2012年04月01日

デーデ

ブログブームも廃れ、世はツイッターの中
もはやカウンターも一桁になりかけてる我がブログ

それでも続けているのは義務や使命感などではなく
自分が日々の出来事で感じた事を忘れないようしておく備忘録としてなのかな、と

1月
・奈良NEVERLANDにて愛すべきfragileのレコ発
夜行バスで偶然会ったちょうびさん(もうすぐ○0歳)と鹿を観て東大寺の大仏を観る。もはや奈良でやるべき事はすべてやった感。
BPのハジメさんとは以前麻雀して以来だがまさかこんな形で対バンするとは思わなかった。大阪遠征予定のノッグレやそれ以染にのタカシ君やシバタさんなんかも来ていて初めてきた奈良なのになんとも不思議な気分だ。
fragileは普段は後輩のような存在だけどもはやそれを超えた憧れでありライバルだと思った。Tシャツ買ってくれた関西の皆様ありがとう!
南君と松屋にて最後の豚丼食って帰る

・二万電圧にてyel lobe企画
HOMMヨ、tacobondsはぶれない貫禄の演奏でみちゃんはimamonの灰Tが似合良すぎてただただイケメンだった。
groundcover凄かった、元ベルパン遠藤さんのドラムを4年ぶりくらいに観たけどあの重圧感は盗みたい。望月さんにお褒め頂き、恐れ多いと同時に嬉しい。

・江ノ島オッパーラ
真冬の江ノ島海岸でハードコアを叫ぶの巻。サイプレス上野とロベルト吉野やZEN-LA-ROCKという二度とないような対バンにお呼ばれ頂く。クラブについては無知だがサムライチャンプルー好きな俺としてはこういう雰囲気は楽しい(ザ・にわか発言)
お客さんが暖かかった。才能、演奏能力ジャンルの違いがどんなであれ、とりあえず本気を出せばなにかしら伝わるんじゃないかというのが少し確信できたような気がする
サンプラーって面白そうだなー、ループ回し続けてそれに合わせてドラム叩いたら個人練とか楽しくて何時間でもやれそう。
成瀬さん本当にありがとうございました。


・小岩BUSHBASH
初めてみたレッドチムニイが圧巻、サウパンは相変わらず良くて
遠藤君(fromサウパン)は終演後もあいかわらずのキラースマイルぶりを発揮していた
ブッキングのtiala柿沼さんはいつも的確なアドバイスをくれる
あいかわらずbushbashのカレーはまだ一度も食っていない


2月
・下北沢THREEにてシンパシーサポート
こんな閑散としたTHREE初めてみた笑
人のいないフロアにオサムアカバネの豆まきが飛ぶ!
ハナフサ君のペイブメント調のラルクのフラワーのカバーがやたら感動的だった
シンパシーと撃鉄田代君らと最低なボーイズトークをして帰宅

・千葉ワナビー SxAxCx企画
蔵フェス以来久しぶりの千葉。バリハードコアなメンツ
BONBORIの3人目のドラムに一度でいいから入りたい
寒空の夜の公園でBONBORIのみんなと飲む酒は格別だった
噂のHIMOは観れずに無念の帰宅。千葉の終電は恐ろしく早い

・渋谷LUSHでビートハプニング。シンパシーサポート
シンパシーが正統派と思えるほど濃いメンツだった
久しぶりに観たsisiはいい。高校生のお客さんがたくさんいた。
10代の意見は素直だしは若い世代のアドバイスは貴重だと思う。
玄人受けする音楽でいるよりはキッズが夢中になるような音楽でありたい
よしなお今までお疲れ!

・新宿LOFTでギター大学&渋谷屋根裏にてシンパシーのダブルヘッダー
ロフトにてフリマが行われる昼間イベントにてギ大校歌斉唱。
練習(ほぼ)一回だからこそ失敗できない集中した演奏ができた。笑
対バンのparadaise関口萌の弾き語りがただただ良い。
ドラムも叩けて曲も書けて歌える才能とポテンシャルが心底羨ましい。
リズムトラックを破格の500円で購入し、喉笛チェーンソー瀬尾ちゃんからお土産を貰って渋谷屋根裏へ向かう。
この日のシンパシーはトラブルもあったけどそのリカバリーに関してはバネさんは見事だと思う。
ベースにふくろうず卓丸君といういわゆるメジャーでのプロの肩書きの人とやるのは今回が初めて。プロとアマとの違いは技術より集中力なのかなとも思い、リズム隊として多くの収穫を得たような気がした。


・高円寺DOMスタ シーマイ企画
シーマイ逃亡サーティーンゲスデロッピーオトリスランバーランドなどといった
もはや知り合いだらけのスタジオライブ。入場規制御礼(ないけど)



そん時の映像
打ち上げはただひたすらカオス。ヨシノさんご乱心。
俺は現役女子高生シママワリと絡み続け、高校の青春時代の大半を取り戻した。


3月
・梅島ユーコトピアHorse&Deer企画
電車を乗りに乗換え、梅島到着、物凄いとこに来てしまった感
たくさんのハードコアバンドが出たけど身内観を抜きにしても
Horse&Deerは突き抜けていた。
最近売れてる○○○○よりカッコいいハードコアバンドは沢山いる
続けるだけなら誰でもできるんだからみんな身内に籠らず、セルアウトしてほしい


