2008年03月31日

Jリーグ序盤戦

08年のJリーグが開幕して早1ヶ月。

優勝候補のレッズやガンバ、川崎は見事にスタートを躓いた。
片や去年の横浜FCのように目立つ降格候補はいない感じ。
混戦模様が漂う08年の始まりか。

東京は監督も変わり、選手も例年に比べ入れ替えは多かったけど、
明らかにここ数年の体たらくとは違う。
まだまだ課題は多いけど、試合自体が楽しい。

好きなチームだから勝ちにはこだわりたいけど、
金払ってまで観るのだからやはり楽しくないと始まらない。

今シーズンは本当に楽しいくスタート出来た感じだ。

やっぱり監督は重要だ。

いくら良い選手がいても監督が駄目なら優勝も無理だし、
逆に選手はそこそこでも監督が良ければそこそこは戦える。
ジェフのオシムを例に出すまでもなく。

東京の城福監督。
過度の期待は禁物だけど、十分に期待はもてそうだ。





2008年02月14日

次々閉店

家の直ぐ側に、肉のハナマサというしょうもないスーパーがあった。
”あった”なので過去形だ。
そう、この2/12で急遽閉店になった。

このスーパーは一般とは違い、「プロ仕様」を歌い文句にした
業務用中心で自社ブランドがほとんど。
よって世間一般で扱う商品が本当にごく僅か。

安いといえば安い。しかし中国産がメインだ。
要は安かれ悪かれと断言していい。
更に業務用なので量が多すぎる。

以前、パスタを作りたくてやむを得なくハナマサに食材探しに行った。
アサリのボンゴレなんて考えたが、アサリが確か10Kgの大袋でしか売っていなかった。
どこの一般家庭で買うんだよ...

今は中国産バッシングの最中。
ニュースに小さく出ていたが、どうやら閉店はその影響が大のようだ。
閉店セールでも、中国産の冷凍インゲンの袋は大量に残っていた。
幾ら安くても買う気はしないでしょう、普通。

結局使えない店だったし、常に”潰れろ”って念じていたら本当に閉店してしまった。
念じれば通じるものだ。
後は一刻も早く跡地に”普通”のスーパーが入って欲しいが..

ここが閉店するのは良いとして、
他にも駅前の本屋、ゲームセンター、ガソリンスタンドなど何気なく店仕舞いしている。
狭いエリアで競争も激しいのもあるけど、やはり皆財布の紐が固いのだろうな。

imas69 at 21:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!日記 

2008年02月13日

遂に国民年金のカード決済開始

去年から噂はあったものの中々具体的な説明のなかった年金のカード決済。
ようやく社会保険庁のHPに説明が出た。

今日は別件で前もって仕事を休みにしたので早速、最寄の社会保険庁へ手続きへ行った。
朝一番で行ったけど、年金相談に10人以上はいたな。
未だに加入記録の確認をしているのだろう。
カード決済は別窓口だったので手続きはあっという間だったし、
ついでに年金の払い込み記録も調べてもらった。

職員の対応が、年金問題で散々叩かれているからか本当に丁寧でかえって恐縮してしまう。

このカード決済、クレジットカードでマイルやポイントを貯めているのなら
絶対にお勧め。(但し自営業者のみだが)

家内と2人で30万以上も払うのだから、結構な金額になる。
我が家はノースウエストのマイルを貯めているので、結構大きい。

いつ行けるか分からないけど、その時の為にマイルを貯めておくつもりだ。

imas69 at 21:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!日記 

2008年02月12日

バイク&天然酵母パン

毎年冬の恒例になってきているバイクのバッテリートラブル。

一昨年はバッテリーの交換で、昨年は充電。
そして今年もエンジンがかからない。
充電するも容量が無い様で、結局バッテリー交換になった。

防犯アラームが何気にバッテリー消費が大きいらしい。
更に冬の間はエンジンしか掛けていなかった。
やっぱり1週間に20km程は走らないと充電しないようだ。

今まで散々お世話になった愛車だ。
少しは大事に乗ってあげないと。
ということでこの寒い冬だけど、週末の1時間程でも乗ることにした。

でもただ乗るのはつまらない。
そこで都内の天然酵母で作られたパン屋への買出しをすることに。
早速昨日は阿佐ヶ谷の”ベーカリー・グッドモーニング”まで一走りしてきた。
ちょっとパンを食べすぎな気がしないでもないけど。

