認定NPO法人国際地雷処理・地域復興支援の会(IMCCD)

IMCCD公式ブログです

認定NPO法人国際地雷処理・地域復興支援の会(IMCCD) イメージ画像
カンボジアでの地雷処理活動、日本での平和啓発活動等の様子を皆様にお伝えしていきたいと思います。

当団体HP内 (http://www.imccd.org) で更新していた活動レポートですが、今後livedoorブログで報告して参ります。

January 2019

2019.1.29(火)カンボジア政府外務省主催のNGO会議がプノンペンの外務省で行われました。カンボジアで活動している海外からのNGOは350団体、ローカルNGOは1500団体といわれています。カンボジア政府もNGOから意見を聞き改善していこうという意思が伝わって
『NGO会議』の画像

土・日は地雷処理作業は休みです。焼酎工場クマエ蒸留は仕事です。宿舎の裏の畑を綺麗に整備しました。パッションフルーツ棚にツルが巻きついてきました。花も咲いています。炊事場を新設しマウちゃんは炊事が楽になりました。窯も2018年から4基から10基に増えました。マンゴ
『1/26(土)宿舎の1日』の画像

2019.1.25(金)宿舎の隣の地域ペッチエンダーコミュンの村で81mmSMOKE WP (US) 迫撃砲弾と60mm迫撃砲弾を回収しました。特にこのWP弾は過去嫌な思い出があり、その内の1度は中途半端な爆破破壊になり、対応を誤った隊員が大けがをしたことです。今回もそ
『81mmSMOKE WP (US) 迫撃砲弾の回収、爆破処理』の画像

2019.1.24(木)カンボジアパイリン州ソムロー郡(タイ国境ポーサット州境付近)の村で72型対人地雷を踏んで大けがをしたとの情報が入った。
『地雷を踏んで大けが』の画像

2019.1.24(木)バッタンバン州プノンプラ郡ボウコミューンボウ村のキャッサバ芋畑の木の股に食い込んで取れなかった82mm迫撃砲弾を現地で爆破処理しました。次いでその周辺の畑で子供たちからの情報で82mm迫撃砲弾1発を回収しました。今度はプノンプラ村
『不発弾の回収』の画像

↑このページのトップヘ