・新宿ロフトでギター大学
ギター大学のロフト初出演から一か月、わずか2回目の出演にてメインステージに出る
久しぶりのロフトメインステージはなんか緊張した
対バンの大日如来ズが歌と曲の空気感が絶妙で凄くよかった
終演後はギ大の2人と神宮さん、みほこさん、ゆりかさんと打ち上げ。なまさんはもはや芸術レベルのダメな人だと思った(褒め言葉)

・フラジールと名古屋遠征
夜行バスで朝5時に名古屋に着くも、結局8時間くらい漫画喫茶に入り浸る。無愛想に降り続ける雨のせいではない。グラビア映像をひたすら見続けるの巻、手島優アレで同い年かぁ…
フラジールと食べた二郎系ラーメン「らけいこ」はこれが名古屋の味かと思う程に味が濃かった、カラメマシマシデフォルト!
舟橋君と三年前のウルガぶりの再会、血Q暴鋭軍は衣装(武装)代に1万以上つぎ込んでいるという気合の入った色モノバンドだった。
終演打ち上げでマソウさんとクソギャルゲー話をした後、名古屋の漫画喫茶がどこも満員で浮浪の旅に彷徨う、付き添って頂いたちょうびさん、uのリズムのお二人には申し訳ない。

・新宿motion 由美子企画
大西ライブで流血。フロアライブ楽しい。
クウチュウ戦の復活ライブ!たくさんの若手バンドを見て負けてられん思うことは多々あれど、
クウチュウ戦に関しては初めて見たときはもう戦慄モノだった
尊敬するドラマー坂下君の苦渋の選択が間違っていない事を祈る

・小岩bushbash
多くは書かないが色んな事がうまくいかない日だった
ブッキングのtiala柿沼さんはいつも的確なアドバイスをくれる
カレーはやっぱり食べてない



欲を持って音楽をやるか欲を捨てて音楽をやるか
最近は年齢もあって妙に悩まされ続けているような気がする
でも結局自分にできる事はドラムを叩くことしかないのだし
極端にいえばドラムが叩ける状況さえあれば悩む状況もない
もっと真剣にバンドをやらなきゃいけないなと思った


次回はバンド以外の事を書こう



imamon at 02:44コメント(0) この記事をクリップ!

2012年01月16日

師走の翁

去年の師走の備忘録

motionでギター大学のサポートをしてきた
殺生に絶望、モデストロイ、VAU!といった殺伐としたメンツで
久しぶりに閑散とした中でやらせていただく
知ってるバンドだらけだが内輪感のないこういう対バンの雰囲気は嫌いではない
アンダースローバレリーナの方々がSlumberlandというバンドで出ていた
古き良きシューゲイザーとティーンエイジなファンクラブな曲調にじんわり
imamonも昔ああいう路線いってた気がするなー

あいかわらず練習の入れてないバンドなんだけど今までの中ではわりと良い出来だったような気がする。ギ大のドラムフレーズは叩いてて本当に秀逸だ
校歌斉唱の2番目で歌ったマライアキャリーの有名なクリスマスソングが自分全く知らなかったらドン引きされた。

清算時の横さんの一言に少しほろり、、普段は本当に適当すぎる人達なんだけど皆それなりの葛藤がある上でやってるんだなと。バンドを続けるのって戦いだなー



池袋オルグでオワリズム弁慶にお呼ばれし、高野P介と1997年、二度目のライブ
初めて聞いた人には評価され、身内にはディスられるという構図ができるのはなぜなんだろう?まだまだ探っている状態故にこのバンドはまだまだ延びしろがあるはず、新曲作りたいな。オワリズムの人達は優しかった。もろおか君はキャラ変えたら女の子に限らず世の男色家ならほうっておかないくらいモテると思う。

下北沢ベースメントでのビーハプコピバン大会
オサムアカバネとブランキーのコピバン「下北の海賊」をやった
「下北の海賊」と書いてあるパスつけて下北歩くのはだいぶ羞恥だったわ笑
ちくわのYDOさんとsorrys!のテッペイのTRFのコピーはもはやTRFというよりは完全にYDOさんであり、テッペイだった。スパルタのコピバンでポテコムヒロキ君のピック弾きなんてレアなもんも見れた

個人的には納得いかない出来だったがポテコムヒロキ君が褒めてくれてなんとも嬉しかった。ようつべで赤いタンバリンが上がっているから暇な方はどうぞ
ブランキー全く通ってないし(どちらかといえば)ミッシェル派ですが自分がドラムをやっている以上はそのバンドはコピーであれサポートであれカッコイイライブにしたい
プレイヤーとしての願望なのかもしれないが
ドラムが叩ける周りの環境に感謝をしつつ、もっと頑張ろうと思った日だった