まだ分からないけど、あちこち買いに走っても結局は近所のSanaさんが
一番美味しいって落ち着きそうな気がするが...

imas69 at 21:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!日記 

2008年02月06日

ドカベン

今、東京MXテレビでドカベンの再放送をやっている。
子供の頃、夢中になって見ていたあの野球漫画だ。
さすがに古臭いけど懐かしさの方が強く、結構楽しい。

山田、岩鬼、殿馬、里中...
マンガならではだけど、面白い曲者ぞろい。
今日から明訓高校野球部がスタート。
しかしあれだけ長い放送をずっとやるのだろうか?

そういえば何故か、
うちのチビはエンディングの軍歌のような歌を横ノリで聞いているし。


imas69 at 21:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!日記 

2008年01月24日

城福監督

今シーズンよりFC東京の指揮を採る監督。
Jリーグでの監督経験はない。
よって采配・戦術・選手育成等の手腕は未知数だ。

でも何となく希望が持てる感じがしている。
それは今週のサカダイの今野のインタビュー記事で垣間見られた。

今野は残留の決め手になったのは城福さんとの対談後だと伝えられていたし、
記事でも本人は認めていた。
気になるその対談について、城福さんからは残留要請等は一切なかったらしい。
普通チームの大黒柱の去就の際、如何にその選手が必要であるかを説くと思う。
でも城福さんはそれを言わなかった。

その意図は分からない。
ただ城福さんは自身の描くサッカー像が明確で、
それは選手に合わせたものではない気がする。

だから今野が残留すればそれは最大の戦力であるのは確かだけど、
移籍しても自身の描くプランは揺るがない自信があるのかと感じた。

千葉から移籍してきた羽生にしても城福さんとの対談で移籍を決意したようだし。

いずれにしても前任の原博美は野球で言えば長島のように感だけで行動し、
まるでプランの無い人物だったから、それより悪くはならないと思っているが...


2008年01月07日

一人負け日本

年明け早々日本株は大暴落。
特に1/4はアジア諸国と比べて日本だけ約4%の下落。

一応東証のコメントからは危機感は感じられるけど、後は対策を実行に移すかどうか。
外国人投資家の割合が6割もあり、その動向で左右される現状がそもそもおかしい。
でも日本国民の資産(主に預貯金)が日本株に流れないのも無理はない。

税制面では20%課税にいつ戻るかで政府は動いているし、
今後も少子化、年金、雇用問題などなど、不安と問題だらけ。
更に新興国との成長率を比較したら本当に魅力はない訳で。

構造改革や景気対策ももちろん重要だけど、
個人投資家の数も投資額も増える状況にならない限り、浮上はないと思うが。


2007年12月30日

今野残留&SOCIO更新

一足早いお年玉だな。

まさか今野が東京に残留するとは思わなかった。
今野が移籍してきた04年はナビスコ杯獲得があったけれど、
05〜07年の3年間は毎年残留争いの一歩手前。
チームも他選手もフロントも何もかも低迷するなかで、正に孤軍奮闘で頑張ってきた今野。
今回ばかりは浦和に行くと腹を括っていた。

真意はこれから雑誌などで語られると思うが、今野自身にとっても残留の方が良いと思う。
浦和に行けばタイトルは取れるだろうけど、ただの1選手で終わる可能性もある。
東京にいれば彼中心のチームになるし、彼も去年から勤めたキャプテンとして
より統率力を磨くことで将来の指導者への助けにもなると思う。

