ものづくり企業の実践開発マーケティング+プラス

ものづくりの開発マーケティング専門コンサルティングアイマーケ代表の石川憲昭のブログです。ものづくり企業の商品開発、事業開発について、マーケティング視点、現場視点を+プラスして発信します。

カテゴリ : 新エネルギー


2月3日、NPO-EEネット主催のエネルギー・環境高度化セミナーが開催されました。

基調講演は阪南大学元学長大槻眞一先生とネクストグルーヴ足立社長、そして会員企業4社の発表と盛りだくさん、内容の濃いプログラムでした。
EEネット柴田理事長、吉田専務理事はじめ皆さんの尽力のたまものです。

さて、セミナーの内容は割愛しますが、(プログラムを掲載します)
エネルギー関連のビジネスは中小企業にとって成長の機会になると感じました。
これまでもずっと言われてきましたが、新たなステージに向かうのかなと..

エネルギー環境商品が出始めたころは、環境エネルギーの意識が高く知識も豊富な、いわば環境のプロである企業がマーケットを先導し、環境や新エネルギー社会を啓発し、環境・新エネ商品の良さを伝え、重要な役割を果たしてきました。

しかし、環境意識が広まるにつれ、「エネルギー環境商品は、割高であるので、良いのはわかっていても買わない。」という風潮が見受けられるようになりました。
どれだけ環境に優しい商品、省エネに貢献出来る商品でも、そのことに価値を感じない人には、あまり意味がない、ということです。
このステージで新エネ環境ビジネスを断念した企業も少なくありません。

それが、ここにきて、新たな動きが出てきています。
プロシューマ(エネルギーの生産者であり消費者)や地域EMS(エネルギーマネジメントシステム)
の普及です。
これは、脱炭素社会に向けて、エネルギー需要者、供給者という見方にとらわれず、地域で新しいエネルギー社会の形を作っていく動きと言えます。

(ところで滋賀は持続可能社会の形成に積極的に取組まれていましたが、今はどうなのでしょう...)

それはそうとして、
政府がエネルギーの地産地消を政策として掲げるなど、地域EMSについても、やっと追い風がふいて来ました。

地産地消には合理性だけでなく、伝統やコミュニティそして心地よさなど目にみえない豊かさが影響します。
エネルギーを単にインフラとしてとらえず、豊かな地域づくりのプラットフォームを目指して、需要者を巻き込み、地域に根付く企業や行政や学校も一体となった取り組みが必要なのです。

それが、地域ならではのスマートコミュニティの基盤となるのです。

eenet20170203


京都高度技術研究所主催の次世代エネルギー関連の研究会に参加しました。
研究会の副題は「エネルギーの地産地消化と京都が結ぶビジネスチャンス」です。

地球温暖化、資源・エネルギーなどの社会的課題解決として新エネルギー技術の社会実装が開始され
かなり経過しましたが、太陽光発電ブーム以降、その動きも少し穏やかなように感じます。

研究会では、ドイツの地域エネルギー事業や国内の再生可能エネルギー事業の近況に加えて
宮古島市のエネルギー政策、再生可能エネルギーの取り組みについての講演とパネルディスカションがありました。
特に関心を持ったのは、市役所、企業、大学、が一体となりエコアイランドの実現に向け様々な事業にチャレンジしている
宮古島市の事例です。詳細は宮古島市のHPをごらんいただくとして、事例から見えてくるのは、
役所がエネルギー使用者である地域住民の視点で取り組んでいる点です。(当たり前かもしれませんが、なかなか出来ていない。。)
たぶん、このエネルギーが企業や大学を引きつける力となり、プロジェクトを前に進めているのではないでしょうか。

また、企業は社会への貢献意識、存在意義を感じているからこそ、短期的な収益にはつながらなくても続けられるのでしょう。


宮古島市もまだまだ課題はあるようですが、エネルギー政策という枠組みにとどまらず
あらたな視点を組み込み、エコアイランドを作ってほしいものです。
エコアイランドは、エコシステムの視点で技術をビジネス化することが鍵となるのではないでしょうか。。