大晦日、新宿motionでimamonのライブ納め、およびライブ始め
カウントダウンからの年明け最初に鳴らした一発は手前味噌ながら最高の一音だった
新曲はまだまだ余地がありそうだ。個人的に速い曲や攻撃的な曲は飽きました
サーティーンの新譜を聴いてからライブで聴く「ロマンティックちょうだい」は格別に泣ける。CDはお客さんがライブに観にいく為の材料なんだという事を再認識した

Tシャツ買っていただいた方ありがとう
キガミさんやライブでの木下君の姿観てて自分のバンドのTシャツを着てもらうって嬉しいね。当たり前だけど初めての事なので、巨額を投資した甲斐がありました

2011年どころか2012年にトドメをさすかのような爆音のabout tessが華麗に締める

ここ一年間はバンドの才能の限界と自分のできる事の限界とモチベーションに悩み続けた年だった(一昨年ほどではないけど)
最高だった知り合いのライブや企画が身内ノリと言われるのはいつも悔しい
各々のバンドがそれぞれ頑張って行くしかない
いつかそれが一本の塊となっていつか大きなハコの沢山の人の前で一緒にやれたらどんなに素敵な事だろう

「例えば音楽やるのが本当に好きな人はお金になろうがなるまいが続ける。ある程度やって目が出なかったらやめるという人は音楽が特別好きなんじゃなくて音楽を通してお金を稼ぐのが目標。それが悪いとかじゃなくて、自分がどっちなのかは知っておいた方がいいと思うな。 」

そんなツイートがどっかから流れててなんだか無性に腹が立った
それが最初からわかってたら誰もバンドやって苦悩なんかせんわ…
売れたいだけでバンドをやっているなら誰も音楽性で悩んだりぶつかったりなんかしないだろう
自己満足だけの地下音楽でただ続けるだけのバンドならいっそ辞めてしまいたい


くたばれ2011年の終わり


imamon at 02:41コメント(0) この記事をクリップ!

2011年12月27日

たとえばTシャツが売れたら

imamonTシャツ完成しました!

Tシャツデザインの依頼に快く受けてくれたSUSAVIこと、
ハナフサ君(TESUSABI、far france)にはimamon一同、おしみない感謝を!


音源より先にTシャツが出来ちゃったのはカッコ悪い思いですがTシャツのデザインは間違いなくカッコイイです!


purple



imamonの文字から伸びるツインギターとベースとドラムスティックが豪快でポップ!
奥に見える新郎新婦がオシャレでかつハードコア!
こちらは紫の黄色字
配色はTHE SUNのTシャツの影響というのはここだけの話…
SとMサイズのみの販売で価格は1500円


gray


もう一色は灰色と黒字でこちらは首回りが開けたUネック仕様。女性にも安心!
配色もシルエットもfar franceの抜け毛Tシャツをモロパクリさせていただきました笑
http://hanatoyuge.jugem.jp/?eid=1041

シンプルで飽きのこない色合いです。生地もちょっと上質。
こちらもSとMで価格は2000円


31日、大晦日の新宿motionで販売開始します

12月31日(土) 新宿motion
「about tess × Motion presents " NEXT POP 2011-2012 5DAYS "」
w/about tess/after the greenroom/otori / サーティーン/壊れかけのテープレコーダーズ/TACOBONDS/平賀さち枝/BOMBORI/ヤーチャイカ/うみのて
open/start:17:00/17:30
adv/door:¥2,000/2,500 [D別 \500]★追加ドリンク\300


よろしくお願いします!
みんなこれで結婚式いっちゃだめだぞ!!←内輪ネタ





imamon at 04:12コメント(0) この記事をクリップ!

2011年11月28日

バンドオブファイターズ

11月は2本ライブがあった

あかねちゃん企画で高野P介と1997年で出演した。
この機会をくれたあかねちゃんとバンドに誘ってくれた高野君には心からありがとう
力技のドラムしか脳のない自分には不相応と言われるかもしれないが歌モノを叩くのは長年の夢だったしあの名曲を自分が叩けるというのは素直に嬉しい

kof


三種の神器チーム(完成形)のアー写

歌を邪魔しないドラムを心がけたがimamonに比べて無難すぎるなどのご意見もあれば高野君のバンドの中で一番良かったという声も頂き、いろいろ課題はあったかもしれないけど初めてバンドでライブをやった時の初々しさというかまだやれるというかそういう気持ちを思い出した。
自分のドラムの長所短所はなんとなくわかっている。それをimamon以外の音楽で叩く時にどう還元していくかが課題だ。もっとタイム感を養いたい
今度やることがあったらアレンジを変えてみたり、ミドルテンポ以外の曲やリズム隊がバッキバキの曲もやってみたいなと思う。
灰緑のライブは目が飛び出るようなかっこよさだった。


渋谷屋根裏でimamonのライブをしてきた。
最後に出たのは二年前のフロアライブ以来でステージに出るのは初でやり慣れないくらいに広かった。
ほぼ一ヶ月ぶりのライブの良さがうまく出ていた気がする。ライブ中にずっとゲームしたり化粧してるゴスロリ調の女がいてずっとそいつに向けて叩いていた。
対バンのぞえあさんとロマンスさんがすごく良い人でバーカンの砂川君はあいかわらずイケメンだった。

12月のライブはimamonは31日の一本のみ、新宿motionでカウントダウンという大役を全うします
19日に新宿モーションでギター大学
26日に池袋オルグで高野P介と1997年
27日に下北沢ベースメントでオサムアカバネと下北の海賊という謎のバンドを組みます
サポート要請はジャンル問わず面白ければなんでもやります



続きを読む

imamon at 03:09コメント(0) この記事をクリップ!

