今村記念クリニック小児科からのお知らせ

秋田市追分にある今村記念クリニック小児科からのお知らせです

感染症・ワクチン・診療情報 2021.4.15

新型コロナ対応のため、午前は一般診療午後は乳幼児健診・ワクチンとなっています。コロナワクチン集団接種出向等で変更となる場合もありますので、「小児科カレンダー」をチェックしてからご来院ください。健診・ワクチンと同時に定期処方も可能です。
(健診・カウンセリングの方はカルテが出ていますので直接小児科受付へいらしてください)
いつもと違う発熱や咳等の症状で受診をためらわれる方は、まずはお電話で様子をお聞かせください。


乳幼児健診(要予約:午後1時半〜2時半)
ワクチン(予約不要:
午後1時半〜受付・2時半〜接種)

日本脳炎ワクチン供給量減少により、今年いっぱいは在庫が少なくⅠ期接種の方のみに日本脳炎ワクチンを限定しています(2021/04/19に秋田市外在住の方用の日脳ワクチンの在庫が終了しました)。今年接種できなかった方は2022年以降、特例接種できることになります。
(接種年齢がギリギリで県外に行かれる等の方は接種できる場合もあります。これまでの特例接種含め、対象範囲が複雑なので窓口でご相談ください)

1・4・7・10ヶ月・1歳半・3歳健診、すべて予約で実施しますが、追分保育園など嘱託医となっている園の入所時等の健診は、体重身長頭囲の計測済みであれば午前・午後に予約なしで受けられます。

お車でいらした方は車内で待機していただき、最低限の人数でご来院ください。待合室は整形外科や歯科受診の高齢者と一緒になっており、感染リスクを減らすためとご理解ください。

ただし、喘息やアレルギー、便秘など慢性疾患があり、定期処方の方は午前中にお電話いただければ処方箋を薬局にFAXいたします。原則として会計後に処方箋をお渡しいたしますが、場合によっては直接薬局で処方を受けることも可能です(あらかじめかかりつけ薬局におたずねください)。その場合のお会計は患者様の少ない受付時間内か、次回来院時におねがいいたします。定期処方でなくとも1ヶ月以内に処方を受け、同様の処方が必要な方もご連絡ください。症状をお伺いした上で薬局に処方箋をFAX・患者様の少ない受付時間内に会計が可能な場合もあります

受付・診療時間はこれまでどおりで、土曜朝のワクチン・健診は休止しています。
原則として近隣地区以外の新患の方、および2週間以内に県外移動歴のある方も受付・付添をお断りしています。

インフルエンザ等の迅速診断や吸入などの処置は最低限としております。

新型コロナウイルス感染症の方がいらした場合などの緊急用に、LINE等によるオンライン診療の準備をしています。ビデオ通話によるオンライン診療を希望される場合は、医療法人久幸会のメールフォームより(ご家族の氏名・メールアドレス・携帯電話番号・住所を入力し、問い合わせ内容欄にオンライン診療希望の旨・その理由・お子さまの氏名・生年月日・診察券番号)をお知らせください。

《その他の感染症・こどもの病気情報》 

 秋田市内でRSウイルス感染症やノロウイルスが流行している園が増えています。追分地区でも感染性胃腸炎が増えてきました。今季は今までインフルエンザの発生はありません。
 月・火曜に臨床心理士による発達検査・カウンセリングを行っています。不登校や発達相談などの児のカウンセリングが増えています。発達や心の問題などご心配があるかたはご相談ください。
 HPS(ホスピタルプレイスペシャリスト)の小山先生が診察のお手伝いをしてくださっており、日程調整中です。

《ワクチン情報》


日本小児科学会の予防接種スケジュールです。

小児科学会推奨 予防接種スケジュール
任意接種となりますが、3種混合ワクチンを5歳以上7歳未満に接種、また11-12歳で2種混合ワクチンの代わりに3種混合ワクチンを接種することが推奨されています。

◎B型肝炎定期接種3回目は1歳前に、水痘定期接種2回目は3歳前に必ず受けてください。接種漏れの方が時々おります。
市町村別助成情報
☆井川町ではムンプスと水痘ワクチンの助成があります。
☆潟上市ではムンプスワクチンの助成があります。

■予防接種を受ける小学生以下の方は必ず母子手帳をご持参ください
■ヒブ・肺炎球菌ワクチン未接種で5歳未満の方は早めの接種をお勧めします。
■ロタウィルスのワクチンは、2回経口接種のロタリックスと3回経口接種のロタテックがあります。腸重積の副作用を避けるため乳児期早期(1回目は生後6-12週で遅くとも16週までに)に接種します。ロタリックスは常時在庫しております。 
■子宮頚癌ワクチンは接種のご希望があればお取り寄せいたしますのでお知らせください。
■健康な方には同時接種をお勧めしています。一度に3種類、4種類を接種される方も増えてきています。 
 
《診療・健診情報》 

■2021年5月の小児科カレンダーを更新しました。
新型コロナワクチン集団接種がはじまり、スタッフが出向予定です。診療予定が急に変更になる可能性があります。カレンダーをチェックしてからご来院ください。
■隔週土曜休診・週1回午後休診となります。ご協力をお願い致します。
■学校・保育園の健診や井川町の集団健診出向などにより、午後のワクチンが3時からの日があります。カレンダーをご確認ください。

日本脳炎ワクチンが在庫のみになりました

以前にもお知らせしましたが、阪大ビケンの日本脳炎ワクチン『ジェービックV』製造ラインで問題が生じ、製造を一時中止しています。流通中の日本脳炎ワクチンにはもう1種類、KMバイオロジクス『エンセバック』があり、当科ではこちらを使用していますが供給量が減少し、入荷がゼロになっています。
在庫ワクチンがなくなり次第、日本脳炎ワクチンの受付を休止いたしますので、ご理解をよろしくお願い致します。

