柏滞在も、実質残り1日、明日だけです

なんかあっという間に終わってしまった感があって、

少し寂しい気もしますが、また何かの機会で滞在できたらと思います


昨晩は10人ちょっとで居酒屋に行きまして、

キャンパスから公園突っ切って歩いて行ったんですけど、

なんというか土地のスケールがでかいんですよ、柏の葉全体的に。

まず東大のキャンパスでかいでしょ

物性研の建物も、真ん中開けるおしゃれ構造になってるせいで、

中身の割に外見がでかいでしょ

で、公園ね、馬鹿でかい

もうなんか日本じゃないみたいにでかい

この前も「まるでアメリカやカナダみたい」って盛り上がってましたけど、

要は人口の割に土地が余ってるんですよ


で、居酒屋でビール飲んで酔った状態で喋ってたんですけど、

普段より喋れるのな、みんなの言う意味がわかった

日本語で会話してる場で飲むと真面目モード突入でただただ面倒くさくなるんですがw、

英語だと、普段は内容よりも喋ること自体に意識がいっちゃうから、

酒が入ってその部分が曖昧になると、考える前に言葉出るんすよね

よく聞くとぐっちゃぐちゃだけど、

タイミングで喋るからなぜか伝わるという

ほんとはもっと日常的に英語で喋れる場面があるといいんだけど、

今の京都の環境だとそうでもないですからねぇ

一応TeXノートとか発表資料とかは英語で統一的に作るようにしてるけども


あ、それから、なんか今日ツイッターで知ったんですけど、

基研が監修したシリーズが朝倉書店から出るらしいです

http://www.yukawa.kyoto-u.ac.jp/contents/research/detail.php?RID=215

コンセプトは面白そうだし、細道さんの解説は分かりやすいに決まってるんだけど、

ラインナップを見たところ、宇宙系が多くて物性が少ないかなぁ、と思いました

今の所長が宇宙なのもあるのかもしれないし、あくまで現段階のものかもしれないけど。

物性だと誰の解説読みたいかなぁ、とか考えていました

基本的な内容でも専門分野からくる個性が滲み出るようなのがいいし、

そうすると誰かなぁ?って。


人気ブログに参加しています。
クリックしていただけるとランキングに反映されます。
にほんブログ村 科学ブログ 物理学へ