I’m Home リモデル・ブログ ~住まいのリフォーム情報~

湘南・平塚の西山建設 すまいのリモデルブログ 住まいをリモデルすることで、ドアを開けアイムホーム『ただいま』を言ったときに、ほっとできる我が家になることを目指しています。

神奈川県産木材の活用法

丹沢山林での神奈川県産材木の活用を視察してきました。
13
チェンソーによる県産桧木材の伐採

41 (800x450)
伐採した原木の皮をむきます

15 (800x450)
柱/土台用に角材に仕上げます。

46 (800x450)
減圧乾燥機で1週間乾燥させます。

55 (800x450)
更に外部で乾燥して出来上がりです。



勝原小北棟工事が完了しました。

夏休みより工事を行ってきました勝原小。

書類の検査も済み、すべて完了です。
P9120032


最新情報 新たな省エネ住宅ポイント- 住宅ストック循環支援事業のエコリフォーム 実施について

img_01[1]

住宅ストック循環支援事業が昨日平成28年10月11日 平成28年度第2次補正予算が成立しましたので、昨日着工分より補助対象になる見込みです。

エコリフォーム
次の①及び②を満たすものであること。
① 自ら居住する住宅について、施工者に工事を発注(工事請負契約)して「Ⅱ.2.エコリフォーム」に定めるエコリフォームを実施すること。
② エコリフォーム後の住宅が耐震性を有すること。

補助限度額は30万円とし、耐震改修工事を行う場合の補助限度額は45万円とする。

耐震設計の技術を学ぶ勉強会

耐震設計の技術を学ぶ勉強会です。
熊本地震の調査を元にした耐震設計の重要性を学んでいます。
やはり実際現地に行って被害状況を確認することで設計を見直していくことは非常時大切なことだと痛感しました。
image

「平成28年熊本地震」に対する住宅被害調査隊の派遣及び義援金の拠出について

 このたびの平成28年熊本地震により被災されました皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。被災地の一日も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。
 弊社では、平成28年4月26日住宅被害調査隊を現地に派遣しています。
また、6月29日被災地の皆さまの復興にお役立ていただくため、義援金を日本赤十字社を通じて寄付いたしました

平塚市住宅耐震相談会が開かれています。

平塚市住宅耐震相談会が開かれています。
耐震工事に関心のある市民の方がたくさん参加されています。image

相模川の洪水想定範囲が広がっています。

昨日5/30国交省発表の相模川浸水想定区域図

http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000647051.pdf

H16年に平塚市が出している平塚市 洪水ハザードマップに比べ、浸水範囲が広がっています。

特に駅前周辺は大きく浸水する恐れがでできました。

もう一度、地図を確認して、防災の準備を必要がありますね。

平塚市福祉会館工事完了しました。

昨年6月より工事しておりました、
平塚市福祉会館の耐震補強工事が完了致しました。
17

住宅建築のチャンス到来!!

日銀がマイナス金利の導入を決めて
最も恩恵を受けるのが住宅を建てる方でしょう。

以下平成28年2月実効金利です。


【融資率9割以内 Aタイプ(手数料:融資額の2.16%)】

20年以下:1.21% / 21年以上35年以下:1.48%

【融資率9割以内 Bタイプ(手数料:108,000円)】

20年以下:1.41% / 21年以上35年以下:1.68%

【融資率9割以上 Aタイプ】

20年以下:1.65% / 21年以上35年以下:1.92%

【融資率9割以上 Bタイプ】

20年以下:1.85% / 21年以上35年以下:2.12%

かねてからの円高の影響や、このたびの日銀のゼロ金利政策により

2月は今年度もっとも低い金利でのご案内となります。(融資率9割以内の場合)

 

例:1,000万円を35年で借りた場合(融資率9割以内 Aタイプ 21年以上35年以下)

→ 毎月返済額 30,520円

ちなみに5~6年前まで35年ローンの金利は2.5%前後でした。

省エネポイント終了になります。

省エネポイント本日で終了かもしれません。
当初の予測通り10月末前に終了ですね。
昨日で97%の実施率です。
無題
QRコード
QRコード
記事検索