来週(水)24日〜開催の「びわ湖環境ビジネスメッセ2012」の併設セミナーでスマートコミュニティセミナーが開かれます。

タイトル
「スマートコミュニティ 〜その実例と地域企業の仕事づくりを考える〜」

開催日時
10月26日(金)10:30〜12:30

会場
長浜ドーム セミナー室3

主催
特定非営利活動法人近畿エネルギー・環境高度化推進ネットワーク
(NPO-EEネット)、M・O・H通信

内容
スマートコミュニティの形成には再生可能エネルギーの利用などエネルギーマネジメントシステムが重要です。
また同時に地域の特徴を活かしたコミュニティの活性が必要となります。
本セミナーではスマートコミュニティの形成に求められる地域企業の戦略的企業連携と新たな事業化の可能性、コミュニティにおける人々の暮らしに関わる価値観等のあり方について、事例をふまえて考察します。


講師
[講演1]
竹中篤 氏((一財)関西情報センター(KIIS)理事)

[講演2]
柴田 政明 氏(NPO-EEネット理事長・(株)エイワット代表取締役)

[講演3]
森建司 氏(MOH通信代表者・新江州(株)取締役会長)


環境ビジネス分野に長年携わってきた講師陣のお話は、明日からのビジネス、生活に役立つものです。
まだ、参加可能です。

問い合わせ先
滋賀県中小企業家同友会  専務理事 廣瀬元行
TEL:077-561-5333 FAX:077-561-5334
E-mail:hirose@shiga.doyu.jp

申込みは下記URLからできます。
http://www.biwako-messe.com/seminar/users/entry_input


昨日のゼミナールでは、環境ビジネス特有の構造を理解することを大切さとともに
環境ビジネスに取り組む志の大切さを話しました。

すなわち、どんなビジネスにも通じることですが、
最も大切にしたいことは良き志です。。
いや「良き志」が伴わなければ、無に等しいといえます。
世の中に役立ち、社会の問題を改善する。
そのような気概がないと環境ビジネスを続けていくことはできないのです。

経済的な豊かさと心の豊かさそして環境への配慮
これを同時に実現していくことが求められるのです。

わかっちゃいるけど・・などと弱気にならず
果敢にチャレンジしていきたいものです。

7年前から、エネルギー環境分野の産業創出を目指すNPO-EEネットの活動に関わっています。
NPO‐EEネットは本分野のNPOでは老舗組織で、経済産業省の推進する
産業クラスター計画「近畿エネルギー・環境高度化推進プロジェクト」の推進機関としての役割を
長年担っていました。近年は、近畿の中小企業家同友会の会員を中心に自主自律的な活動を
しており、特に産学官ネットワーク活動により蓄積した新エネルギー環境の
ビジネス・技術の情報や知見を基にしたセミナーや研修に重点を置いています。

その活動の一つが「エネルギー&エコロジーゼミナール2012」で、
ゼミナールでは企業がエネルギー環境ビジネスを進める際に不可欠となる技術とビジネスの
基礎的な知識の習得と実践できる能力の向上をめざします。

本日連続セミナーの一回目が開催されました。

私はエネルギー環境ビジネスプラン演習コースの講師を担当し
私のミッションは、受講生がエネルギー環境分野のビジネスプランの演習を通じ業界動向、
マーケティング等ビジネスの基礎的な知識の習得を果たすことです。

第一回目は、
エネルギー環境ビジネスの特徴とビジネスモデル作成の考え方と基本を説明しました。


エネルギー環境ビジネスは成長産業として注目され、各社新たなビジネスチャンスの発見
に取り組んでいまが、環境ビジネス特有の構造を理解せず、やみくもに事業開発を進めても
成功にはなかな至りません。
環境ビジネスを成功に導くためには、自社の「市場・技術・商品」の足元を今一度見直し
て、事業をふくらませていくことからスタートすることが重要です。
本日参加のメンバーは、フレッシュな方が多く、熱心に話を聞いていただけました。

