いわさきよしやブログ

伊万里から情報発信しています♪

ブログは感ずるまま、マイペースで運用します。
見たい方のみ見ていただければ幸いです。
その中でも、皆様のお役に立つかもという内容については、Facebookなど他のSNSにもシェアしていきたいと思っております。 岩崎義弥 


やきいも屋が、市民の皆様のお世話をやかせていただくようになり、4年が経とうとしています。

そして昨年、伊万里市では16年ぶりに市長が変わりました。今まで通り私らしく、市長とは緊張感と適正な距離感を保ち、議論や提案することで伊万里市を良くしていくのが私の「使命」です。

最近では「市政の便利屋」として、直接お電話がかかってくることも増え、喜んでおります。
市役所窓口への付き添いのご依頼も増えてきました。お困りごとやご相談に対して、動き、調査することで、学ぶことや改善することが多くあり、その改善の積み重ねが、市民福祉の増進につながると信じています。
市政の問題なのか、県なのか、国なのか 担当・所管など、わかりにくい問題もあるかと思いますが、お気軽にご相談ください。

この4年、伊万里市議会では様々な「改善」が続いています。
市民と議会との約束である「議会基本条例」がつくられ、新しい形の「市民との意見交換会」が始まり、いただいたご意見へ「回答」させていただきました。
ご意見は委員会、そして各議員が一般質問でも積極的に取り上げ、市政に反映させていくことが大切です。
議員の定数も次の選挙から3名削減の21名にすることが決まり、政務活動費の報告書もインターネットで公開することになりました。
一般質問も今まではケーブルテレビの録画放送を見逃すと議事録が発行される3ヶ月後まで内容を確認することができませんでしたが、他の議会で導入されているような数百万もする高額なシステム費用を
かけることなく、伊万里ケーブルテレビジョンさんと市情報広報課のご協力と、YouTube(ユーチューブ)を活用し、議会終了後インターネットで見ることができるよう私から提案し、
議員有志の方々のご協力で実現しました。
今後も改善を続けていく伊万里市議会でありたいと思います。

市長から提案される施策や条例、人事の「チェック」をし「最終決定」するのは市議会です。決定までに調査・研究し、しっかりと議論し決めていくことが大切です。

市民の皆様には、その最終決定をする議会の構成員「議員」を選び、落とす「力」があります。良く見極め、「選挙」でその力を行使してください。

「市議会から 伊万里市を良くしていきます」

今後ともよろしくお願い致します。

※ホームページでも最新情報を配信中!「いわさきよしや」で検索♪

2018danjou

台風25号が通過した直後に消防巡回、翌日 大川内町内に被害がないか巡回しました。



市村区の大山(うーやま)は、雨風雪がひどい時には特に気になる場所です。

岩谷区から大川内山へ抜ける腰岳~青螺山線では折れた枝などが多く、途中で止まりながら除去。

15389260678562


写真:市民で植えた腰岳の「千本桜」、今では管理がされていないようで残念です。



ナビがこちらを案内してしまうようで、登ってきてしまった車には、「こちらから行くと折れた枝などで車にキズがつく恐れがあります」と説明して引き返していただきました。

15389260814923


岩谷区に設置されていた腰岳~青螺山線から「大川内山」に案内する看板は大川内山の窯元さんたちからの要望もあり撤去してもらいましたが、観光道路として活かすのかどうか…道路管理にはお金がかかるため、これからの運用や在り方を考える時期にきていると思います。

道がせまく支障木などで車がキズついてしまうことを考えると、注意看板など何かしらの対策が必要です。

市道の瑕疵は市が責任を問われます。



途中、顔見知りの住民の方と立ち話をする中で相談や要望も受けました。

…市職員と同じ作業服(防災服)のため、市の職員と思われている人も多く、頑張りが足りないなぁと実感しました。



15388835141970


大川内山ではカマキリがお出迎え、写真撮影をしようとしたら、うしろに回り込まれて焦る焦る^^;

背後を取るとは、さすがカマを持った戦闘タイプの昆虫です。



町内を車で回るだけでも半日かかります。

災害など被害報告は区長さんに必ずお願い致します。



大川内町では議員が3人いた時代もあり、私1人では目が届かないこともあるかと思いますが、一所懸命に動きます。

何かございましたらお気軽にご連絡をください(080-5600-4485)

