『人生の歩き方』  ~導かれた物語~

ジェットストリームに乗って、流れゆく車窓から途中下車し、吸い寄せられるかのような出会いにいざなわれて・・・・

『革命を期待して・・・』

革命を期待して、久しい・・・・もう忘れてしまってかのごとく、にだ。
キューバは米国と国交を回復させたが、カストロは健在だった。
しかし、御年90を超え、亡くなったと、ラウルカストロ議長は発表した。
袂をわかったチェ・ゲバラはボリビアの山中で射殺された。

理想郷を求めるものは、離島や山間部で、大麻草などを育て、コミュニティを作るしかないのだろうか。
クリントン女史が選挙で敗れ、あれこれ説明言い訳に走っている。予選から勝ち上がった最終決戦で勝利したのだから、ほとんど個人の信条との差異に過ぎない。
同様に、大韓民国はデモや世論調査で、大統領を引きずり下そうと喧伝している。
自民党員が二番目にしか支持しなかった安倍総裁が長い任期になっている。
次期大統領のトランプ氏に会いに立ち寄った。

今週はお腹の調子が悪かった。 ここのところ調子のコントロールができていたのだが、それでもなんとか乗り切った。 積雪があり、気温は氷点下にまで下がった。雪が上がった翌日の朝焼けはキレイで、空気は澄み切って 冬の朝の張りつめる緊張感が出てくて、身は引きしまった。
このまま12月を乗り越える計画を立てた。働くことの意欲を失っていたが、一転、モリモリにアゲアゲ状態になっている。 我が人生、忘れたころに、今一度革命を起こすものなのか、最近、自分の中では想像的な夢をみる、 それは実体験と関係性がないような物語が登場してくる。
僕の夢では革命もデモも登場なんかはしない。昔関わった仲間が優しく、あるいは、丁重に扱ってくれる。 おろらく、日々の労働が、日常が革命に、繋がるように思えてならない。

『ハンターは外さない』

起き抜けに、勢いよく混ぜご飯を書き込んだら、噎せた。どうやら気管に詰まらせたようで、数日たった今でも、喉に違和感を覚える。

少し寒くなったように感じ、掛布団を温かさを上げるべく、もう一枚加えた。1人様1つ限りの醤油を頼まれた。私はバーゲンハンターで、夕飯やつまみを探し、ショッピングカートを引いた。まるで、競合調査か万引き狙いか、警備員かのごとくなかなかカゴに入らない。ニット帽をかぶり、怪しさ満載のハンターで、先週食べた大トロ焙り弁当を狙い、1時間近く待ったものの、お目当ての半額シールは貼られることはなく、夕飯メニューの変更を余儀なくされた。韓国では相変わらずデモで、若者が受験の鬱憤を晴らすように、大統領退陣だと練り歩く。

大学などの入試に不公正は日本では当たり前だとみな知っている。ミスターの息子さんは2日しか学校に行かなかった、他人事とは思えないと言ったほどで、スポーツしかしていない人が有名大学に入ったりする。付属高校や指定校推薦、AO入試など取り揃え、一般受験者の学力の少ないとは言えない学力差があるのは自明なことで、縁故などもあるなど近所を見渡せば、誰でも知っている話だろう。

そういう点では韓国の方が公平なように見える。穴の空いた靴をようやく捨てた。インターネット販売で靴を数足揃えた。雪雨ように長靴も購入した。

目ぼしい靴を探していたのだが、価格面がそういう性分なので、なかなか合わない。でも妥協して購入してみたら、3足になっていた。よく寝た週でもあり、夢も多くみた。サスペンスもののテレビを見て寝るので、そういう種類の夢をみることができた。

その夢は自分が主人公ではない視点で、そういうのははじめてだった。

年末に向けて勢いをつけていきたいと思う。


『過敏性腸症候群な週』

少し遊び過ぎた、いや暇を持て余したこともあり、年末に向けて労働を増やした。

健康診断や久しぶりに担当医に薬の処方を受けた、約半年ぶりで、有体の対応でそっけなかった。

まあいい。医者と私は相性が悪いもので、得てして言い合いというか、問答を繰り広げても、嫌な苦みが奥歯に残るだけだった。余計なことは言わないのがいい。自分の希望をしっかり伝えればいいのだ。そうして希望する診断や薬の処方さえあればいいのだ。

そんなことでか、生活のリズムも乱れ、気温の変化もあり免疫力の低下もあった。風邪の諸症状もあり、少し安心していた過敏性腸症候群らしき症状が数日続いた。調子に乗って食べ過ぎたり飲み過ぎているから当然と言えばそうなのだろうが、この症状は辛い。吐き気や便意やお腹の中でモンスターが宿っているような違和感がいっそうセロトニンを分泌させる。

暇を持て余していたときはそんな症状はなかったが、ここにきてやってくるのだ。


アメリカ大統領選挙で共和党トランプ氏は選出された。

メディアも自分に入って情報も8割がたヒラリー候補だったが、蓋を開ければ反対の結果となった。

またか~と思った。ギリシアEU離脱・英国EU離脱のときの国民投票のときも同様の結果だった。

逆説的に、メディアはまっとうだから予測や見込み違いをする証なのあろうか?

