01_001

【画像】 佐々木希のモリマンwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


加藤綾子のスケスケおっぱい


【動画】女子高生おっしこガマン出来ずにお漏らし作戦wwwww


【動画】ソチ五輪、選手村でのセ○クス映像ヤバすぎだろ・・・


浅田舞のお●ぱいの妹との差がひどい


新垣結衣の入浴映像流出キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!


オッパイ丸出しJCが股開いて耐えてる激ヤバ画像


これ近親相姦で出来た子供の映像らしい


指原がどんどん脱がされてく


ショートカットが脱いでるエ口画像


相武紗季のお●ぱいがwwwwwwwwwwwwwww


ついに西田麻衣がノーブラおっは゜い解禁www


【朗報】広末涼子がヌ-ド解禁wwwwwwwwwwwwwww


【B地区ポロンっ!】NMB山本彩の乳首がwwwwwwwww


【画像】この60歳(女性)ならヤレる


後藤真希が全裸になって復帰

263 意地っ張り(1/17) ◆thb7ndp2U6  投稿日:2009/07/06(月) 03:07:39 ID:iPUJ1pO10
IT業界に就職してから数年が経ち、こき使われてすべての事がイヤになっていた。
古くからの友達が何度も遊びに誘ってくれたが、実際まったく暇がなく、
たまに訪れる休日は睡眠不足を補うために殆ど一日中気絶するように寝ていたと思う。
そうして俺に構ってくれる友達が、次第に離れて行った。
もはやギリギリの精神状態で自暴自棄になりかけていたそんな時期に、
ふと目にした出会い系の掲示板でメル友募集の記事を見かけたので何気なく応募してみた。
首尾よくメール交換が始まり、数ヵ月後には何となく会うことに…。
投げやりな気持ちの時に知り合ったメル友は「直ちゃん」という名前の女性で、
ケリー・チャンという女優に似たところのある可愛いタイプの女の子だった。



264 意地っ張り(2/17) ◆thb7ndp2U6  投稿日:2009/07/06(月) 03:08:13 ID:iPUJ1pO10
彼女は俺よりも3〜4歳年下だったと思う。
事前に「ボブカットが好き」という話をしていたこともあって、
会う直前に長い髪をボブカットにしていたようだ。
そんなこともあって、初対面の時は「えっ、こんな可愛い子が来たの?」と驚いた。
しかしその性格がこれまた強烈で、ぶっちゃけこれまでに会ったことが無いタイプの子だったのだ。
一言で言い表すなら彼女は「超ワガママで性格のキツイ意地っ張り娘」。
そしてすべての事がどうでもよくなっていた俺はなんとなく彼女のペースに巻き込まれ、
主体性なく言いなりになったまま、数カ月が過ぎようとしていた。
仕事も一段落してだいぶ精神的に楽になってきた、とある日曜の午前中、
契約したばかりの俺のPHSに、突然彼女から電話がかかってきた。
事前に約束していた訳ではなかったのだが、水族館に行きたいから今からすぐに迎えに来いという。
彼女の家は県のほぼ最北端にあり、目的の水族館は県のほぼ最南端。
そして俺の家は県の中央辺りに位置するので、迎えに行くのも送り帰すのも大変なのだ。



265 意地っ張り(3/17) ◆thb7ndp2U6  投稿日:2009/07/06(月) 03:13:30 ID:iPUJ1pO10
迎えに行く途中にこれまでのワガママ&意地悪ぶりにかなり嫌気が差していたので、
なんとか一矢報いる方法はないかと必死に考えていたのだが、その時は何も思い浮かばなかった。
直ちゃんの自宅前で落ち合ってから方向転換し、空しく自宅前を通り過ぎて水族館を目指す。
自宅から直接向かえば既に目的地に着いているかもしれないと思いながら、
それ以上は余計なことを考えないようにする。
県の中央から南の地域は、田園風景が広がるのどかな田舎道で、コンビニもまばらになっていく。
直ちゃんはこれまで県南部には行ったことが一度もなかったらしい。
これからちょっとした峠道に入ることを説明し、途中コンビニなどが無い事も話した後で、
最後のコンビニに寄るか否かを尋ねたところ、
このままサッサと突き進めとぶっきらぼうな答えが返ってきた。
特に気にもせず最後のコンビニを通り過ぎ、そのまま峠道に踏み込んで行った。
この道は自分にとっては馴染みのドライブコースで、いわゆる旧道の類だ。



