『人生の歩き方』  ~導かれた物語~

ジェットストリームに乗って、流れゆく車窓から途中下車し、吸い寄せられるかのような出会いにいざなわれて・・・・

『薬のオールキャストでさえ』

薬を駆使したが、ダメだった今日。

ロキソニンを節約する為に、イブプロフェンでなんとか対処した。そして、久しぶりに栄養ドリンクなども使用した。

昨日は悪くない日だったが、万歩計は2万近くまで行った。

さすがに疲れたのだろう。

薬のごまかしで、ビールを少し多く開けたこともあるのだろう・・・・

左咽頭と咳やくしゃみ、だるさは消えない。イブプロフェンを飲んでも効き目薄。

頑張らねばならぬ日で、栄養ドリンクとロキソニンを飲んだ。しかし、なんとかなしの吐き気は本格化してくる。

ガスターを飲んで、1時間様子を見るもダメだ。お腹も下すします。

万全の態勢ってことで、イリボーも投入した。

オールキャストの薬たちだったが、吐き気だけは引かない。

吐き気と言うのは、辛いことのひとつだ。

1年で、1度あるかないかの辛い吐き気だ。体力が低下しているし、先週は無理に無理を重ねたこともあったのだろう。

旅程を申し込んだが、高いチケットしかなくて、キャンセルを入れ、頃合いのよいチケットの予約を入れた。

吐き気はあるものの散歩に出て、スーパーを覗けば、せっかくできた時間だ。つまみを買い込み、ビールを開けた。ビールは吐き気をすっ飛ばしてくれたようだ。

明日は所用を済ませる日にしよう。今日の分は取り返してみせよう。

『離脱賛成』

このところ、体調がすぐれない。ソウルに行ったり、静養をしてなんとか、と今週を迎えた。

少しはましだな~と変化をつけて少しばかり無理をしたこともあったからだろうか?

24時間以上寝ずの労働をして、くたくたになっていることに気づいた。

お酒も飲みたくないし、食欲も失せていた、しかし決めごとのように、ラーメンと替え玉4杯を平らげた。

そして、夜の9時から12時間も眠ってしまった。

今週は新しいことがいくつかあり、手違いや通勤電車に乗ったりもした。腹立たしいことにも耐えた。

二日ほど眠らない日々があった。

今日の午後から、だるさがやってきた。高熱が出る前触れの倦怠感と右咽頭部の違和感だ。

お酒は・・・とロキソニンを摂取しようと思うも、残りが少ないので、いざに備えようってことで、

バンコクで買ったボルタレンを摂ったのだが、効かない、ようやく少しだけ効いてきたようだ。

本当に専門家という輩はいい加減で、今週に入り、イギリスのEUり離脱はブリメインなどと、リスク回避などと

歌い、その確率は直前まで90%などとしていたが、蓋を開けたら、真逆の結果となり、リーマンショック級だと

今度は解説しだす始末。ギリシア騒動のときと同じ、いい加減な専門家たちだ。

しかし、EUを抜けることだけの発表程度のことで、カネや株券の売り買いがされる、困った猛者たちだ。

英国が本当にEUを出られるかどうかはわからないが、イギリスが大陸と一線を引くことはしごく当然のなりゆきだと思う。だた少ないおかしくない国の中が、国民投票などという衆愚的な選択をしたことはどういう訳だろうか。

