11/5〜6とNPO法人近畿エネルギー環境高度化推進ネットワークの
九州視察イベントに参加しました。

視察先は、
「みやまスマートエネルギー」
「バンブーマテリアル」
「北九州エコタウンセンター」
「北九州イノベーションギャラリー&北九州市環境ミュージアム」
「安川電機ロボット村」
と再生可能エネルギー・資源リサイクル関係の分野とロボット関連のどこも精力的に
ビジネスを進めている企業・団体ばかりで、濃密な2日間となりました。

写真1エヌエスウインドパワーひびきの風力発電1.5M風力発電
20181106v1
特に感心した点は、
ビジネスモデルがハードだけでなくソフトがうまく組込まれている事です。
これが、成功の鍵と言っていいでしょう。

エネルギー環境分野のビジネスの発展は
技術革新だけでなく国の制度政策が発展に強く影響されます。
また、生活者がビジネスの成長を加速させることが出来る分野とも言えます。

近年は、持続可能な開発目標(SDGs)が注目されており、
その中には、「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」という目標が明示されています。

私も生活者・ビジネス両面から、これからもライフワークとして追って行こうと思います。


写真2 1901年八幡製鉄稼働のモニュメント、
20181106v2