2018年がスタートしました。

社会の変化はますます早く、激しくなっています。
昨年、キーワードとして”スモールマーケティング”を掲げました。つまりシンプルでコンパクトなマーケティング活動をスピーディーに進めて行くことでした。


今年のキーワードは”合成(synthetic)”としたいと思います。
合成には「二つ以上のものを合わせて一つの状態にすること」という意味があります。
よく似た言葉で、結合(合わさって一つになること)や融合(とけあって一つのものになること)そして少しニュアンスが違いますが、連携(一つの目的のために一緒に物事をすること)など、ビジネスで聞き慣れた言葉があります。

なぜ、ビジネスであまり使われない”合成”をキーワードにしたのかというと、合成には躍動感があるからです。
たとえば、化学合成(chemical synthesis)を例にとると、
化学合成は、物質と物質を幾度となく化学反応させ新しい化合物をつくります。化学反応プロセスは、目的の化合物ができるまで何度も繰り返されます。面白いのは、この過程で思いがけない化学反応が起こり新化合物が生まれ、それが商品になることがある点です。
反応させる物質の組み合わせなど条件を変えることで、アウトプットが変わり、時には思いがけない結果を得ることができるダイナミズムが合成にはあります。

合成はビジネスに応用できます。
デジタルとアナログ、論理と感性、バーチャルとリアル、などの対極的な文字が躍る混沌としたビジネスの現場で、私達は、日々様々な局面で果敢な意志決定が求められます。その時に、白黒付けて岐路を選択するのではなく、重要な要素を”合成”し新たな路を切り拓くことが必要なのです。


何と何を合成するか(X合成:エックス合成と呼びたいと思います)

その1
マーケティング×デザイン
マーケティングは、マーケティングマインドにもとづいた商品が売れるための仕組みづくりです。
デザインは構造や形態、図案や意匠の表現だけでなく、ものやことの企画や構想をまとめ表現することにも用いられ、イノベーションの実現手段、社会課題の解決の手段として注目が高まっています。
ユーザ目線での観察を重視し新たな意味を創造するデザインの力を、論理的に市場を把握し分析、価値提供の方法論を言語化するマーケティングと”合成”することで”新しい何か”を創りだすことが期待できます。
実ビジネスにおいて、私達は正解を求めがちですが、あえて”正解を追わず”何かを創り出す気概を持つことです。


その2
先端技術×職人技
科学技術の発展により社会が豊かになりました。これからも、それは続くでしょう。
だからと言って、これまで培った職人や現場の経験や勘を切り捨てるのではなく、しかし、それに頼りきるのでもなく、先端技術と職人技を”合成”する技を磨くことが大切です。
日頃から、常に外にアンテナを立て先端技術の動向をウォッチし関心ある技術は、評価し取り込む積極的な行動が新ビジネスに通じるのです。


その3
ハード×サービス
製造業のソフトの大切さについては以前ブログに書きました。
製造業にとってサービスはややもするとハードを売るための手段として位置づけてしまいがちです。
今後はハードとサービスを別々のものと考えず、両者を”合成”しNEWハードをめざすのです。
NEWハードにはユーザーの利便性やワクワク感を高める情報や知識を組込むことも一つの手です。近年急速に普及しているIOT技術を取込むことで、従来なし得なかったモノヅクリが可能になるのです。

X合成の例として、
1.マーケティング×デザイン
2.先端技術×職人技
3.ハード×サービス
以上の3点話しました。
合成の種類は事業の状況により変わります。
オリジナルな合成にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

本年もどうぞよろしくお願いします。