July 06, 2009

10代の肌は透き通っている

1d680f1e.jpg土曜の夜、観てきました。
「星の大地に降る涙」
初・地球ゴージャス観劇。

お目当ては舞台初挑戦の三浦春馬くん!
前評判がとても良かったので、楽しみでした。

まず、背が高くてとても舞台映えする人だなと。
現代っ子だから手足が長いんだろうね。
身のこなしが大きく、きれいに見えました。
歌もすごく上手で、なんでもできるんだなと感心。

ラストのカーテンコールで無邪気に手を振る姿にやられた。
もう、可愛すぎる!!!
岸谷さん、寺脇さんの言葉を借りるとキラキラで、キュンキュンです!

他の客演は、木村佳乃さんとNACS音尾さん。
木村さんはとても綺麗でした。歌声も初めてきいた。
個人的には今回みたいな清純な感じではない役どころの木村さんが好きです。

音尾さんはカッコイイ役でしたね。
男気溢れる、頑なにまっすぐな生き様を遂げる役。
声がとても素敵だと思いました。

主宰のお二方は、さすがの余裕で舞台を盛り立てていました。
ストーリーはわりとベタな反戦ものなんだけど、
要所要所で岸谷さんと寺脇さんのまるでコントのような絡みがあり、
そこには長年やってきた二人の信頼みたいなものが滲んでて良かった。

まさか天然理心流がでてくるとは思わなかったけど、
基本的にはとてもストレートでわかりやすいメッセージの舞台で、
ラストの解釈は人によるだろうけど、観やすかったです。

ひとつだけどう捉えていいのかわからなかった点も、
芝居後に皆さんの意見を聞き、素直な男の恋心で納得!
パンフ読んだら、実際に春馬くんもそういう感じのこと言ってました。
素直な恋心、取り戻さなくては!


imie13 at 01:18コメント(0)トラックバック(0)日記 | 舞台 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

i*me

my common days
 
みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
あわせて読みたいブログパーツ
最近のコメント
ウェザーニュース
  • ライブドアブログ