きっと現状の不満に際して、変革をチェーンジをあるいは、カタストロフィーの潜在願望があるやもしれない。

大阪都構想、我が町の新駅設置の住民帳票も否決され、首長が退任に追い込まれた結果をみても、新しいリスクは取らない心理がある。もし東京オリンピックを石原・猪瀬知事が住民投票にかけていたらどうだったのだろうか?

未来に対する不安と現状の不満、そんなことで人は何かを選択するのだろうか。

僕は、過敏性腸症候群において、未来の不安に大いに体重をかけてきた。8割がた取り越し苦労だった。

それでも、それでよしとしてきた。問題を結果とすれば、対策をしないこと、そのプロセスを評価した。

つまり、僕の体や浅い知性や経験が、総選挙の結果、そう決めたのだ。

しかし、僕が半人前な理由に、そんなことを繰り広げてきたからだと思う。

退屈だった時間に。おしゃべりに興じることで、少しは不安を和らげ、時間感覚も早まった。

確かに、相当に辛い週で、薬を総動員して、あるいは社交で乗り切った週だった。

だから、達成感が確実に、リアルに感じられた。


一気に株価は暴落し、円高も急騰した。しかし、大幅に反発し、景況感は選挙前より活況を呈している。

あの騒動はなんだったのか、でも、自分にはそれでいいのだ。

『数字は独身に限る』

ここのところ、わりかしギラギラしていた労働意欲は失せている。

カネは欲しいが、煩わしい人間関係が鬱陶しさには勝てないようで、いる。

洗面台から水が漏れるのので、近くのホームセンターで部品を購入し、交換して直ったようだ。

労働意欲は少ないが、そういう意地みたいなものはあって、業者に頼む前にやってきたのだ。

まあそういうことも人間関係を複雑にしているのだろう・・・

暇つぶしの数独はようやく、上級問題の触りを解けるようになった。

ルービックキューブやドラクエのように虎の巻を見たわ訳ではない。

年末年始の旅行のホテルの予約を済ませた。

早すぎると思ったが、馴染みの宿を抑えた。もう片方は少し改装を行ったり。朝食がなくなっていたこともあり、界隈のホテルへ変更してみた。

思えば、ソウルから帰国してからそんな感じだ。今、パククネ大統領の恩人問題で窮地に立たされている。

日本以上に深刻な少子化で、彼女が独身を貫く思いはどこにあるのだろう。

数独は、数字は独身に限るの略だという。

数独では、数字が埋まるごとに選択肢は狭まるものの、一旦、どこにも当てはまらいように状態に陥る。

それでも、自分の居場所の範囲が見えてくる。そして、選択肢が3つくらいに絞られる。それでも、

そんな少ない選択肢でも決めてが見つからなくて、考え込んでしまう。テキトーに当てはめてしまうこともある。

問題が解けたとして、数字ほど独身を貫くことができるだろうか?

『次はストップオーバー』

ようやく次の旅程が決まった。
求めていた航空券がなかなか発売されないのだ。出発3ヶ月前ならと思っていたがだめで、 航空会社のホームページを見ても載っていなかった。誰かが買い占めたのか?ふむ、あるいは格安を売りにしているので、ある程度引き付けての販売なのだしれない。
しかし、そうこうしているうちに他の航空券は安いものから売り切れてしまった。7月から連日チェックしているのだが、もう11月だ。そろそろ何かの手を打たないと、何も買えなくなってしまう。
そんな最終判断を迫られる先週の日曜日に、突然旅行会社の画面に登場した。即座に日程を定めた。ストップオーバーの手続きが面倒だったが、画面上でできた。正規割引航空券に成功したし、望むフライトスケジュールで満点と言っていい。しかし、昨年より少し割高な値段・・・まあしかし、全体から見れば格安そのものだ。 これで、定点観測しているホーチミン、喪に服すバンコクの空気を吸う言葉できそうだ。 そして、ホテル探しになる。いつもの定宿と思っているが、バンコクは変更になりそうだ。

フィリピンの大統領が来られたので、来年はフィリピンとは思うものの、2度の滞在の中、なかなか美味しいものに 出会えなくて、足が重くなってしまう。アジアの孤島のように、他の国との組み合わせの航空券もなかなかない。 得てして、よそ者に厳しい、そんな場面に合う。あるいは、後輩だったり、後から入った人に厳しい・・・
私はそういうことに極めて敏感になっている。誰かが休んだから他部署から応援に駆り出されたり、新しく入った人に上からの物言いをする、例えばそういうことだ。
・・・誰だって、知らないことはできないし、不慣れな環境ではおたおたしてしまう。しかし、相手は自分のペースで物事を進めてくる、だからイライラもするのだろう。 日本はオモテナシの国なんていうのは嘘っぱちのお国で、自分に甘くて、他人に厳しい不寛容な国だ。