福西と非契約したことは今でも納得がいかない。
今野が移籍すれば迷わず年間チケットの購入もやめるつもりだった。
でも彼が残ってくれたことで来年も継続する。

そして2,3月には小平に行って是非感謝の言葉を伝えたい。

新監督の城福さんについては全くの未知数。
でも彼の説得(及び来期へのビジョン)があって今野も残留を決めたのだから、
それなりに期待出来るかもしれない。
もちろんすぐには難しいだろう。
でも原博美よりは頭を使ったチーム作りはしてもらえるのではと期待している。

2007年12月10日

珍しく車の雑誌を見る

美容院での待ち時間と切ってもらっている間に雑誌を見るのだが、
珍しく車の雑誌を読んでみた。

GT−Rが777万円で再登場とか色々出ていたけど、やっぱ他人事だな。
車の無い生活になんの不自由も無いし、費用対効果を考えれば持つ意味が無いのは明白で。

その雑誌で80、90年代の車の特集があった。
ソアラとかレビンとかが出ていて懐かしかったね。
当時は本当にカッコいいと思ったけど、時間が経つとやっぱ古臭いな。

最近の車って車高も高く、大きさもあるようだ。
ホンダのNSKと、そのGT−Rが比較されていたけど、NSXが一回り小さかったし。
それも最近のトレンドなのかな?

いずれにしても最新のGT−Rやその他の車も、数年後には同じ感覚で古臭くなるのだろうか。

そう言えばトヨタで08年以降に発売予定のFRとかいった小型のスポーツタイプの
車は珍しくカッコいいと思ったな。

imas69 at 21:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!日記 

2007年12月09日

佐藤寿人の選択と今野選手

J1、J2入れ替え戦の末、広島はJ2へ降格が決まった。
既にJ2降格が決まっている横浜FCや甲府とは違い、広島はタレントが豊富だ。

日本代表クラス:佐藤寿人、駒野
U22代表:柏木
元日本代表:戸田
アテネ五輪代表:森崎

他にも代表歴はないものの評価の高い服部公太やストヤノフといったメンバーがいる。

J2降格が決まったと同時に、選手の草刈場が始まる。
既に柏木や駒野は、浦和を始め他チームからのオファーが新聞を賑わせている。

当然、FWの佐藤の去就も注目されると思ったが、
昨日の降格が決まった試合後の彼のコメントは本当に泣かせるものだった。

「僕が広島に移籍してきた時、嫌というほど移籍金の話を聞かされ、
多額の金額を使ってまでも僕を獲得してくれたことに恩義も感じている。
J2に落ちたからといって恩を仇でかえすようなことは出来ない。」

要は早々に残留宣言をした訳だ。

J2に落ちればトップレベルでの試合が出来ない以上に、当然金銭面のダウンも否めない。
プロである以上、短い選手生活の間で少しで稼ぎたいのは当然の思いだ。
それでも恩義と責任を感じ、チームに残る意向を示した。

彼の意向は残留でも、チーム側が予算上彼を移籍させるかもしれない。
それでもサポーターとしてはこれ程嬉しいことはないだろう。

うち(FC東京)の大黒柱の今野選手も、残留か移籍(おそらく浦和レッズ)の
選択に迫られている。

残って欲しいのは当たり前だけど、ここ数年の現状から彼が移籍を選択しても
止むを得ないのも確か。

浦和に行けば高いレベルアップは望めるだろう。
ただ今年、彼は東京でキャプテンを初めて任された。
将来指導者を目指すにしても、来年もう1年東京に残って、
プレーだけでなく色んな面でキャプテンシーを発揮し、身に付けるのも有りだと思うが。
浦和に行けばそんなことは気にする必要もないだろうし。

その面(要は”俺がチームを強くする”というやりがいを求める)しか、
残留の望みはないだろうと見ているが...

Profile

imas69

Recent Comments