最近は自分自身の展示の予定が無いので、穏やかに過ごしています。いろんな方の展覧会も遠いまなざしで見ることができます。

素晴らしかった展覧会。
塩田千春展
(森アート美術館)

岸田劉生展
(東京ステーションギャラリー) 

塩田さんの展覧会は、ああいつかこうなりたいなあと心から思った空間でした。実際には誰が作っているんだろう、という作品もありましたが、彼女自身が泥をかぶっている映像(ひたすら上からだらだら流れてくる泥水を自分で顔に塗りたくります)に惹かれました。一緒に行った人はその作品を見ることが生理的に無理で、一瞬見たのちもう二度と見ていないようでしたが、私は長いこと釘づけになりました。
彼女自身の泥や土への思いと、綺麗とはいえない映像がなんとも「ざらざら」していて、印象的でした。理由は分りませんが見ていると苦しく、解放的になります。

岸田劉生展は、彼の自画像や肖像画はあまり好きではないのですが、静物画の「そこに在る」ということの存在感が迫ってくる作品がとてつもなく素敵でした。麗子さんがたくさんいらっしゃって、少し怖かったですが。掛け軸に描かれた柔らかい絵と文字もいいなあと思います。

その他にも現代アートの展示会等行きましたが、なんだかうーーーーーーーんと思ってしまって、全然面白くなくて、、、まあいいんですけれど。面白さってやっぱり好みなんでしょうか。それともやっぱり「は?」ってなる展示会もあるんでしょうか。どんな作品も自分ながらに「ほう」と見るタイプだったのですが、最近の企画展だとか「新しいでしょ」と言われる作品が、いまいちよくわかりません。 「なにかやりたい感」だけ浮いている気がします。

私が作る作品が書でありつつ、書道とは遠い場所にもあるような気がしていたので、現代アートに近付ければ、と思っていたのですが、なんだか良く分からなくなってしまいました。それでも、やはりアートは好きです。作品の奥にある作家の思い等は抜きにして、アートがわからない、といっている人に対して突き放さないアートを探しています。私は一般人ですから、高尚なものはわかりません。でも、そういう人がたくさんいるんじゃないかなと思います。

追記:
ラウシェンバーグがとっても好きなのですが、直接作品を見られなかったことが本当に残念です。立川に近しい自転車があるのですが、あれは本物ですか?画集も手に入らなくて・・・どなたか何か情報をご存知でしたら教えてください。