平塚市Sの雨漏り修理及び屋の工事の 続きです。
前回のリフォーム時に屋根と壁の取り合い部分(危険性のある部分)処理が余り上手くいっていなかったので、
今回は、工程上は少し時間がかかってしまいますが、リスクを最小限に抑える 工事をしています。
屋根を先行して壁内にしっかり防水紙及び板金を立ち上げて施工してあります。

IMG_20130624_160857
そしてようやく 雨漏り部分の壁の
防水紙(フェルト)を張る事が出来ました。 これで完璧です。IMG_20130624_160904
このような窓は、雨漏りの原因につながる部分の一つですが、しっかり時間をかけて処理を行なわせて頂きました。  そしていよいよ 左官工事によって 外壁モルタルの復旧となります。