いや、イギリスは得をする選択をしたに違いない。この国も舌は2枚も3枚で足りないのだ。ギリシアもしたたかだ、それを上回るパワーと底力があるのだ。選ばれし国なのだ。

 日本も日米安保の是非の国民投票などしたら、いいと思うのだか・・・

しかりとしたライターブレインがいて、どちらになっても損しないで、いや損するように見せかけて、がっちり

持ってゆく、それが英国様なのだ。

そういうこととは関係なく、こ半年くらいも見込みがたち、あれこれ買い物し、次の旅程も決めた。

世の中にはいろんなお仕事あるのだと、知ると見る世界も感じるものも少し違って見えた。

人生には、ブレジットしてしまう勇気というか決断というか、勢いはときには必要だと感じる。

良くない仲間なら、たとえ自分が経済的に損をしてでも、離脱するべきだと、思う。

僕には、選択肢も仲間も少ないが、英国には仲間がたくさんいる。

世の中にある、理不尽な世界から、離脱するきっかけとなることを期待しようと思う。

『扁桃摘出手術 術後421日』

術後421日が経過した。

舌のざらつきを感じる。

味覚はどうだろうか?慣れとなのだろう、味が感じないことが。

いや少しずつ快方しているともいえる。

味の濃い・強いものしかまだダメだ。

薄味の出汁などはわからない。いや、旨味全般が弱い。

そして、酸味も以前よりはましだが、まだまだだ。

たまたま、お菓子の味覚チェックに参加したら、匂いはOKだったが、味はXだった。

亜鉛のサプリメントはしっかり摂っている。

味覚障害の為、食べるものに偏りがでている。

すこぶる麺類の比重が上がった、術以前も麺類党だったが、術後はごはんにおかずという

メニューが美味しく感じられず、避けるようになった。ハンバーグや唐揚げ、餃子は避けるようになった。

大好きだったキムチチゲの旨味を感じることができない。またレバ刺しも旨味を感じない。

しかし、刺身などは醤油やワサビによって食べられる。卵かけごはんや雑炊も大丈夫。

意外に、やきそばが以前より食べやすい、代わりに、パスタ類が味を感じず遠ざけている。

ラーメンは、つけ麺や冷やし中華などの味がストレートな方が味が濃くていい。

ラーメンでもインスタントラーメンはまずくて食べられない。それは変わっていない。

定期的に喉が腫れるような違和感や風邪の諸症状の倦怠感は覚えるものの高熱は出ていない。

気になるのは、痛風のような関節炎が頻発することだ。

肘や踝など年に数回症状が現れている。


<味覚レベル>

・甘味 8 ・辛味 8

・塩気 6 ・苦み 4  

・酸味 2から4

・旨味 1<変わらず>



『マイナス金利、離脱』

ソウルに駆け足で行って帰ってきたので、早く通り過ぎた週でもあった。

先週末もソウルでもゆっくりしたので、体調が戻りつつと思ったのだが、先月末、テンションが上がり、

その反動でか急落した体調は不調をキープしている。さながら日銀がサプライズでマイナス金利政策を打ったように。

しかし、なにせ実力不足なもんで、その実力や策士か何かの影響で、下方を低迷している。

それが逓減的に、落ちて下っているのだ。

日本に戻ると、参議院選挙のボードが垂れられ、都知事選など選挙の話題へとスポットしたり、

あるいは、英国のEU離脱問題が、昨年のギリシアのときのようになってきた。

そんな疲れからか、AKBの選挙をみて寝てしまった。9時間くらいの眠りだった。

1回、喉が渇いてか起きて、ガリガリ君のソーダ味とアクエリアスを飲んで、寝るといい感じで眠れた。

首の痛みを伴うほど、寝がえりの少ない眠りだったようだ。

テレビを観たりしたが、なかなかどうしてで、そんなときは僕は机の整理をはじめる。

あれこれ捨てるのは好きな自分だが、意外なものがたまに出てくる。

今回は久しぶりに現金が出てきた。これまでにみつけた最高額だ。

明細も入っていて、どうやら12年前に銀行で下したものようで、何かを暗示するのだろうか?

・・・・少し前まで、旅行の際に、いざというときの為に1万円札をノートなどの挟んでいたことがあって、

ノートから数万円が出てくることは度々あった。

あるいは、銀行から下した数万円が封筒に残されていたことも何度かあった。

しかし今回のは大きい金額で、もしかしたら短期留学の為に下したと思われた。

そのときは、海外送金の必要があり、日本の銀行では送金できなかったのかもしれない。

あのときは、外資系バンクで送金したのかもしれない。

異国では、現金を持ち歩くことは大幅に減った。向こうで下せるからだ。手数料も割安になり、このところはフリーでできるようになったからだ。

それにしても、こういうお金は何かたいへんなありがたさを思う。

意外な人からプレゼントや手紙をいただいた。そんなものも読み返した。

僕の人生はマイナス金利ではいけない。やはり、EUは離脱しようと思う。

『地上の間違い』

お酒を飲まない選択をした夜で、夕飯さえ悩んだ。s-IMG_20160618_083712

宿で、やはり麦飯石のゆで卵とはといただいた。

トッククを食べて早めに床に就くつもりだったが、曲がり角を左折して、地下鉄駅に降りてゆく。

少し、お金を下した。

蒸し暑い夜だった。久しぶりに地下鉄を乗り換えた。接続が上手くゆかず少し待つ。結構辛い。

金曜の夜でも、1号線の乗り換えはこういうことがある、いやあったことを思い起こした。

今朝からの体調の悪さは相変わらずだ。お腹も張ってるし、腹も空かない。

そんな夜を過ごすも、眠ったのは深夜2時で、目覚ましは5時にかけた。

うとうと程度の眠りを数回繰り返した。それでも、目覚ましがなる1時間前んは起きていた。s-IMG_20160616_110012

梅ジュースを少しすする。韓国のは少し濃い、むせかえるくらいだ。

15分程度の2度寝、3度寝をして、最後は相当の睡魔との格闘して、6時には宿を出た。

朝の済み切った空、乾いた空気は清々しい。

空港鉄道に乗り換えたと思って、本に夢中になっていると知らない駅に到着、しかも地上駅。

あれ?おかしいと思った。よ~く見渡せば、電車も違っている。路線地図を見ても間違いは確かだ。

次の駅で降りて、反対の電車に乗った。

・・・どうして間違った路線に乗ったのだろう・・

こういうことはたまにあった。でも久しぶりで、空港鉄道を間違えるとは、s-IMG_20160617_212909 (2)