266 意地っ張り(4/17) ◆thb7ndp2U6  投稿日:2009/07/06(月) 03:15:30 ID:iPUJ1pO10
今ではもっと新しい道もあるのだが、若干遠回りになるし、
何より運転するのが楽しいこの旧道を進むのが俺は好きだった。
対向車とすれ違うのも大変な細い道がひたすら続く。
運転に夢中になっていて気がつかなかったのだが、道半ばでふと助手席を見ると、
いつの間にか直ちゃんがソワソワし始めた。

パラ:「直ちゃん、なんだか様子が少しおかしいけど大丈夫?」
直 :「え? そ、そう? 大丈夫だけど…。」

そうは言うものの何となく大丈夫ではなさそうだ。

パラ:「峠道が続いてるから乗り物酔いしたのかな?」



267 意地っ張り(5/17) ◆thb7ndp2U6  投稿日:2009/07/06(月) 03:15:56 ID:iPUJ1pO10
直 :「そんなことないよ。」
パラ:「もう少しスピードを落とそうか?」
直 :「大丈夫って言ってるでしょ!!!」

何かが気に障ったようで少し怒り気味の声を出す。いつものように多少の理不尽は感じたものの、
ここ最近は慣れっこになっていたため、黙って運転を続ける。

直 :「この道って、あとどのくらい続くの?」
パラ:「え〜と、この地点からだと…。あと15kmくらいかな?」
直 :「えっ、そ、そんなにあるの?」
パラ:「距離的にはそんなもんなんだけど、この有様だからね。時間は随分かかるかな?」
直 :「この近くにコンビニはないの?」
パラ:「コンビニ? いやっ、さっき説明したとおり全然無いよ。何せこの山道だからね…。」
直 :「そ、そうなんだ…。」

そう言って視線を落とす。どうやら俺の話をあまり聞いていなかったのかもしれない。



268 意地っ張り(6/17) ◆thb7ndp2U6  投稿日:2009/07/06(月) 03:16:18 ID:iPUJ1pO10
自分の膝の辺りというか、太ももの辺りをしきりに気にしているようだ。
その内、両手を握り締めたり、膝の上に置いたり、足を小刻みに揺すったりしながら、
目に見えるほどハッキリと落ち着かない様子になってきた。
その様子を見ていた俺にはピキ〜ンと閃くものがあった。
どうやら彼女はトイレに行きたいらしい。

直 :「あ、あのさぁ…。お店とかってまだ遠いの?」
パラ:「あと10kmくらいあるから、この調子だと少なくとも1時間はかかると思うよ?」

俺はそう答えながら内心ニヤニヤして様子をうかがっていた。
正直他の女の子だったら気を利かせて途中の横道からメインの通りへ抜けることもできたと思う。
しかしこれまで彼女には散々辛酸を嘗めさせられてきたのだ。
ちょっぴり心が痛みながらも、ここは敢えて予定通りの道を突き進むことにする。
俺は素知らぬ顔でとぼけて見せた。



269 意地っ張り(7/17) ◆thb7ndp2U6  投稿日:2009/07/06(月) 03:16:41 ID:iPUJ1pO10
パラ:「ここから先はさらに勾配が厳しくなってきて、カーブもキツクなるんだよ。」
直 :「えっ、そ、そうなの?」