2011年11月08日

たとえば僕らの夏が死んだら

六本木のドラクエ展に行ってきました。
凄く楽しかった。

NCM_0057


NCM_0061


さまようよろいがあらわれた!


NCM_0060


ピエールがなかまになりたそうにこちらをみている


NCM_0062


NCM_0064


ルイーダの酒場で頼んだスライム肉まんとエルフののみぐすり。味は普通の肉まんとはちみつゆずレモンでした




久しぶりの下北沢ERAでのライブを終えて10月のライブはとりあえず終了。サポートも含めるとなかなかドラムに忙しい日々だった、良い事だ。
windaの浅間さん(exキウイロール)と初めてお話した。物凄く紳士的な人だった。
年上や憧れの人と話すとどうも上手く話せないのをどうにかしたい

motionで都心の最後をみた(なんか世紀末な響き)。
休止について何一つ触れないさらりとしたライブだったけど熱量は凄まじかった。前にやってたMOROHAで気持ちがなんとなくリンクして泣けた。ボアズの石原さんの弾き語りの枯れた雰囲気に震えた。


大学の軽音部の友人の結婚式に行った。幸せそうでほんとなにより。
結婚式に行く度に結婚したいなぁとちょっとだけ思う反面、結婚式はしたくないと大いなる矛盾を思うから不思議。出るのは好きなんだけどね

…あ、ちゃんとスーツで行きましたよ


その後、メンバーでディスチャーミングマンに加入した30歳新人のきっけんさんの御好意でnestにいく。
ここ最近見てきたライブの中で最も歌の力って凄いなと素直に思えるライブだった。
cinema staffをちょっとだけ見る、女性客が半分以上占めてやたら盛り上がっていていてちょっと苦手な雰囲気だったけど主観を抜きにしてもこれは売れるよなー、と。

帰りの渋谷駅前の巨大なビジョンにラブ人間のPVやふくろうず、KAIKOOで太平洋の名がデカデカと表示されていて知り合いや対バンしたバンド達がどんどん先に進んでデカくなっていって誇らしいと同時になんだか悔しい気持ちにもなり、売れたいなーと単純に思った夜だった。


ホームページを更新し、Tシャツのデザインをハナフサ君に、ジャケのイラストを神宮さんに依頼中。レコ発の準備はできている。
あとは歌録りとMIXだけだ

売れなくてもいい、ただなにかしらの反応が欲しい



imamonの年内の活動は残り2本
その間はメンバー各々、就活、曲作り、レコーディング、サポート活動になります。



そしてわたくし、シン・マスナガは11月12日に高円寺UFOクラブにて遅咲きガールこと、さいとうあかねちゃん企画に「高野P介と1997年」というバンドで参加します。



名曲「ロックマン」
この日、観てたけど私は泣いた

灰緑と切腹ピストルズ、うるせえよ等という凶悪メンツの中
都心、サエキさんと共に高野君弾き語りの名曲をバンド形態で支えます!


大学時代、歌だけで成立しちゃっててリズムやドラムを必要とされないという理由で弾き語りというジャンルがとても苦手だった。あれから笹口君、高野君、ゴガさんなど、沢山の弾き語りを聴いて自分の中で弾き語りという概念はことごとく覆されていった。

音数少なめかつimamonのスピード半分以下の曲ばかり、
マスシンのドラムじゃないと言われるのが今から目に見えるよう!笑
歌の為ならドラムのエゴ捨てます


12月はギター大学のサポート、そしてオサムアカバネと久しぶりにまたなにかしらやらかす予定です。




imamon at 04:59コメント(0) この記事をクリップ!

2011年10月27日

誰かが死ぬまで止まらない3デイズ

10/15〜17にかけては大阪を回って3連続でライブしてきた


初日は秋葉原へmot企画
napalm death is dead×imamon×motの3マン
既にHANAMIZUがfever状態で既に体調は幸先悪いスタート!

ブルジョア価格なスタジオでリハを追え、リボレ2へ
リボレ2に来るのは二年くらい前のサーティーンの小企画以来か。。。
ここは楽屋にスーファミとPSがあるという希有なハコである
スト2、ターボ、マリカー、ジャス学、バイオ2、揃えは素晴らしい。

napalm death is deadは四国遠征のライブを7秒で終えた伝説の持主らしい
今回は一曲4分くらいで終了、「今日のライブは長かった」とはホースのメンバー談。
motのダンサブルな空間に酔いしれて終了。motは踊れる!売れてほしい!

