今子青佳

2018年06月

初めての富山遠征に激励の言葉をいろんな方々から頂いております…!!
嬉しいです。本当に。ありがとうございます。

やることに決めたのは自分自身なんだけれど、とても楽しみなんだけれど、やはり不安もあります。

この個展をちゃんと告知したのはつい最近ですが、やろうと決めていたのは去年の11月からでした。それまでに何度か富山へ行ったり、どんな展示にするかをずっと考えていました。作品も書きだしたら早い方なんですが、それまでが長くて…周りの皆さんを巻き込んでからも遅いので、申し訳ありません…

オカサトシさんの詩に出会った時のお話。
2016年、今から2年前でした。
Facebookにその時の事が記録してあります。

「雨のち晴れの鎌倉。

桜はあんまり好きではないけど
やっぱりお寺と似合います。

カフェに置いてあった
無名の詩人さんの詩集に
惚れ込んでしまって
一冊しかないのに
お願いして
お譲り頂いてしまいました。

そのなかからひとつ。 

わたしが
いつも思っている不安感を
きっと同じように思ってるひと。

 

記憶の中で
きみは美しくて
ぼくは
耳を傾けてしまう
言葉もきれいで
かなしくなる
間違いをしたままだし
本当に
苦しいけれど
きびしさを増した
きみの目を気にして
ぼくは
生きることを
決意する
とてもこわい

言葉は未来を照らしたけれど
生きているのは

この時だけ

『そらける』オカサトシ 」

鎌倉のテールベルトというカフェに行った時、詩集「そらける」と出会いました。この時にはネットで調べても出てこなかったんですが(たぶん)、昨年の11月の書道展の時に、この方の詩を書きたい、と思って再度調べて、見つけました。
ご本人と連絡が取れ、また許諾も頂けて、作品を作れることになりました。

その展示の時には一つの詩しか書けませんでしたが、一人の作者の言葉だけで、展覧会をやりたい気持ちが募り、今回この個展を開催することになりました。

しかも、作者のいらっしゃる土地で。

おこがましいとは思いながら、
でもその言葉が生まれた土地でやることに意味があるのだと
その土地でしかできないことが必ずあるはずだと信じて
展覧会を行います。

そして3会場は同じ黒部市ですが、場所も違いますし建物の佇まいも違います。それに伴って、作品もかなり違います。だから3会場全てまわって頂けたら嬉しいです。

基本的には会場①シーラカンス毛利武士郎記念館に在廊していますが、うろうろするかもしれませんので、いらっしゃるときはご連絡いただければと思います。

皆様にお会いできることを楽しみにしています。 


******************************

今子青佳書道展「そらける」(オカサトシ詩集より)
 

会場①
場所:シーラカンス毛利武士郎記念館
(富山県黒部市栗寺41)
会期:2018年7月14日(土)~20日(金)10時~16時※無休
 

会場②
場所:北洋の館
(富山県黒部市生地芦崎330)
会期:2018年7月15日(日)~20日(金)10時~17時※火曜定休
 

会場③
場所:ギャラリー&カフェ YASUKOハウス
(富山県黒部市宇奈月町長坂野柿木谷501)
会期:2018年7月14日(土)~20日(金)13時30分~18時※不定休

主催/シーラカンス毛利武士郎記念館
後援/北日本新聞社
 

・全会場入場無料

・各会場にシールを用意しています。全て集めて頂きましたら、お好きな言葉を書いた作品をお贈り致します。


******************************

web用

そらけるウラ最終(ol)


 

いきなりですが、来月7月に富山で個展を開催します!!

web用


初都外!

なぜ富山かというと、富山出身、在住の方の詩を書くからです。
 

オカサトシさんという方。

詩集を出されていますが、写真や動画を撮っていたり、絵も書いています。
富山で詩の朗読会や写真の展示もされています。

インスタツイッターでも、たまに作品を発表されているようです。

展示会タイトルは彼の詩集「そらける」からつけました。

そして、今回は3会場(ほぼ)同時開催です。
これも初めて。
すべて「そらける」をテーマにしていますが、それぞれ表現の方法を変えています。


そらけるウラ最終(ol)


オカサトシさんの詩には不思議な魅力があります。

東京でいつも来てくださっていた方は、富山まで旅行にいらしてください。
富山近辺の方は、ぜひお車で黒部市内ぐるぐるっとドライブしにお越しください。
 

お待ちしております。

******************************

今子青佳書道展「そらける」(オカサトシ詩集より)
 

会場①
場所:シーラカンス毛利武士郎記念館
(富山県黒部市栗寺41)
会期:2018年7月14日(土)~20日(金)10時~16時※無休
 

会場②
場所:北洋の館
(富山県黒部市生地芦崎330)
会期:2018年7月15日(日)~20日(金)10時~17時※火曜定休
 

会場③
場所:ギャラリー&カフェ YASUKOハウス
(富山県黒部市宇奈月町長坂野柿木谷501)
会期:2018年7月14日(土)~20日(金)13時30分~18時※不定休

主催/シーラカンス毛利武士郎記念館
後援/北日本新聞社
 

・全会場入場無料

・各会場にシールを用意しています。全て集めて頂きましたら、お好きな言葉を書いた作品をお贈り致します。


******************************

クラウドファウンディングが本日よりスタートしました!

書家今子青佳 個展『3番線快速電車が通過します理解できない人は下がって』映像作品クラウドファンディング

少し長いですが、言葉や文字について、
作品を作るということに対してこれまで考えてきたことと
中澤系への私の思いが書かれています。
みなさんと、一緒に、作品を作りたいです。
作りましょう!
応援をよろしくお願いいたします。

いきなりですが、クラウドファウンディングをスタートします!詳しい内容はまた後々スタートしてからお知らせします。

 
が、 

少しだけ内容をご紹介します。

歌人「中澤系」の短歌で個展を行います。
彼は1970年に生まれ、早稲田大学第一文学部哲学科を卒業し、その後に短歌を作り始めました。未来短歌会に入会し、岡井隆氏に師事、未来賞を受賞されました。
その最中、彼は副腎白質ジストロフィーと診断され、2009年に亡くなりました。
38歳という若さでした。
 

その生涯で残した彼の言葉は鋭く、突き放すような、それでいて世界を思考の中に包み込むような、引き込まれる言葉です。


DSC_3143



 

その彼の短歌で作品を作り、そして、メインの作品は映像です。その制作にあたり、クラウドファウンディングを実施することにしました。

書なのに映像。どんな映像にするかはスタートしたときの内容にて。面白くなりそうな予感がしています。不安でもありますが。楽しみです。


近日中に詳細内容をお知らせします。
それまでに中澤系の歌集など、ぜひ読んでみてください。

個展のタイトルは
「3番線快速電車が通過します理解できない人は下がって」歌集『uta0001.txt』(晧星社)より
彼の言葉に魅せられること間違いなしです。 本当にかっこいい。

DSC_3140


活字のかっこよさを、ぜひ。
 

漫画のタイトルロゴを書かせて頂きました。

1528551010841


無間童子
武山建さんの漫画です。
閲覧可能ですのでぜひ。面白いです!
「無間」と哲学を絡めたところを出発点に描かれたそうです。

漫画家ご本人からは想像できない、迫力のある画をご堪能ください。
ツイッターはこちら
ラーメンとシガーロスを愛する漫画家さんです。



 

このページのトップヘ