新江州の森建司前会長(現相談役)の著書「中小企業にしかできない持続可能型社会の企業経営」を、久しぶりに読み直しました。
この著書が出版された頃、森さんは、エネルギー・環境ビジネスの高度化を目的とするNPO-EEネットの会長でよくご一緒させていただきました。

当時は、まだ、環境や自然は対策・保護の対象と捉えられ経済発展とは対立関係に置かれがちでしたが、森さんは、そうではなく、常々、「循環・共生・抑制」(もったいない・おかげさま・ほどほどに)の大切さをお話されていました。

それから時間が経過し、社会環境が変化し、今日では、SDGsムーブメントが高まり、環境・自然と経済の両立は、理想ではなく、社会課題として実現していかなくてはならないものであるという風が吹き始めています。
いよいよ、自然と共生のビジネスデザインが必要になるのでしょうね。


3月14日には、NPO−EEネットの主催するセミナーが大阪で開催されます。

タイトル エネルギー・環境高度化セミナー 「大阪らしさで未来のカタチを創る」

◆開催日:平成31年3月4日(木) 13:30(開場13:00)〜17:00 
◆会 場:阪南大学 あべのハルカスキャンパス 会議室(23F)
◆参加費:一般2,000円:(NPO-EEネット会員及び協賛関係者 1,000円)
◆定員 :50名 (お申し込み順)
◆主催 特定非営利活動法人近畿エネルギー環境高度化推進ネットワーク
    (NPO-EEネット)
後援(予定):近畿経済産業局、大阪府中小企業家同友会
協賛(予定):研究・イノベーション学会(関西支部)、NPO法人テクノメイトコープ、
       ネオマテリアル研究会、島屋ハイテクフロンティア企業交流会

◆スケジュール:
13:30
主催者挨拶 NPO-EEネット理事長 柴田政明(株式会社エイワット代表取締役)

13:35
プレゼンテーションとパネル対談:「大阪を取り巻く状況と展望 」
日々変貌する大阪圏を、<歴史文化/賑わい><地域プロジェクト等経済活動>
<インバウンド観光><企業の海外展開と外国人活用>等の海外との関連の観点
から現況を報告頂き、今後の元気な大阪展望へのマイルストーンを設定する。

<コーディネーター>
●松村嘉久教授(阪南大学 国際観光学部 国際観光学科 / 大学院 企業情報研究科)
<プレゼンテーター>
●齊藤行巨氏(政治と経済研究所 代表)前関西経済同友会事務局長)
●小田切聡氏(株式会社インプリージョン 代表取締役)
●二目真次氏(近畿経済産業局 産業部 中小企業課 総括係長)

15:30
海外との関連においてのトピックス:
講演 嵜Ш爐鬟戞璽垢法環境、エネルギー最先端研究開発へ」
GSアライアンス株式会社(冨士色素株式会社グループ)代表取締役社長 森良平氏

赤色有機アゾ顔料から創業して80余年。各種インキ、各種ナノ材料等は欧米、
アジア、中東を中心に輸出。近年は環境、エネルギーの最先端研究開発へも展開
して新会社を新しく設立。市場規模の大きいグローバル市場展開に注力。



講演◆屮哀蹇璽丱訖雄猩携で、会社が変わる」
株式会社中農製作所  取締役社長 西島大輔氏
創業70年、ベトナム人を受け入れて15年。半導体関連、ロボットなど機械部品の
高度な精密切削加工技術を有するエキスキスパート企業。
東大阪とベトナムの2拠点に生産拠点を設置し、国際分業体制を構築。
       
17:00
閉会 NPO-EEネット副理事長 苗村昭夫(株式会社ユニックス代表取締役会長) 

(終了後、別会場にて懇親交流会予定)



◆セミナー申込み:
お名前、所属、連絡先(メールアドレス・電話番号)交流懇親会有無(3,500円)をご記入の上
NPO-EEネット事務局までご連絡願います。
E-Mail:info@npo-eenet.jp
FAX:06-6765-6312
(エバオン株式会社内)事務局担当 高田・高橋