昨日、帰省先から家路につきました。
新幹線満席でした..。通常の年末年始が戻ってきたようです。

新幹線では、ほっこり体験もしました。
最前列で母親の膝に乗っていた男の子がオモチャを落としてしまい
コロコロと後ろに転がり私のところまで。
私がそれを拾い上げ男の子の所へ持って行こうとすると
前座席の中年男性が手を指し延べてくれ、オモチャをバトンタッチ
そして男性がオモチャを母親へ、母親から男の子へ、オモチャリレー完成です。
母親は私達に丁寧にお辞儀を返してくれ、皆がハッピーに。

何気ない風景ですが、温かい気持ちになりました。

2023年は「温もり」
そのことがあったからではありませんが、
2023年のキーワードは昨年につづき「温もり」にしたいと思います。

2022年は、Withコロナ社会のなかロシアのウクライナへの軍事侵攻によって世界が大きな影響を受け、私達のビジネス、生活がいっそう難しくなりました。
「日本人の6割が生きずらさを感じている。」という調査もあります。
私達が、不安がない状態にあり、幸福感やいい感じ感を持つためにも「温もり」が大切だと思うのです。

新時代社会に「温もり」
そもそも、顧客満足の実現や共感コミュニケーションの推進に「温もり」は重要な要素ですしユーザー中心主義・参画者の共通知を活かすには、一人一人を温もりを込めて大切にすることが必要かと。

そして、岸田政府が掲げる
デジタル田園都市構想、人への投資(人的資本)の実現や、これまで見過ごされていた分野や人(弱者)に対する新サービスの創出には「心のこもった温もり」がなくてはなりません。

心のこもった温もりを灯す
温もりのある社会を目指そうとすると、とても長い道のりのように感じますが、日常の些細なことに「温もり」を心掛ければ、どんどん社会の至る所に広がると信じています。


長寿ラジオ番組「心のともしび」の有名な言葉
「暗いと不平を言うよりもすすんであかりをつけましょう」のように
温もりのある社会なんてムリと思わず、心のこもった温もりを灯し続けたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いします。