感染症・ワクチン・診療情報 2021.3.15

新型コロナ対応のため、午前は一般診療午後は乳幼児健診・ワクチンとなっています。感染症の流行状況により変更となる場合もありますので、「小児科カレンダー」をチェックしてからご来院ください。健診・ワクチンと同時に定期処方も可能です。
(健診・カウンセリングの方はカルテが出ていますので直接小児科受付へいらしてください)
いつもと違う発熱や咳等の症状で受診をためらわれる方は、まずはお電話で様子をお聞かせください。


乳幼児健診(要予約:午後1時半〜2時半)
ワクチン(予約不要:
午後1時半〜受付・2時半〜接種)

日本脳炎ワクチン供給量減少に伴い、当分の間(おそらく2021年の1年間)、免疫のないⅠ期接種の方のみに日本脳炎ワクチンを限定しています。Ⅰ期追加やⅡ期接種の方で今年接種できなかった方は2022年以降、特例接種できることになります。
日本脳炎ワクチンⅠ期追加とⅡ期接種のために受診された方には、延期をお願いすることになりますので、ご協力をお願い致します。
(接種年齢がギリギリで県外に行かれる等の方は、追加とⅡ期を接種できる場合もあります。これまでの特例接種含め、対象範囲が複雑なので窓口でご相談ください)

1・4・7・10ヶ月・1歳半・3歳健診、すべて予約で実施しますが、追分保育園など嘱託医となっている園の入所時等の健診は、体重身長頭囲の計測済みであれば午前・午後に予約なしで受けられます。

お車でいらした方は車内で待機していただき、最低限の人数でご来院ください。待合室は整形外科や歯科受診の高齢者と一緒になっており、感染リスクを減らすためとご理解ください。

ただし、喘息やアレルギー、便秘など慢性疾患があり、定期処方の方は午前中にお電話いただければ処方箋を薬局にFAXいたします。原則として会計後に処方箋をお渡しいたしますが、場合によっては直接薬局で処方を受けることも可能です(あらかじめかかりつけ薬局におたずねください)。その場合のお会計は患者様の少ない受付時間内か、次回来院時におねがいいたします。定期処方でなくとも1ヶ月以内に処方を受け、同様の処方が必要な方もご連絡ください。症状をお伺いした上で薬局に処方箋をFAX・患者様の少ない受付時間内に会計が可能な場合もあります

受付・診療時間はこれまでどおりで、土曜朝のワクチン・健診は休止しています。
原則として近隣地区以外の新患の方、および2週間以内に県外移動歴のある方も受付・付添をお断りしています。

インフルエンザ等の迅速診断や吸入などの処置は最低限としております。

新型コロナウイルス感染症の方がいらした場合などの緊急用に、LINE WORKS等によるオンライン診療の準備をしています。ビデオ通話によるオンライン診療を希望される場合は、医療法人久幸会のメールフォームより(ご家族の氏名・メールアドレス・携帯電話番号・住所を入力し、問い合わせ内容欄にオンライン診療希望の旨・その理由・お子さまの氏名・生年月日・診察券番号)をお知らせください。

《その他の感染症・こどもの病気情報》 

 溶連菌感染症・アデノウイルス感染症が散発しています。感染性胃腸炎が増えてきました。今季は今までインフルエンザの発生はありません。
 月・火曜に臨床心理士による発達検査・カウンセリングを行っています。不登校や発達相談などの児のカウンセリングが増えています。発達や心の問題などご心配があるかたはご相談ください。
 HPS(ホスピタルプレイスペシャリスト)の小山先生が診察のお手伝いをしてくださっており、日程調整中です。

《ワクチン情報》


日本小児科学会の予防接種スケジュールです。

小児科学会推奨 予防接種スケジュール
任意接種となりますが、3種混合ワクチンを5歳以上7歳未満に接種、また11-12歳で2種混合ワクチンの代わりに3種混合ワクチンを接種することが推奨されています。

◎B型肝炎定期接種3回目は1歳前に、水痘定期接種2回目は3歳前に必ず受けてください。接種漏れの方が時々おります。
市町村別助成情報(インフルエンザ以外)
☆井川町ではムンプスと水痘ワクチンの助成があります。
☆潟上市ではムンプスワクチンの助成があります。

■予防接種を受ける小学生以下の方は必ず母子手帳をご持参ください
■ヒブ・肺炎球菌ワクチン未接種で5歳未満の方は早めの接種をお勧めします。
■ロタウィルスのワクチンは、2回経口接種のロタリックスと3回経口接種のロタテックがあります。腸重積の副作用を避けるため乳児期早期(1回目は生後6-12週で遅くとも16週までに)に接種します。ロタリックスは常時在庫しております。 
■子宮頚癌ワクチンは慢性疼痛などの副反応対応で接種を控えていましたが、ご希望があればお取り寄せいたしますのでお知らせください。
■健康な方には同時接種をお勧めしています。一度に3種類、4種類を接種される方も増えてきています。 
 
《診療・健診情報》 

■2021年4月の小児科カレンダーを更新しました(4月は土曜の休みが多く申しわけありません)。
新型コロナ対応のため、診療予定が急に変更になる可能性があります。カレンダーをチェックしてからご来院ください。
■隔週土曜休診・週1回午後休診となります。ご協力をお願い致します。
■学校・保育園の健診や井川町の集団健診出向などにより、午後のワクチンが3時からの日があります。カレンダーをご確認ください。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