これからの進展が楽しみです。

エネルギー&エコロジーゼミナール2012

「月刊近代中小企業」2012年2月号特集企画
環境ビジネス成功法則に寄稿しました。


【タイトル】
縮み志向から「ふくらまし志向」へ方向転換しよう
環境ビジネスを成功に導く! 市場探索と感性価値と協力関係

【概要】
今、環境ビジネスは成長産業として注目され、大企業から中小企業まで新たなビジネスチャンスの発見に取り組んでいます。
しかし、環境ビジネス特有の構造を理解せず、やみくもに事業開発を進めても成功には至りません。
では、どうすれば環境ビジネスを成功に導けるのでしょうか?
まずは、自社の「市場・技術・商品」の足元を今一度見直して、事業をふくらませていくことからスタートしてみましょう。

目次
◆環境ビジネス成功と失敗の分岐点

◆環境ビジネス推進の3要素「市場」「技術」「商品」

◆自社の関連業界の中で最適な位置取りをする

◆「商品」が提供する「価値」を明確化する

◆今後求められる「感性価値」に注目する

◆周囲との協力関係が商品力を高める

◆「ふくらまし志向」で環境ビジネスを進める

近代中小企業のHPはこちらです。
http://www.datadeta.co.jp/01-kinchu/index.html


―EEネットオープンセミナー交流会2011―
 「スマートコミュニティを進める」

NPO-EEネットは「新エネルギー・環境分野で産学官の広域的​な人的ネットワークを形成し持続可能な循環型社会を創るため、新​エネルギー・環境高度化の新産業創出と製品化を地域に根ざす企業​と共に実現させ、地域経済の活性化を目指ざす」という基本理念の​もと活動を続けています。
本年は「スマートコミュニティ」をキーワードとして事業を展開し​10月にはびわ湖環境ビジネスメッセにて「スマートコミュニティ​を考える」を題材にセミナーを開催。定員を超える参加者を得、本​テーマへの関心の高さを証明しました。
そこで、本年のオープンセミナーでは、私達が直面する、エネルギ​ー環境問題に対してどのように対していくべきか、各地域の様々な​取組み事例を共有し、地域にあった、地域が主役となる「スマート​コミュニティ」の方向性を展望していきます。
皆さまの来場をお待ちしています。

【EEネット オープンセミナー交流会2011開催概要】
■日 時 2011 年12 月15 日(木)14:00〜17:00 交流会17:30〜
■場 所 大阪府中小企業家同友会 会議室
    大阪市中央区農人橋2丁目1番30号八木ビル4階
地下鉄谷町線「谷町4丁目」駅下車徒歩約5分
地下鉄堺筋線「堺筋本町」駅下車徒歩約5分

■プログラム
14:00〜14:10 開 会
14:10〜15:50 「地域にあったコミュニティの取組み報​告」
(1)滋賀県どっぽ村の取組み ・・・・清水陽介 氏
 どっぽ村 詳細 http://doppo.jpn.org/ 
 自分の暮らしを自分の手でつくる人々が集い、働き、学び、暮ら​す「場」
 
(2)NPO-ワット神戸の取組み ・・・・NPO-ワット神戸​ 泉勇策氏
   ワット神戸 詳細 http://www.watt-kobe.jp/ 
(3)紀州きのこ園の取組み ・・・・蠕亢供
   紀州きのこ園詳細 http://www.1484c.com/​b-jigyousyo.html 
(4)地域EMSプロジェクト ・・・・NPO-EEネット 石川憲昭

「地域コミュニティを支える企業の事例報告」
(5)大阪府中小企業家同友会 会員企業
           
16:00〜17:00 パネル討論
「地域が主役のスマートコミュニティ の方向性」
  事例報告者と会場との意見交換 
17:30     交 流 会

■ 参加費 セミナー 無料  交流会 4000円
■ 定員 60名 先着順
■ 問い合わせ 申し込み
団体名、お名前を記入の上、メールかファックスにて下記宛ご連絡​下さい。
NPO-EEネット 河合 e-mail kawai@osak​a.doyu.jp
TEL 06-6947-7406 Fax 06-6941-8352

このページのトップヘ