歌舞伎

November 23, 2009

kabuki_tate
ミーハーで観始めた歌舞伎ですが、もともとディグるのも好きな性質ですから、
やはりこういうのは受けてみたくなっちゃうんですね。

てことで行って参りました、歌舞伎検定
しかも面倒だから4級・3級併願で受けちゃった。

まぁ、日本史のマーク式テストみたいなもんですから、
知らないとこは勘ですよ。
複数回観てる演目とか、好きな役者の問題が出たらラッキーって感じ。

駆け落ちする傾城も、主君の子供の身代わりで殺される家臣の子供も、
いろんな話でいっぱい出てくるから、いちいち名前なんて気にしてなかった。
ぜんぜん勉強不足でしたなぁ。
でも直前にはった山は割と当たってたかも。そういうとこ鋭いのね。

会場はやはり、年上の方がほとんどだったように思います。
お着物のおばあちゃまとかもいましたし。

結果は年明け、忘れた頃にくるんでしょうね〜。


imie13 at 17:00コメント(0)トラックバック(0) 

August 11, 2009

マーメイドネイルヒールメンテナンス
パソコンに向かうのは仕事のみになってて、
いったんブログを書かなくなったら、どんどん離れていってしまった。

ツメをメンテナンスしたり(今回はマーメイドなイメージです)、
ヒールをメンテナンスしたり、見た目はヨレヨレにならないように。

スイカお兄ちゃんと
季節モノをいただいたり、ソフトバンクのお兄ちゃんとお仕事したり、
それなりに会社サイドも楽しくやっております。
寝れないとか、休日も当たり前にパソコン持ち歩くとか、大変さは麻痺しつつ。

コクーン歌舞伎七月歌舞伎座
何だかんだ歌舞伎にも行ってます。
コクーン歌舞伎は、やっぱり今年もすごかった!
七くんはめっちゃキレイだったし、去年たくさん海外遠征したおかげか、
中村座が海外小劇場のようなシンプルだけど強いオーラを放ってた。
6月の現代版から繋がっていて、魂の浄化みたいな(違うかもしれないけど)
ラストの高貴な静けさにちょっと涙してしまいました。

歌舞伎座では勘太郎くんと海老蔵さんと玉三郎さま!
去年勘三郎さんでみた団七を今年は海老さまで。
顔つきとか体つきとか、もちろん歳とか全然違うし、
そもそもの雰囲気が違うから、まったく別人にみえる。
殺しのシーンも色っぽいというか。

泉鏡花作品では、勘太郎くんがまさかの小悪魔お姫さま!
それがとても良かったんです。
「おあねえさま」ってのが、すごい可愛かった。

はい、まとめ書きでした。


imie13 at 21:24コメント(0)トラックバック(0) 

June 22, 2009

54b3c8c2.jpgどんだけ忙しくても歌舞伎には行ってる。
劇場へも足を運んでる。

今月は染さま長男、
金太郎ちゃん初舞台でした。
世襲であることの醍醐味は、
やっぱりあるんだと思う。


imie13 at 23:09コメント(0)トラックバック(0) 

May 09, 2009

京都南座
あいにくの雨でしたが、初めての南座はとてもいい思い出になりました。

銀座の歌舞伎座の半分くらいのこじんまりとしたハコ。
繊細でモダンな感じの装飾がたくさんあり、
歌舞伎座とはまた違った雰囲気のある建物でした。

そしてなんといっても1列目、ど真ん中での観劇!
これは東京ではなかなか叶いません。
足のあざも見える、息づかいまで聞こえて、ドキドキ。

演目の小笠原騒動は、狐あり、幽霊あり、正義も悪もありの
歌舞伎的エンターテインメント満載の作品なので、
楽しめないわけがないし、
おまけに舞台上で本物の水を使った大立ち回りがあって、
1列目はキャイキャイ言いながら、その水を浴びれます(笑)

本当はシリアスな場面なんだけど、
橋之助さんも勘太郎くんも絶対楽しんでる!
中学生のケンカみたいに笑いながら水かけてたもん!

大詰の立ち回りも、近すぎてド迫力だったし、
七之助くんの美しさは見つめるのが照れるくらいだったし、
(幽霊姿は本当におどろおどろしかったし)
すべてバッチリ堪能いたしました。
一晩寝て起きてから、その贅沢さを噛みしめるくらいに。

今月まだまだ公演は続きますが、
皆さまお怪我などなさらず、観る人を楽しませてください。


imie13 at 02:01コメント(0)トラックバック(0) 

January 18, 2009

2009浅草歌舞伎浅草歌舞伎2回目に行ってまいりました。
連日の着付けだったので、今日は更にスピードUP!
20分足らずで何とか着た感じです。
もはや脱げなければそれでいい!
最近はそれくらいラフな気持ちで気軽に着てます。
さてさて今日観劇したのは、第1部。一條大蔵譚と土蜘です。
大蔵卿のほう、曲舞は滅多に演じられることがないそうなんですが、
これがめっちゃ良かった!改めて亀治郎さんの魅力に惹かれました。
靱猿の舞の後、会場が湧き立つような拍手が起こって感動。

勘太郎くんの土蜘もとっても良かったです。
花道の出のときの異様さビックリした!ほんとゾワゾワする感じ。
今年はようやく「浅草歌舞伎を育てる会」の新規入会もできたし、
やはり一年の歌舞伎初め、浅草は楽しみな場所です。

大枡の誘惑遅めの昼ご飯のはずだったのに、
気付けば夜まで、いつもの日本酒バーで。
いつもこの季節ものの張り紙にやられるのです。
本日は八海山特集!
まずは新酒しぼりたてをクイっと一杯!