今後の激動と現在の体調を考え、打ち上げを断念…
新宿で絆やって時間を潰し(2勝2敗)夜行バスに乗り込む。全く寝れない8時間

AM7:00、大阪到着
我々はひとまず難波ロケッツへ
もう二日目終わってみんな散り散りになってるかな…

…と思っていたらまだやってた。笑
酔っ払ったsorrysや大内君、飯田君がおり、大阪なのに一瞬motionに居るかと思った
どうやら2時間以上押したらしく、3時間後には時間通りに問答無用の三日目スタート…
こんなイベント、東京のライブハウスでは絶対不可能だ

ひとしきりの出演登録と挨拶を終え、otori谷君と我々はスパワールドへ
1000円で体験できる桃源郷!
ひとしきり旅の疲れを癒し、就寝。

起床したら既に遠藤がいなかった、再びロケッツへ行ったらfragileと再会。どうやら一足先に会っていたようだ。
愛とか恋とかそういう力って素晴らしいですよね。ね

大西、谷君と天丼を食した後、FMWの中、日本橋のオタク街でfragile南くんとOMW(オタッキン南ホイール)、
メイドさんがこれでもかと思うほど徘徊し、メイドカフェはオープンカフェになっていて東京じゃ考えられない。僕は中学時代買えなかったソードフィッシュを十数年ぶりに購入しました。

NCM_0054


あえてロボットアニメに走らず、戦闘機っていう硬派な設定が最高!
カウボーイビバップは俺が世界一好きなアニメです

戻った頃にはオワリカラ、ディスパニ、ワーステなどの東京勢が軒並み集結。

久しぶりに観たオワリカラのライブがかっこよすぎてもはやヒョッペリンやってた頃が嘘のようだった。
もしキッズ時代にオワリカラに出会ってたらコピバンやってたと思う。そう思うくらい凄まじかった。

メインステージでラブ人間→雨先案内人→セバス→テツコ→ディスパニという中、
サブロックではポテコムジン→imamon→fragile→ワーステ→アーバンフェチという流れ、我ら地下で鍛えられた底力を見せる時!


その時の映像、音が回ってたらしいがそんな事は関係なくやりきりました!
http://www.ustream.tv/recorded/17912995

全てを終えたワタシはコンビニでミナミホイールでのライブを終えたちくわテイスティング協会のヤスオさんとラブ人間ケンジ君と乾杯。
その後はかなり記憶が曖昧だ。酒弱いのにアサヒ5杯以上飲んだ。
漁港というバンド(?)はステージ上で魚を捌き、5000円で競り落とされてた。
ライブハウスを朝市に変えてしまう空間笑
バンドの世界はまだまだ広いです。

DOIT以来のキンブラでボルテージはMAX状態。
気づいたらヤスオさんと共に笑顔と汗まみれになりながらマーヤさんの人柱になっていた。
二階席からのフライングダイブ!フロアでの演奏に客の上を歩きながらの演奏!
酒の力もあってもはやわけがわからない!
最後は千日前ベビードールズのストリップショー&はいからさんらとの野球拳でFMWは華麗にしまる。


NCM_0056


はいからさんに挨拶してそれ以染にの皆の御好意で寝床を確保。四人で串カツをつつき合い、ここに来て初めて遠征らしい打ち上げ。ミッチーには毎度毎度お世話になりすぎて頭あがりません!



朝、それ以染カーを後にし、新大阪へ新幹線で爆睡。
品川からそのまま新宿motionへモデストロイ企画でギター大学のサポートドラム
FMWがあまりにmotionすぎて全く帰った気がしない!

今回出演するうんこずがリハやっててもしやあのバンド?
って扉開けたらやっぱりあのバンドだった。
新幹線で急いで来たのにリハにギ大メンバーだれもこねぇ笑
なんとか事なきを終える

転換ACT、アンドレ(オサムアカバネ)はシンパシーオアダイにクウチュウ戦ヒカリ君の打ち込みによるリミックスバージョン、最近観る度にバネの動きにキレが増してきている笑
久しぶりに観たサーティーンは凄く良かった、呼ばれた企画には全力で応えるバンド。
トリプルファイヤーとうんこずがやたら素晴らしくて音数や音量に頼らなくとも出せる爆音ってあるんだなぁととても参考になった。
ともあれ企画者のモデストロイがめちゃくちゃかっこよかった。アンプ倒壊!

打ち上げがないようなので早瀬さん、かまちと有志を集い、とりでんで打ち上げ
後にバネさんや横さんみほこさん夫妻も来る。疲れにより俺ログアウト…
ギター大学は身内観抜きで才能と技術に満ち溢れたフロントマンの集まりだと思う。それは尊敬するレベルで。
それ故にもったない部分もある。


朝、約60時間ぶりに帰宅。もはやスライムの攻撃を受けたら死ぬレベルのHPしか残っていない、卒倒。
この三日間でありえないくらいの人達と話す機会があり
色んな繋がりができてもはや人見知りとか社交性が無いとかそんな事いってられない状況に日々色々と動いてるんだなーという事を再認識
関わった全ての人達ありがとうございました。



imamon at 01:55コメント(0) この記事をクリップ!

2011年10月23日

ツイッターでやたらつぶやいてる人ってリアルは充実してるの?

