日賞〛だった。この時の賞状は全文手書きで、印も直接捺してあった。会員賞も手書きだっただろう。

  翌年は秀作賞、次の年にまた〚毎日賞〛をもらったが、名前以外は全て印刷になっていた。名前は会員、審査員の中から出る揮毫部の役員が一室に集まって書いていた。私も会員になってから4-5回やった。

  
書道の先でも賞状を書くのはたいへんだが、当時毎日展の揮毫部部長は、デパートに勤め筆耕を職業にしていたので、この先生が150枚位の賞状を全文書いたのだろう。

  展覧会場にかけてある名票も手書きで、各部門から出た
揮毫部役員が小筆で書いていた。漢字部などはよいが、篆刻部や墨象部など平素漢字の習字をあまりしていない部門は上手く書ける人材が少なかった。

  クリックで写真拡大
100781007710075






10076

















 ある評論家が黒板に書いてテレビで説明をしていた。高い講演料を取る人や、大学教授は字のヘタクソな人が多い。黒板の字が上手ければ聴衆や学生は読みやすいのに・・・

 昔の人は『字が上手いと頭が良いと思われる・・』と言った。裏を返せば『字が下手な人は頭が悪いと思われる・・』となる。


 昨日夕方、西安で2年間一緒の大学教員宿舎で過ごした友人(日本人) から、西安の都市封鎖が解けたという電話が入った。

 感染者10数人で都市封鎖に入って1ヵ月、【ゼロコロナ】が目標の国だから、1300万人全員にPCR検査をしたり、外出禁止にしたり徹底している。これを1ヵ月間やってきた。東京では抗原検査キットを薬局で買うことも、入院することも難しくなっているらしい。

 日本のマスコミは、独裁政治だとか、人権がないとかいうが、私は3年半西安を主に生活したが、そういう実感はない。大学生はみな寮に入っている。各大学は数万人の学生を学生寮から出さず、リモートで授業をしていた。

 その間、学生はちゃんと食事をし、シャワーも使い、勉強をした。大学当局と学生ボランティアによって大学は運営されていた。食料や医薬品などは政府や企業から寄付されていた。

 2年もたっているのに、いまだに検査すら十分出来ない東京を見て、西安の学生は自分が中国人でよかったと思うだろう・・・

 西安でコロナに感染した人の行動は公表されるらしい。日本でも芸能人やスポーツ選手は
名前を公表している。私は一般人も姓名や職業を公表すればよいと思う。

 感染しても収入は減らない、病院代タダでは、感染リスクの高い行動をする人は減らないだろう。かかった人に税金を使うより、感染しないため外出を控えている私の様なものに補助金を出してほしいものだ・・・

 日本には自衛隊の駐屯地がたくさんある。健康な感染者はここにテントをたてて収容すればよい。厳重に囲ってあるため完全隔離できる。日中は運動を兼ねて草取りでもさせればよい・・・

 毎日朝、昨日と今日のブログの読み返し、ランキングなどをチェックする。2位だともう書くのをやめようといつも思う。順位ではなく内容を競っているからである。今より高校生の時書いた書や篆刻を載せた方が読者が増えるのではと思うことさえある。

 ただ印の注文を受けた人に電話すると、私のブログの読者はみな書をまじめに勉強していたり、教えている人ばかりである。他のブログを読んでいる人とは書や篆刻のレベルが違うのだと思い、また次のブログを書いている。

   
 一日一作 今城昭二 (書)
      一日一刻 彭 不 去 (篆刻)
 も見てください

 最後にそれぞれのブログランキングのマークの
 クリックをお忘れなく !


 篆刻は常時受け付けています。
  下をクリックして下さい
         
 http://blog.livedoor.jp/imakishoji/archives/2154505.html     
my_qrcode_1602140095633
 印の注文や、指導希望者は、左のラインから入り、 
 080-4737-8841  に連絡してください



     このブログは時間をかけて書いています。
       タダで読んだ人は右のカレンダー下の
       この
 マーク をクリックして下さい。 
              
         
  書道ブログランキングへ