普段なら大したことのない事だが、直ちゃんは驚愕の真実を聞かされたというような
オーバーなリアクションを返して来る。
どうやら彼女にとっては間違いなく良からぬ情報だったようだ。

パラ:「うぉっ、このカーブはキツイな!」

そう言いながら必要以上にスピードを出してグイッとハンドルを切る。
ドアに体を押し付けられるのを感じながら、景気良くコーナーを曲がって行く。
時々地面のひび割れを見つけては大げさにブレーキを掛ける。

直 :「ちょ、ちょっと、そんなに激しい運転をしないでくれる?」
パラ:「あぁ、ゴメン、ゴメン。何しろ道が悪くてね。うぉっと!」



270 意地っ張り(8/17) ◆thb7ndp2U6  投稿日:2009/07/06(月) 03:17:03 ID:iPUJ1pO10
また大げさに急ブレーキを掛けながらカーブを曲がる。
車体が前後左右に大きく揺すられる。

直 :「あっ、うわっ、あっ、あっ…。」

今ではハッキリと両手を股間の辺りに押し付けている。
足を内股にギュッと閉じて車体が揺られるたびに艶めかしい声をあげている。

パラ:「直ちゃん、なんだか顔が青ざめてるみたいだけど…。」
直 :「何でもないよ! さっきからうるさいな!」
パラ:「あぁ、ゴメン、悪かったね…。」

何やら切実そうな雰囲気ながらも、いつもの調子で憎まれ口を叩いてくる。
素直に「お手洗いに行きたい」と言えば俺もスピードを落とすのだが、
直ちゃんは意地でも言いたくないようだ。俺に弱みを見せたくないのだろう。
さすがにちょっぴり可哀想になってきて助け舟を差しだしてみる。



271 意地っ張り(9/17) ◆thb7ndp2U6  投稿日:2009/07/06(月) 03:17:24 ID:iPUJ1pO10
パラ:「直ちゃん、ひょっとしてトイレに行きたいの?」

そういうと、俺の顔をキッと睨みつける。
『おぉ、怖い、怖い…。ここはもう少し黙って様子を見るか…。』
そのまま無言で運転を続ける。
愛車の中でお漏らしされても困るので、若干運転をソフトにしながら
隣の直ちゃんの様子をコッソリ覗き見た。おしっこを我慢する女の子…。
しかも意地っ張りでこちらの親切を撥ね退け続けている。
なんだか想像すると途端に楽しくなってきた。

パラ:「あぁ〜、あの茂みなんかはトイレとしては結構いい場所だなぁ〜。」

俺は独り言を呟きながら、直ちゃんの様子をチラ見したが、
俺には恥ずかしいところを見せられないというつまらないプライドのためか、
何も答えない…。そのまま茂みをスルーしてしまう。



272 意地っ張り(10/17) ◆thb7ndp2U6  投稿日:2009/07/06(月) 03:17:47 ID:iPUJ1pO10
パラ:「あ〜あ、この先あんなに都合のよい茂みがあったかなぁ〜。」

そういうと、慌てて俺の顔を食い入るように見つめて来る。
今にも「そんなぁ〜」と言いだしそうな雰囲気だ。
ギリギリまで我慢しているため少し顔が火照っている。

パラ:「茂みが無ければちょっと困ったことになるね。
 この辺だと隠れる場所が無いからお尻が丸見えになっちゃうかも?」

直 :「………。」

また大きくカーブを切る。その先にちょっとした広場のような場所があり、
雑草で隠れられそうな場所も目に飛び込んでくる。

直 :「あっ! ちょっと! そこに止めてくれない?」



273 意地っ張り(11/17) ◆thb7ndp2U6  投稿日:2009/07/06(月) 03:29:21 ID:lJ5fE39H0
この期に及んでとても偉そうな言い方だ。
物凄く高飛車な態度だし、下々の者に命令しているような口調のため、
ちょっぴり意地悪することにした。