9/17 EVIOUS企画「ノーガード戦法」

エロフェスの真裏で行われるエモフェス。

お客さんがとにかく暖かく、満員御礼の中で爆発させてもらいました
初めての渋谷乙はとてもやりやすかった。バスドラがちゃんと聞こえると叩きやすい。
sorrys!の時の俺は完全にキッズになっていた。またいちさんパネェっす。
EVIOUSのライブは初期衝動が爆発していた。これが若さか!byクワトロ・バジーナ
大学生の頃にこういう企画が出来るというのは羨ましいと思う。
自分らの頃じゃ考えられなかったから

都心が活動休止。生活面や将来に関しての理由はほんと責められないな
打ち上げでのotori宮田君の結婚話を色々聞いた。彼は凄く偉い。
結婚やら将来やら、一昔前の打ち上げでは話題にものぼらなかった事が
最近は毎回ごとのように繰り返され、自分達がアラサーになった事を実感した

9/23 新宿motion
ノダ企画。一人のカメラマンがこれだけのバンドとお客さんを集めた事に素直に感銘
おいでやすfragile!闇鍋!クガツハズカム圧巻!
she might be swimmerのライブで思わずスプリット買った。
おおちくんのツイートの面白さを理解できない男の子とは友達になれない。

そんなワタシは27歳を迎えた
今年で自分がアナゴさんと同い年になったなんて未だに信じられない。
打ち上げでのwarst tasteのワーストテイスト、マオとオサムアカバネの絡みは面白すぎた。かまちご乱心。

9/25 下北沢basement&three共催
ゲスバンドが帰ってくる!ヤァヤァヤァ
オープン前から身内感ハンパない

全バンド、ゲスバンド側からのリクエスト曲あり
デロッピーのイエンタウンバンドで胸キュンし、salsaのラモーンズでぶちあがりました


我々はat the drive inをやりました




カバーは観てる方もやってる方も楽しい
ドンキでアフロ買った意味無し!

主催者のゲスバンドのライブは稀に見る興奮と感動
ファイナルファイトは戦闘BGMにしてラスボスと戦いたいくらい好き
めちゃくちゃ楽しい企画であった

打ち上げの内容は……あとでメールで色々謝っておいた。


9/28 渋谷O-nest
逃亡くそタわけ&kumagusu(スペル自信なし)とミナトさんの共同企画
久しぶりのネストの広さは緊張した。
この上なく今まで以上にないくらい落ち着いてやったがどうだったんだろうか。ライブをやったという感覚がないくらいに笑
音源はけっこう売れた。
本人のライブの出来とお客さんの反応って必ずしもイコールでないんですね

くそタわけ(こう書くと罵倒しているようで悪い事した気分になる)の「夏のサイレン」という曲がめちゃくちゃ好きだ。


10/7 小岩buhbash
仕事がめっちゃ立て込み超絶遅刻、ブッシュバッシュの玄関開けたら2分でライブ
tialaの人がドラムを褒めてくれてなんとも嬉しい。
otori谷君のスネアをお借りしたらとても叩きやすかった。木のスネア欲しい。
カレーは食わなかった


10/12 新宿motion dots dash企画

うみのてと初対バン。改めて笹口君と高野君は才能あるなーと思った。
そしてその後ろで演奏しているリズム隊が心底羨ましい
新曲やった。評判は知らない。
けどかなりCD売れた。ありがとうございます
ヤーチャイカ凄すぎた。
ドッツの皆様ありがとう。木下君のギターは凄く好き。サーティーンの時の方が圧倒的に観てるが笑

最近当時は全くの無縁だった女子高生と話す機会ができる
僕の高校時代なんてはサブカルのサの字も知らなけりゃ音楽なんてビジュアル系かメロコアしか聴いてなかった。なぜ今の高校生は既にこんなに達観的なんだろうか
もうちょっとバカに生きてもいいような気もするけど

さて、あの頃にもし女子高生と恋愛とかセックスとかしていたら人生は何か変わっていただろうか?
今もバンドをやっていただろうか?



気づいたら10月のスケジュール帳がライブや練習やらで3分の2以上がドラム叩く日で埋まっていた。
大学生の頃、社会人になったらバンドできる機会が減るとモラトリアムっていたが今たぶん大学の頃よりバンドやってる




以下オタク日記


マツイソウマ君と東京ゲームショウに行ってきました。

NCM_0025


NCM_0026



メタギアの歴史を語る小島監督
この後、大塚明夫、杉田智和や井上喜久子もきていました
NCM_0034




ストVS鉄拳やった!
鉄拳キャラ使いにくい!

NCM_0029



最新のリボルテック!

