認定NPO法人国際地雷処理・地域復興支援の会(IMCCD)

IMCCD公式ブログです

認定NPO法人国際地雷処理・地域復興支援の会(IMCCD) イメージ画像
カンボジアでの地雷処理活動、日本での平和啓発活動等の様子を皆様にお伝えしていきたいと思います。

当団体HP内 (http://www.imccd.org) で更新していた活動レポートですが、今後livedoorブログで報告して参ります。

過去の記事は以下リンクをご覧ください。

・カンボジアでの活動 ~2016年5月 (http://www.imccd.org/pg321.html
・日本での活動    ~2016年5月 (http://www.imccd.org/pg322.html)

更新情報

2017.9.11(月)松山市立垣生小学校に、また9.19(火)松山市立潮見小学校に行ってきました。両小学校ともずっとIMCCDの活動を授業の一環にして頂いていて、毎年お伺いしています。実に楽しい時間です。後6年もたてばこの子達は18才、選挙権が得られる
『小学校での講演』の画像

2017.9.10(日)IMCCDの活動をご支援下さっている皆さんのご協力で、松山市駅前で募金活動を行いました。今回は、カンボジアから来日しているチームリーダーのMr.シエットも参加し日本の皆様の温かいお気持ちを直接頂いていました。彼が帰国後はこのような
『街頭募金活動』の画像

2017.9.2~4 日本大学生の小高さん、小林さん、倉内さん3名が来られました。小高さんは、6年前高校1年生の時に来られた方です。学生生活最後の時期にタサエンを訪問して下さり、有難うございました。また、社会人になってからも遊びに来てください。
『小高様・小林様・倉内様』の画像

2017.8.24~26 和歌山の東洋一郎さんが来られました。魚の日本料理屋を経営されている東さんは、カンボジアの料理にも興味を持たれ、「美味しい」との評価でした。
『東洋一郎様』の画像

2017.8.22~鉄建建設株式会社の元山彰さんとご家族の皆さんでタサエンに来られました。バッタンバンのMr.シッターも一緒でした。
『元山彰様ご一家 』の画像

2017.8.21~22 神奈川県立横浜国際高校の2年生12名と引率の先生2名の皆さんが来られました。地雷処理の爆破作業、日本語学校の子供達との交流、村人の生活、地雷被害者へのインタビュー、日本企業見学、宿舎での生活など体験されました。
『神奈川県立横浜国際高校の皆様』の画像

2017.8.16~21まで、慶應義塾大学の地雷問題を考えるPOM2のメンバーなど6名が来られました。2015年と2017年にご寄付頂いた資金で地雷処理ができ、安全になった2か所を確認されました。
『慶応義塾大学POM2の皆様』の画像

2017.8.14~15 金城裕実さんとお母さんが来られました。また、時期を同じくして小学校の教員でもある井上奨太さんが来られました。裕実さんは、2年前にインターンシップで滞在されたことがあり、当時の日本語学校の教え子たちと嬉しい再会でした。
『金城裕実様 お母様 井上奨太様』の画像

2017.8.16(水)60mm迫撃砲弾、Type69対人地雷、手榴弾2発を爆破処理しました。
『地雷処理』の画像

↑このページのトップヘ