数年前、アンパンマンにどはまりしていた娘。



一番好きな時期に連れて行ったアンパンマンミュージアムは滞在5時間。



食べるも飲むもそこそこに、どんぶりまんトリオの蓋を開けたり閉めたり、キャラクターと手を繋いでパーク内を歩いたり、あれほど入園料の元をとったことは後にも先にもありません。



アンパンマンとその仲間たち、あなた達がいなければ、私は子育てできませんでした。



いつも助けてくれてありがとう。





そして、今。新たなる救世主、ウタマロ様。

image


毎朝使うので潔く直置きの出しっぱなし。



保育園時代は裸足生活なので、足裏を帰宅後拭いていましたが、小学生になり学童で靴下がかなり汚して帰ってきます。



毎朝ウタマロ様をこすりつけてゴシゴシしてから洗濯機へ。



これだけで随分キレイになります。噂は本物だったなぁ、と実感の毎日。



今はウタマロ様、あなたがいなければ娘の淡い色彩ばかりの靴下を維持することはできません。



きっと長いお付き合いになることでしょう。



……でもね、蓄積された汚れは完璧には落ちません。



他人様のお宅にお邪魔するときは、先方の奥様が我が娘の靴下を見て顔をしかめられぬように、コーディネートに関わらず、汚れの目立たぬ紺色の靴下を履かせているのです。


お許しください。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村