それは日本に強者が少ないからだろう、他人より優位な状況に置くことで、相対的に消極的な勝者となっている。 打ちひしがれている、この国で生きるのはやはり息苦しい、かといって、逃げる場所なんか結局ないし、その場で、 みんなが感心するくらい踊ってみせるしかないのかもしれない。


『告白』 平井堅
https://www.youtube.com/watch?v=_o10f0CMTvU

『タイCM』
https://www.youtube.com/watch?v=A30doCeaG4o

https://www.youtube.com/watch?v=OlFfA7lpteY

https://www.youtube.com/watch?v=p3kOhdBy39E

『味覚障害 術後545日』

扁桃を摘出しても、習慣的に咽頭は腫れます。それでも、38度を超えるような熱はでなくなりました。
喋るのが辛いような激しい咽頭痛もなくなったようです。

合併症?の味覚障害は少しずつ改善されつつあるようです。
手術後1年が経過し、味覚は安定しつつあります。
それは完治したのではなく、全体的に6割程度の味を感じているようです。
甘味は気にならないくらいです。酸味や旨味、塩気が低空安定しつつあります。 味噌汁は味が薄いか、ない。お吸い物などはお湯だということも改善されていません。 大雑把な味覚しか感じていないようです。
それでも、食事はたいてい食べられます。味が薄いことで食べる料理が変わりました。

インスタントのスープヌードルを食さなくなりました。味がしないからです。一方でやきそばや焼うどんなどがその代役となっています。 味付けの薄いおかずを避けるようになっています、そういう意味で塩分の摂り過ぎなどが心配です。

『ノルマのない日常』

喉の腫れを感じなくなった。一方で、堰やくしゃみは増してくる、鼻水も出てきた。

いつもの店でビールを買い、いつも通りの順路で、次の店でつまみを選んだ。

市街を抜け、田園の中を散策する、空の暗闇から星がよく見える。

やはり、いついものカフェで日記帳を書きなぐり、次のステージをどうするか想いを巡らせ、

いつもの店でビールを買う、レジ袋なしのカードを入れるも、やはりレジ袋を入れてくれる。

替え玉は今日は三杯、最近その辺に落ち着いてくる。

筋トレは、少し筋肉痛になるまで負荷をかけるようになり、日々どこかが筋肉痛だ。

いつものラジオ番組を聴き、録画したサスペンスをやっつける。

ここ半年、目覚まし時計を使わない生活になっている。

満足するほど寝ているようだ。おかげで、見る夢の世界は広がっている。

また、テレビをみたまま眠ってしまうことも日常と化した。


目覚ましのない朝、電車の時間を気にしないということに慣れてしまうと、あるいは、ノルマや予算のない労働の心地よさは感性を変化させているようだ。


『模倣犯』

日記帳121冊目の最後のページを書いた。
かかりつけ医で、いつもの薬と喉が痛いので、風邪薬の処方を受けた。薬のせいで、眠りにつく速度は上がったものの寝起きが早まったうような気がした。

関東もソウルに遅れて数日で気温は10度を下回った。寒暖差のせいもあり、咽頭痛は右から左へと移行してゆく。ソウルでの吐き気は日本でもやってきた。 医者から処方された吐き気止めは二種類で正解だったのかもしれない。 少し強めの筋トレのせいで、上半身が筋肉痛となった。少し多目の腹筋をすると、人生で最多の回数がこなせた。 それに習った太ももに負荷をかけらら、太ももが笑うように、悲鳴を上げた。
少し壁にぶつかっていた数独の問題が解け始めた。 撮り貯めた番組を徹底的にやっつけた。 その中で、宮部みゆきの「模倣犯」は4時間以上だったが、引き込ませるような作りで、たいていする早送りなしで見入ってしまった。よくできた作りだった、それでも、登場人物の背景には引っかかるものがあった。小説とドラマは違うものなのだろう。

何年か前の「オリエント急行殺人事件」以来の楽しめた。 その他にサスペンスもの5本、パタゴニア長距離レースなど相当にやっつけたし、また来週の録画予約を相当数入れた。まだ「相棒」「おみやさん」「ドクターX」のスペシャルもある。
自分も次のステージに向かう踊り場にあるようだ。


<今週の処方箋>
・バルサルタン80mg
・フェブリク錠20mg
・ラックビー微粒N 1%
・エクセラーゼ配合錠
・ファモチジンOD錠20mg
・イリボー錠5μg
・トーワズレン配合顆粒
・ぺレックス配合顆粒
・レスプレン錠20mg
・アンプロキソール塩酸塩錠15mg
・ナウゼリンOD錠10 10mg


童神 ~私の宝物~』
https://www.youtube.com/watch?v=NTT5Z8Cajgs
  • ライブドアブログ