15388003455130


9月議会 一般質問が YouTube動画で公開されました⏩ https://youtu.be/Y8_Fpm0sOmg

Screenshot_20181001-214809




決算特別委員会実施による会期延長のため、市議会だよりの発行が11/1となります。その間にも大雨が発生する可能性がゼロではありませんので、要約して掲載致します。

「豪雨時の避難所」 岩﨑 義弥

質問 避難誘導、避難所の課題。

答弁 総務部長
 防災行政無線などによる周知の他、市から公民館、各行政区の区長へ情報を伝達し、自主防災組織が避難の呼びかけを行った。また消防団においては広報活動、避難誘導をした分団もあった。避難時に必要な災害備蓄品については周知を図っていたが、何も持たずに避難された方が多数いた。改めて周知を図り、自主防災組織へのアンケートの回答をふまえ、今後のどのような対応が必要か検証したい。また自治公民館などに避難された方などの把握が充分ではなかったため、自主防災組織から市への連絡責任者の配置をお願いした。

質問 備蓄品は足りたか。

答弁 総務部長
 食料品、飲料水、毛布が不足し、応援協定を結んでいる民間業者からの購入や県の備蓄品を借り受けて対応した。来年度の予算編成で増やすことを検討中。

質問 川が近い場所などを豪雨時の避難場所にすることについて。

答弁 総務部長
 国県などのすべての要件を満たしている場所を指定避難所としている。川が近いなど不安な場合は、開設されている他の指定避難所も利用できるので、ご自身が安全と思われるお近くの指定避難所に避難をしていただきたい。

質問 改善への市長の考えは。

答弁 市長
 昭和42年の大水害よりも雨の量は多かったが、街の中については被害が少なかった。先人の皆様の被害防止への努力があったからと感謝している。日本全国、災害が起こっている。市民の皆さんにお願いしたいのは、よく自分の住む場所を知っていただきたい。行政区で作成された「わがまち・わが家の防災マップ」、「重ねるハザードマップ」など、市の防災危機管理課の職員から丁寧に説明させるので遠慮なくお問い合わせを。避難の際は各自で備蓄品を持参していただき、自助・共助のご協力をお願いしたい。今回の災害であきらかになった課題に、私も職員もしっかり取り組んでいく。

(最後まで お読みいただき、ありがとうございました)


NHK大河ドラマ「西郷どん」に山岡鉄太郎が登場しましたね! のちの伊万里県 権令 山岡鉄舟 です^^


15382814136490




伊万里県ってあったの?

と、「?」な方もいらっしゃるかもしれませんが、あったんです。



身長188センチ、体重105キロ、剣・禅・書を極め、その人間性は、西郷隆盛をして「金もいらぬ、名誉もいらぬ、命もいらぬ人は始末に困るが、そのような人でなければ天下の偉業は成し遂げられない」と賞賛。

鉄舟が亡くなった際には「鉄舟のいない世の中は、生きるに値しない。」と殉死者が出るほどの人物だったようです。

山岡鉄舟 Wikipedia ⏩ https://goo.gl/6sy6yB



昨日、伊万里市街地にある「永楽屋」さんと鉄舟の話で盛り上がりました。

15382383681860


永楽屋さんには鉄舟の書「富士山図並和歌」が飾られています。

15382385718211


富士山がある静岡では静岡県権大参事、それ以前にも幕臣の救済事業で茶の生産を助言したようです。

人から頼まれれば断らずに書を書いたという山岡鉄舟。



平成23年12月~1月、佐賀県立美術館「伊万里県 権令 就任 140年 記念特別展」が開催されていたようです。

15382831704930


15382831789941




大河ドラマで「山岡鉄舟」が題材になるといいなぁと思いながら、

今宵はここらでよかろかい(*’ω’*)




維新博に行ってきました。

平日でしたので、混まずに見ることができました。

佐賀県民として知っておきたい歴史を、幅広い年代にわかりやすく伝える工夫がされていました。

肥前さが幕末維新博覧会 ⏩ https://www.saga-hizen150.com



15380201233340




伊万里の市議としては、各市町の紹介や展示などのバランスをどうしても見てしまうのですが、焼き物だけを見ても…有田焼が多いなぁ^^;



幕末から明治にかけて、新政府側、旧幕府側、多くの命が失われました。

共に諸外国からの脅威の中、日本のためにそれぞれの立場で戦われたことを忘れてはなりません。



旧 幕府側として最後まで戦い続けた会津では「会津若松市戊辰150周年記念事業」が行われています。 ⏩ http://boshin.city.aizuwakamatsu.fukushima.jp



11/11(日)は「伊万里の日」として『伊万里お菓子祭り』が開催され、森永製菓のキョロちゃん、いまりんモーモちゃんとのジャンケン大会、お菓子のタワーが登場、お菓子の詰め合わせが当たる謎解きゲーム、大坪小学校児童による「森永太一郎 氏」についての発表、同会場では佐賀新聞社イベントとして、竹本健治 氏、綾辻行人 氏、有栖川有栖 氏による「ミステリークロストーク」、絵本おゆずり会、ハイハイレースなども開催されます。

上記イベントにつきましては、詳細が確定しましたら、またお知らせをしたいと思います。

↑このページのトップヘ