パラ:「えっ、どこ? どこに止めるの?」

すっとボケながらサラッと広場をスルーしてしまう。

直 :「うぅ…。」

ションボリしながらまた股間を抑え込む。

パラ:「あれ? 直ちゃん。そんなところを抑えてどうしたの?」
直 :「うぅ、い、意地悪…。もうわかってるんでしょ?」
パラ:「う〜ん、よくわからないな。ハッキリ言ってもらわないと…。」
直 :「うぅ、も、もうダメぇ…。」



274 意地っ張り(12/17) ◆thb7ndp2U6  投稿日:2009/07/06(月) 03:29:57 ID:lJ5fE39H0
今にも消え入りそうな声を出している。目をギュッと瞑って股間を抑えている。
足がガタガタと小刻みに痙攣し始めた。これはいよいよ我慢の限界かな?
その様子を見かねて最後の助け船を出す。

パラ:「あっ、そうだ、この先にまた広場があったような気がするな…。」
直 :「うぅ…。」
パラ:「そこまで行ったら止めてあげようか? どうする?」
直 :「言わなくてもわかってるでしょ? さっさと止めなさいよ…。」
パラ:「何だって? よく聞こえないな…。」
直 :「………。と、止めてください。」
パラ:「止めてもいいけど、どうして止めたいんだったっけ?」

俺の事を再び凄い形相で睨みつける。

パラ:「う〜ん、このまま通り過ぎちゃおうかな? この先はあんな広場は無かった気がするな…。」



275 意地っ張り(13/17) ◆thb7ndp2U6  投稿日:2009/07/06(月) 03:30:23 ID:lJ5fE39H0
そこまで言ってちょっぴり直ちゃんの様子を見ると、物凄く葛藤しているようだった。

パラ:「あぁ〜、見えてきた。ここを逃したらもうチャンスが当分無いかもな?」
直 :「止めてください。お、お手洗いに行きたいの…。」

『ついにあの直ちゃんが折れた!』。
俺はその満足感に浸りながら車をそっと広場に入れ、すぐ用を足せるように茂みの傍で車を停車した。
この場所なら、万が一、他の車が通っても俺の車の陰で見られることはないはずだ。
直ちゃんはギリギリ限界のところだったらしく、ドアを降りた瞬間からスカートに手を突っ込み、
茂みに入りきる前に下着を脱ぎ始めた。当然助手席のドアはフルオープン状態なので、
運転席の俺の位置からは直ちゃんが自分で捲し上げたスカートの中が丸見えだ。
形の良い白いお尻にゾクゾクしながら見入ってしまった。
茂みに少し入ったところで勢いよくしゃがみ込み、溜まりに溜まったものを一気に放出する。
俺の位置からでも「シャ〜ッ」という音がハッキリ聞こえて来るほどの勢いだった。
俺はそれを目に焼きつけながら悦に入っていた。



276 意地っ張り(14/17) ◆thb7ndp2U6  投稿日:2009/07/06(月) 03:30:46 ID:lJ5fE39H0
すべてを出し終えてブルブルっと体が痙攣した後、ほっとしてその場にガックリ崩れ落ちる。
その様子は耐えがたい屈辱に屈したかのようにも見えた。
俺は弱みに付け込んで少し悪い事をしたかなぁと罪悪感に駆られたが、今となってはもう仕方がない。
直ちゃんの両膝が地面に着き、両手はその膝の上にそっと乗っていた。
下着は膝よりも少し上の辺りまで下げたままである。

直 :「パラくん…。お願いがあるんだけど…。」
パラ:「な、何?」
直 :「ティッシュペーパーを取ってもらえる?」

しっかりとした声が響く。その声からは直ちゃんの気持ちを推し量ることは出来なかった。

パラ:「う、うん…。」

そう答えてボックスティッシュを後部座席から掴むと運転席から降りて、恐る恐る直ちゃんに近付いた。



277 意地っ張り(15/17) ◆thb7ndp2U6  投稿日:2009/07/06(月) 03:31:11 ID:lJ5fE39H0
直ちゃんはそのままの格好で動かない。見てみると直ちゃんの足元から先には、
今絞り出したおしっこの滴が雑草の至る所から反射して綺麗な光を放っている。
それを見ながらボックスティッシュをそっと手渡した。

