認定NPO法人国際地雷処理・地域復興支援の会(IMCCD)

IMCCD公式ブログです

認定NPO法人国際地雷処理・地域復興支援の会(IMCCD) イメージ画像
カンボジアでの地雷処理活動、日本での平和啓発活動等の様子を皆様にお伝えしていきたいと思います。

当団体HP内 (http://www.imccd.org) で更新していた活動レポートですが、今後livedoorブログで報告して参ります。

過去の記事は以下リンクをご覧ください。

・カンボジアでの活動 ~2016年5月 (http://www.imccd.org/pg321.html
・日本での活動    ~2016年5月 (http://www.imccd.org/pg322.html)

更新情報

2017.5.29(月)今日は、地雷原には道路状況が雨で悪いので入ることが出来きず、処理チームを2手に分け、別々の村の地雷、不発弾の回収作業をやりました。我々は普段はカンボジア政府から指定された地雷原で計画的に地雷除去作業をしていますが、政府から指定されて
『地雷、不発弾の回収作業』の画像

2017.5.9(火)今朝は、地雷原に行く前に爆破準備時の基本作業について「リフレッシュ訓練」をしました。リフレッシュ訓練とは初心に戻って再度訓練することです。地雷の爆破処理に用いる導火線の着火部位の切断要領、高山との意思の疎通確認など安全に作業するため
『リフレッシュ訓練』の画像

2017.4.24(月)バッタンバン州カムリエン郡タッキリーコミューンコンパウ村の地雷原No.40217(55,853m²)に行きました。本格的な雨季になると進入が難しくなる地雷原ですが、暫くはやれそうです。インターン生の中野さんも行動を共にしました。連日
『バッタンバン州カムリエン郡タッキリーコミューンコンパウ村』の画像

4月5日のテレビ朝日「報道ステーション」でIMCCDの活動を取り上げていただきました! 1月にカンボジアのタサエン村に取材チームが来られ、地雷原に案内しました。番組を見た全国のみなさんから、大きな反響を寄せていただいております。取材して下さったテレビ朝日のスタッ
『「報道ステーション」に出演しました』の画像

2017.4.18(火)キャッサバ焼酎「ソラークマエ」は、プノンペンのMOTTAINAI WORLD Co,Ltd に到着し、鴻池運送に受け渡しました。これからシアヌークビル港に運ばれ、海路日本に向かいます。地雷を除去し畑を耕し、キャッサバ芋を植え幾多の困難な状況を克服し、焼酎
『 キャッサバ焼酎「ソラークマエ」いよいよ出港』の画像

2017.4.17(月)キャッサバ焼酎「ソラークマエ」は、これから日本にお嫁に行きます。(工場ではお坊さんにお祈りをしていただきました)10年間村人みんなで育てた自慢の娘です。どこに出しても恥ずかしくない娘の旅立ちをコミューン長、村長他村人みんながお祝い
『キャッサバ焼酎「ソラークマエ」、お嫁に行きました!』の画像

2017.4.14(金)カンボジア正月、元旦。IMCCD現地スタッフ兼通訳のソックミエンの家族と一緒にお寺に。同じ敷地内にある2007年1月に対戦車地雷の爆発事故で亡くなった仲間の慰霊碑にもお参り。村の有力者に出会ったので、今年は村民合同の「慰霊塔」を建設する
『カンボジア正月』の画像

IMCCDでお世話した33番目の井戸が完成しました。この井戸は、愛知県岡崎市の吉田善人さんからプレゼントされたもので、カンボジアバッタンバン州プノンプラ郡ボールコミューンボスオム村に建設されました。子どもたちも大喜びで、さっそく水遊びをはじました。有難う
『33番目の井戸が完成』の画像

2017.4.9(日)4月8日、成田からプノンペンに夕方到着。翌9日にプノンペンを朝8時に出て、タサエンのIMCCD宿舎に夕方17時ころ帰り着きました。犬たちにも歓迎され、村のおばちゃんも早速美味しい完熟のマンンゴーをむいて食べさせてもらいました。村の子
『気温は43度!』の画像

2017.3.21(火)松山市立新玉小学校に行きました。学校周辺地域の皆さんの募金協力や、新玉地区でのチャリティーバザーなどを通して募金活動をしたお金を6年生の皆さんから頂きました。カンボジアの地雷処理活動資金に使わせていただきます。「気付き、考え、行動
『新玉小学校からの募金』の画像

↑このページのトップヘ