30分のロスで、元の駅に戻った。

なるほど、1年くらい前にできた新路線に乗ってしまっていた。

空港鉄道の20メートルほど前で、エレベーターに乗ってしまったことが錯覚だった。

作りが空港鉄道にそっくりだった。

・・・そういうことはあるようだ。

土曜のインチョン空港は混雑していた。受付カウンターもプライオリティカウンターでさえ、大行列で、自動発券機を利用した。パスポートコントロールも空港ラウンジを待つとのことで、いくつかを利用できる体制だったので、

空いているラウンジを利用して、12時間ぶりに旨い飯にありついた。

復路便は、5月に見た、独身でいる理由という映画を再度観た。

成田に到着すると、暑い。気温が35度に迫る猛暑との予報を聞いていたが、その通りだ。

電車は間違えることなく、検索通りの時間で帰宅した。

あれこれ事務作業を終え、夕刻ビールを飲んで散策して、

ラーメンを食べた。味覚はやはり消えてきた。味のないハイボールを飲み、麺をすすった。

テレビでは、さしこが連覇を達成していた。

安心しきっていて、本に夢中になっていての乗り間違いは焦った。

~読んだ本~
・和僑 ー農民、やくざ、風俗嬢。中国の夕闇に住む日本人

『生ビールと炙りイカ』

今夜は生ビールと注文した。ノガリにしようと思ったが、その下のメニューが気になり、それとオーダーした。

冷えた生ビールは最高だ。甘いポッポコーンがついてくる。いよいよ厨房から出てきたのは、イカの炙りだった。日本の当たりめとか、スルメいかよりは小ぶりだ。それをちぎって、マヨネーズやコチュジャンにつけて食べる。

テレビ画面では、サムソンとSKのナイトゲーム。韓国人選手の振りは大きい。豪快なホームランが飛び交っている。

日本でも活躍したアジアの大砲も打順に連ねられていた。

仕事上がりの会社員や老人がビール片手に、お喋りに興じている。s-IMG_20160617_005325

久しぶりに飲む、いいビールだ。

少し違う道を歩いてみた。

トイレに入ろうと、ビルに入ると、上の階から子供たちが降りてきた。

黄色いライトバンやミニバスに乗り込んでいった。あ~塾なんだと思った。

ソウルでは送迎が当たり前なようだ。上に階に見てみると、英語の塾だった。

教育熱心さは日本以上なのだろう。小中学生が通い小人数制の塾なようだ。

市場やマーケットを歩く。韓国の夜は長い。

何本かビールを買い足し、トンデムン文化歴史公園を歩いて、宿に向かった。s-IMG_20160616_235531

いつもの食堂は飯が品切れになってしまっておいとまし、水豆腐チゲ飯をお代わりした。

朝方、気分が悪くなった。お腹も痛くなった。去年中ったことを想起させた。

気持ちお悪さは長く続き、ガスターを飲んだ。それも吐き気はなかなか行ってくれず、

昼の12時近くまで、動けなかった。食欲はあまりなかったが、2時過ぎ、キムチチゲの昼食を摂った。

・・・・昨日のテンションの上がりの反動激しく、落ち込んだ時間を過ごしている。

ロキソニンを飲んで、少し汗をかいた。体力も落ちているようだ、喉も痛む、風邪気味だ。

今宵はお酒のない夜を送ってみよう。

『誰をどこで、』

雨は上がった。傘も上着も必要なかった。s-IMG_20160616_235848 (2)