直 :「ありがとう…。」

意外な事に棘が抜けたようなとても穏やかな声だった。
シュッ、シュッと音を立てながら何枚かティッシュを抜き取ると、股間を丹念に拭き取っている。
俺が横で見ているのも気にせずに、そのまま黙々と作業を続けている感じだ。
横顔からはやはり感情が読みとれない。
一通り拭き終わってからノロノロと立ち上がると、
下着をゆっくり持ち上げてお尻の辺りに指を合わせて履き心地を調節する。
そのまま俺とは視線を合わせずに助手席へ乗り込んだ。
俺も黙って運転席に戻り、静かに車を発車させる。



278 意地っ張り(16/17) ◆thb7ndp2U6  投稿日:2009/07/06(月) 03:31:35 ID:lJ5fE39H0
直 :「これまでちょっと意地悪しすぎてたかもね…。ごめんね…。」

驚くべきことに、そんなしおらしいことを淡々と語り始めた。
これまでの流れから、カンカンに怒って物凄い剣幕で喰って掛ってくるのを予想していたので、
この態度には正直、心底驚かされた。

パラ:「お、おぅ…。まぁ気にするなよ…。」
直 :「私がちょっと意地を張りすぎてたのかも…。」
パラ:「………。」
直 :「今日だってパラ君は初めから親切に説明してくれてたのに、なんだかイライラして
 嫌な態度を取っちゃった。だからこんなに恥ずかしい目にあうことになったのかもね…。」
パラ:「………。」
直 :「こんな恥ずかしいところを見られちゃって、私これからどうしたらいいのか…。」

そう言いながら途中から直ちゃんは泣き始めた。



279 意地っ張り(17/17) ◆thb7ndp2U6  投稿日:2009/07/06(月) 03:32:31 ID:lJ5fE39H0
俺は仕返しとばかりにちょっぴり意地悪したことに罪悪感を感じたので、
過去の事はすべて水に流し、彼女を最大限励ますことにした。
その後の彼女は人が変わったように、素直な良い子になったのは言うまでもない…。











おしまい!



■レイプ中に「もうがまんできないよ。早く入れて」っておねだりしてみた結果wwwwwwww

■小学校の内科検診がやべええええええええええええええええええ

■妹(JS)の乳首をコロコロしてたらwwwwwwwwwwwwwwww


★本気で抜きたい貴方様へ★


真面目そうな娘ほど実はヤリマン!?出会い系で出会ったごく普通の女子大生で検証してみました


2人は幼なじみで互いの身体は見たことあるがHを見るのは初めてだそうです。


素人のお仕事 ~スマホ講師はスマタxオナホ~


この仲良し2人組みは何と、実の姉妹!


おんな友達といっしょ ~キャバ娘たちは毎日ヤリのマン~


奥さん、今はいてる下着を買い取らせて下さい! ~マンカス付着の異臭パンツ~


おんな友達といっしょ ~ついにレズプレイ~


熟女ナンパ シーズンⅤ ~謝礼に弱い熟女をナンパ~


「いや~~友達に触られるのって、結構恥ずかしい!!!!」


運転中、乳首を摘んだらヤバイことにwwwwwwwww


奥さん、今はいてる下着を買い取らせて下さい! ~愛液で湿ったパンツ~


おんな友達といっしょ ~いきなりパンツをずらしてピチャピチャ~


素人のお仕事 ~町工場の素朴な巨乳ちゃん~


素人のお仕事 ~ペットにされたペットトリマー~


奥さん、今はいてる下着を買い取らせて下さい! ~巨乳人妻のピンクの下着~