NCM_0030


NCM_0032


NCM_0037



ソウマ君のガイドもあって大変楽しいゲームショウでございました。
Tシャツ買っちゃったよ。


幕張メッセに行ったのはカウントダウンジャパンフェスを観に行って以来なんですがハッキリ言うとゲームショウはその時に比べてパッと見て5倍以上の人がいました。そして驚いた事に当日券で来る人がほとんどっていう…

1000円という破格なんで手軽に見に行けるというのもあるけどそうなるとライブハウスやフェスのチケットってやっぱり高いんですね。まぁ多くのスポンサーやビジネスが関わってるからこその価格なんだろうけど
コミケやゲームショウの全日の動員数をみたらフジロックやロッキンやサマソニの動員数を全て足しても前者の動員数が勝ってるようです

まぁゲームショウ自体はハイパー楽しかったんですがなにかこれくらいライブハウスを一般化できない方法はないもんかなぁと考えながら歩いた日でもありました。
インディーズな同人活動であんだけコミケで人が集められるんだ。不可能でないはず
その後、大内家でウルトラQの試写会にお邪魔し、バルンガの回が素晴らしすぎてそんな事はすぐに忘れた


FMWについては後日

imamon at 03:07コメント(0) この記事をクリップ!

2011年09月14日

フルメタルハガー


先週は仕事の関係で練習の予定があわなかったりサポートの練習も諸々の事情でなくなったりしたので上野の恐竜展に行ったり日本橋にアクアリウムを観にいったり映画をみたりして過ごした。
ティラノサウルスには体毛が生えてたという説に興奮する
ホステルというホラー映画を観る。
性欲にまみれた男達が惨殺されるというバカグロイ話。登場する日本人女性が可愛かったけどスタッフロールみたら日本人じゃなかった。

基本的に本を読む習慣がないので漫画や小説に全く詳しくないが音楽は普段聴くし映画もそこそこ観る。
ゲームもするしアニメも観るけどフィギュアやプラモとかにはあまり興味が沸かない
動物園や水族館は好きだが博物館や美術館はあまり行かない。
これは目で追うモノが止まってるか動いてるかという事に関係してるような気がしてるんだけどどうなんだろう。

金曜日は仕事後に渋谷で某バンドの曲作り。
「バンドを辞める日」という曲を作る。この人の才能、凄いと思うんだよなあ
久しぶりにこんなゆっくりで普通の8ビートを叩いた気がする
引き算なアプローチは自分にとっての今後の課題。
足し算的なドラムはやめる気はないです。用は使いどころなので。


新宿URGAでギター大学のサポート

一回しかできなかった練習(ギター不在でしかも新曲有)の割にはそれなりにできた反面、もっと練習すればやれた悔しさもヒドい笑。
最近使っているパールのブラスの調子は良かった。imamonでは全く使い物にならないスネアなんだけど。
本番前になまさんと二人でURGA前の公園でホームレスが徘徊する中でアンプラグドギターと口ドラムで練習したのは良い思い出

「マスシンさんはドラムの時だけカッコイイですね」
…OK、多分それでいいんだと思う
imamonより良かったという複雑なご意見もいくつか頂き、どういう意味なのか小一時間考えたがimamonでの自分のフレーズ不足と好みの問題と考えておく。今後もギ大をやるかどうかは未定だけど正直この猛者のような人達とやっていくのは相当な精神力が必要な事がわかりましたよ、えぇえぇ。練習入れねェ!笑

色んなサポートをやってて思うのはドラムを探すのって大変なんだなあ、と
ドラムがいなくなってバンドが止まってる期間とか嫌だろうなあ
続ける為のバンドとかステップアップする為のバンドとかそんな単純な問題でもないけど

とにもかくにもゲスバンドのファイナルファイトという曲がドロドロしててカッコイイ。
デヤー

osou

トリプルファイヤーとうるせぇよも安定したカッコよさだった

打ち上げでは下ネタゲス下ネタゲスなボーイズトーク
今回でなまさんがかなり好きになりました

女の子に傷つけられた男の子は誰よりも優しくなっているような気がする
なんとなくだけど


次回ライブ予定

9月17日(土)渋谷乙EVIOUS企画
「ノーガード戦法」
imamon/EVIOUS/Dots Dash/大車輪/ALL IS VANITY/sorrys!
open/start 17:00/17:30
adv/door 1500

imamon at 06:26コメント(0) この記事をクリップ!

2011年09月05日

大阪よ、私は帰ってきた

大阪狩りvol2かましてきました

今回はそれ以染にベース、ミッチー氏のステップラヴワゴンにポテコムジンとタカシ君であいのりしてきました。
お世話になります!
台風が近づいてる中、気持ちだけは「降水確率10%」でいざ出発

台風に煽られ、20m先が全く見えない豪雨に横風吹き荒れるカーブ!
そしてマリカー64のキノピオハイウェイのようなトラックの数、横転されたら死ぬ!
車内BGMはラルクのDrivers High!「来世でまた会おう!YEAR!」

そんな状況でもそしらぬ顔で突っ切るミッチー氏の操舵能力と生まれつきのスピード狂ぶりには本当に感銘した。
氏曰く、前回の大阪の遠征の嵐に比べればどうってことなかったらしい…この人凄い

マツイ君が同郷と知ってなんとも親近感
「N−18」とか「vanvan」の単語をこんなところで聞くなんて思わなかったよ
都内になかなかいない石川出身バンドマン

そんなわけで夜明け前に大阪到着、夜光バスより速くて安い!笑

初のワールドスパで宿泊
漫喫より格段に安く、風呂がひたすら広い桃源郷だった。温泉最高。

朝、ジョン遠藤組と合流して皆でお好み焼きへ
ポテコムジン、imamon、それ以染、皆で一つのテーブルに箸でつつく様は実にツアーらしい光景だった。
大西いなかったけど

リハ前は別行動で解散になったのでここぞとばかりにまんだらけでオタク充
俺は何時間でもここにいられる


NCM_0019


買った聖剣2とエスカフローネのサントラ
菊田裕樹氏のわずか1,2分の曲の世界観と情報量の多さといったら



NCM_0012


大阪狩り東京代表のトップバッター
性欲バズーカ、ポテコムジン!
間違いなく今日のベストアクトだった!