上着を丸め、かばんに縛りつけた。

風呂から上がり、寒気がしたから上着を着て出たが、いならかった。

最初のビールはよく効いた。しかし、それ以降、なかなか酔いが回らない。

公園のベンチに腰かけ、早く過行く雲、その隙間から見える空を眺めた。

歩いたり、電車に乗れば、少し気分も変わる。電車に乗らない生活をして久しい。

一人の時間が大半だから、物事を突き詰めて考えてしまう傾向なのだろう。

舛添さんが辞任して、騒動は去ってゆく。森元総理や鈴木宗男さんのときも・・・s-IMG_20160616_202036

麻生さんや菅首相のときも同じだった。

なにかがおかしい、そんな気がする。こんなことに立ち向かえる度胸のある人はどれくらいいるのだろう。

それはある意味絶対的な存在となるのだろう。あるポイントを超えてしまえば、批判なんて消し去ることさえ

できるのだ。・・・そういうのをパワーというのだろう。

日本はやはり、大きな坂を下りていて、少し粘ったいたが、これから確実に降りてゆくようだ。

自分のこと、それが想う。・・・

・・・ソウルや異国に出れば、少しは英気を取り戻すことはできる。s-IMG_20160616_220206

誰の為に、誰を思って価値判断をおいて生きるのか・・・そういうことで一つの方向性は出せるだろう。

初日でたくさんビールをと思ったが、喉が痛くて、熱が出そうな予兆のする倦怠感だ。

少し悩んた末、いつもの食堂で、カムジャータンを食べて〆た。味覚は落ちていた。

それでも、青唐辛子にサムジャンを受けて食べると、刺激を受け、なんとか完食した。

ソウルのテレビはメジャーリーグを流しているところが多い。韓国人選手が今年増えたこともあるのだろう。

イチロー選手が通算安打数で記録を達成した。

孤独ながら、自分の決めたことをやり抜く姿勢は見事だ。

宿に戻り、ひとっ風呂浴びて、ロキソニンを飲んで眠った。よく眠れた。

朝起きて、少し気分が高まった。散歩してはじめての店でキムチチゲでもと思ったが、お腹がごろごろするので、

前の市場の食堂で、もりもりお代わりしよう、最近昼飯前のビールが癖になっていて、ビールを開けた。

酔いが回るまで15分ほど歩こう・・・・

・・・昔風の食堂、お代わり自由、安い。この店をすっかり気に入ってしまっている。

サバに煮つけ、ノリが定番で、今日は、白菜のキムチと、コンニャクに味をつけたもの。辛くない唐辛子の味噌漬け、どれも韓国定番のおかず。すべて美味しくいただき、飯をお代わりした。ぐつぐつアツアツのスンドゥブは残りのご飯を入れて食べるのは韓国流。

中華系の雑貨屋で、とうもろこし茶を買って、午後は宿でお昼寝三昧。

お腹がごろごろして、なかなかどうしての午後を過ごした。快適な休日ともいえる。

今宵は生ビールとノガリでいいだろう。

晴れ上がったソウルの夜を少し歩いてみよう。


『泣いたりしないで』

https://www.youtube.com/watch?v=3-3_qBSXE8I

『ひまわり』

https://www.youtube.com/watch?v=_YHMzVxCRds

『情に掉させず、情に流されたい』

舛添知事が辞任されたと知ったのは、大韓航空のラウンジでブランチを摂っていた時だった。s-IMG_20160616_112231

涙を浮かべ、子供のことを気にかけ嘆願されたが、情には流されなかった。

自分にも同じようなことがあり、情に訴えかけたが、響くことはなかったようだった。

味覚は戻らない。このラウンジのカップ麺とおにぎりを食べると良くわかった。

未来を明日を何か考えよう・・・・

急に時間を作った。マイレージでの旅行で希望するような日程では取れなかった。

機内では四姉妹も映画「海街diary」を観た。昨今、浮気や離婚、その間に生まれた子供のことをバッシングされるようだが、この物語は、そんなことを含んだ四姉妹の日常を描いていた。

こういうのに触れると兄弟姉妹っていいなって思う。

ソウルは少し雨の予報で肌寒いかもしれないと上着を持ち込んだ。そして傘も用意した。

インチョン空港を出ると、少し蒸し暑い買った。

・・・・久しぶりだろう、衝動的に旅程を決めたのは・・・

準備らしい準備も何もない。しばらく来られないかもしれなとか、気分を変えたかった。

日本でゆきずまったのだ。ソウルに来てもと思いキャンセルしようかと悩んだが・・・

まあいいだろう。裏切ることはない。

しかし、導かれる答えはないだろう、いつものことだ。

裏目裏目に出ているのをどうにかしたいのだ。

空港鉄道から地下鉄2号線に乗り換える。先月も間違えて改札を出てしまったが、

今回も同じ間違いをしてしまう。気をつけたつもりだったのだが・・・

スマートフォンの電源も忘れていた。

雨は落ちていなかった。少し助かった。

いつもの宿に入った。予約表はなかったが、問題ない。女性で予約が入ってあった。

もうくたくただ。前回と同じ女の子が対応してくれる。

大浴場に入ると、少しリラックスできた。

日本で取れていない疲労を落とすこと、何か人生の今後のヒントを見つけたいものだ。

機内や電車で読んだ和喬の話、自分にある漠然としている不安感をどうするものか?

今一度踊りたいものは、最初に旅に出たあのときのように・・・

映画の中で、すずが、みんなが飲んでいるので飲みたかった梅酒で悪酔いしたように、

自分も子供の頃に同じような経験をしたことがあった。

家で梅酒を作っていたっけ。

機内食のデザートは梅のゼリーだった。

宿にも梅ジュースがある。

ぼくには、梅が必要なのだろう。


『東京砂漠』
https://www.youtube.com/watch?v=L67oO-DLKzE

  • ライブドアブログ