NCM_0015


大阪狩り狩り代表、もはやお世話になり過ぎfragile!
最後DMBQばりにギターを咥えるミナミ君の姿にトキめく


自分のライブとしてはだいぶテンション上げすぎた。あがらざるおえなかった。
ライブ後に音源買ってくれた人に三重県から観に来てくれた19歳のバンドの子もいてこれは嬉しい

「KINKAKUZIやらないんすか?」
「音源出さないんすか?」

多分この日で6人くらいの人に言われましたがそれは僕が一番知りたいです…笑←笑えない



打ち上げではなぜかモーモールルギャバンのゲイリーさんがいて話しかけたら接吻された!
ダーヤマ君とつけめん屋でサシでリズムについて話し合う
真面目なドラムの話に対して自分の引き出しのなさをなんとかしたい

打ち上げも半ばにポテコム以染号の車窓から大阪を後にした。



NCM_0018


ツアーらしい写真
ポテコムジン、fragile、タカシ君、ミッチー、対バンや大阪の皆様ありがとう!



帰って野方のスタジオで練習、色々と悪企みする。
この人のソロを観て以来、後ろでドラムを叩けたらと思っていただけにこれは嬉しい

いろんな音楽や楽曲に対して、ドラムで自分なりの答えを探し出す作業が楽しくてたまらない。


imamon at 04:05コメント(0) この記事をクリップ!

2011年08月27日

8/25と8/26




8\9にサポートで叩いたオサムアカバネのライブをex. ヒダリキキのマツイ君が撮ってくれたのであげました
局地的(笑)に大反響!(笑)
神曲(ネ申曲)「SYMPATHY OR DIE!!!!」
開始1分足らずで既にヤバい!!

個人的にこの曲はギターレスのダンスビートやバネ氏のピンボーカルのパフォーマンスに隠れがちだが真の良さは切実なくらいにポジティブな内容の歌詞にあると思います(ガチで)



8\25
ギター大学のサポートで新宿アンチノックでライブをしてきました。実に約3年ぶり
自分の結果としては、、、改めてフジタリさんの千手観音ドラムはすげえなと
後半で持ち直した感はあるが今度滝に打たれようと思います
ライブ始まる前のなまさんの人形劇には吹いた
対バンのplat home nineさんやお客さんとしていたsmash funny stoneの人がimamonのドラムだった事を覚えていてくれて嬉しい。お互い実に珍しい所での対バン、9/25のゲスバンド企画でも対バンします。

ライブ終わって夜勤明けからの酒からか、どうやら楽屋前で三時間くらい寝てたらしく、最終的に起こされてゆり花さんらと横山さん&美穂子さん夫妻の宅にお邪魔してスマブラ&マヴカプ3を共に夜通しやり続けた。
すんません、お世話になりました。

8\26
秋葉原グッドマンでimamonライブ
若干客の雰囲気に飲まれてしまったが個人の出来としては楽しかった。
最近は周りの音が良いせいか、ドラムは一歩引いて叩くのがカッコいいと思うようになったのか
落ち着きつつも心地よいテンションで叩けるようになった。グッドマンの音はやはりいい。
カシマさんからありがたい言葉を頂き、少し距離が縮まったような気がして嬉しい。
グッドマン界隈の存在としてそこまであの人と距離を縮めるべきではないと勝手に思っているけども(重鎮的な意味で)
この雨の中で知らないお客さんが3人来てくれてて誰だったんだろう?普通にお話してみたかった

明日もimamon練習後にギター大学のライブ、
今年の5月くらいはめちゃくちゃライブを観にいってたような気がするが
今月はスタジオやライブやサポートで連日ドラムを叩き続けた月だった
ほんの少しくらいは経験値あがってるかな。。。。
疲れはするが嫌と思ったこともなく充実している。

もうすぐ27歳、三十路を前に今になって生き急ぎ、覚醒しだした毎日
今は素直にその楽しいと思う衝動に従ってみよう。色々と老いる前に…
(無論、迷惑をかけない範囲で)


あ、ついに文明の利器、スマートフォンを購入しました。(スマホと略すことになんとなく薄皮一枚分のプライドがある)壊れるのが怖いんでGzoneの防水耐衝撃のヤツです。
イカツいですがSFや特撮に出てきそうなゴツいデザインが最高!



imamon at 04:05コメント(0) この記事をクリップ!