八海山ビール八海山焼酎
その後、ボトルやグラスの可愛さに惹かれ、八海山ビール。
そして全種類制覇的に、八海山焼酎もいただきました!
ビールは女子受けしそうな飲み口で、
焼酎は焼酎と思えないほど、日本酒の八海山と同じ味でしたよ。

imie13 at 23:59コメント(0)トラックバック(0) 

January 17, 2009

若鶴会新年会本日は勘三郎さん後援会の新年会でした。
周りのマダムに負けないように、
朝帰りだったけど頑張って起きて、
お気に入りの銀ねずの小紋を着付け。
会は、後援会長である海部元首相のお言葉から。
後ろに勘三郎さん!もう結構なお年なので、
記憶にあるお姿よりだいぶおじいちゃまでしたが、
その話術には感心いたしました。
その後、後援会名にちなんだお酒「若鶴」で乾杯!
七月さんがナイスなアングルで写メってくれました。
自分越しに勘三郎さんが(笑)
鶴松くんと!
そしてそして中村屋期待の部屋子、
鶴松くんを会場の片隅に発見!
会場で仲良くなったリカさんと共にダッシュで確保!
お行儀良くて、踊りもホントに上手。青田刈りです。
浅草出演で出ちゃう前に声掛けれて良かった。

その後も勘三郎さんのトークと共に
お酒とお料理を楽しみ、記念撮影や抽選会でドキドキ。
記念撮影の入れ替えのタイミングで、
勘三郎さんにもご挨拶できて、握手してもらえて大満足!
今年の年間計画もいろいろ話してくださいましたが、
何やら楽しそうな話満載で、今から心浮き立つのでした。

imie13 at 23:59コメント(0)トラックバック(0) 

January 13, 2009

f0fa31a8.jpg土曜日。今年初歌舞伎です。
ここ3年の恒例行事。
新春浅草歌舞伎の着物デー。
現代日本とは思えない客席、
華やかで良いんです。

そして今回の浅草歌舞伎午後の部、
完全に中村兄弟のものですね。
カンタくんはカッコ良かったし、
セブンはお人形のように綺麗でした。

写真は麻鳥で飲んだ浦霞。
c1f8aa8b.jpg日曜日。あまり記憶がない。
とりあえず仕事しなきゃ!ってのと、
洗濯しなきゃ!ってのと、
掃除しなきゃ!ってのに
追われてた気がします。

遊び過ぎ、働き過ぎは、
普通の生活が疎かになりがち。

写真は香川出身の上司にもらった
お年賀の讃岐うどん。うまかった!
しっかり14分ゆでるのです。

b823c692.jpg月曜日。歌舞伎座。
意外にも1月の歌舞伎座は初めて。

まっすの歌舞伎座デビューに
着物を一式かしました。
でも自分は仕事に追われて、
行くのだけで精一杯。。。

勘三郎さんの小姓弥生の舞が
本当に美しかったです。
勘&玉コンビの鰯売は間違いなく面白かった!

みなさん、歌舞伎座さよなら公演は、
今年一年、むしろ来春まで続きますよ。

imie13 at 22:54コメント(0)トラックバック(0) 

December 06, 2008

141dfd3a.jpgアンティークで買った
黒い着物にも袖を通したかったし、
思い立って行った歌舞伎座でしたが、
かなり良かった!

今回は演目もわかりやすかったし、
もう筋書がなくてもだいぶ理解できる。

歌舞伎のタップダンスといわれる高杯も
初めて生で観たけど、すごかった。
鼓の音と所作台を鳴らす音が心地よい。
タップダンスが流行ってたからって、
あれを歌舞伎に取り入れようって考えがすごいな。


そしてそして籠釣瓶。染五郎さん素敵でした。
んもう〜栄之丞がカッコ良すぎる!
女を破滅させる男の魅力、なんだろねアレは。

栄之丞の素性ってよくわかんないけど、
顔と男っぷりがいいだけで、
要は八ツ橋のヒモってことなんだよね?

いやぁ、でもあんな色っぽい男に
「おまえ俺の女なんだろ」みたいなこと言われたら、
メロメロきちゃって、道を誤るよねぇ。
それもひとつの幸せなのか?


imie13 at 23:59コメント(0)トラックバック(0) 

November 24, 2008

79481a89.jpgb1270ab2.jpg

浅草といえば日本酒になりつつある最近。
ていうか、最近日本酒率が高くなってるのか。
季節ですかね。

そんなこんなで今月二度めの平成中村座。
二度めなので、いろいろ本筋以外の部分にも注目できました。
初日から演出も若干変わってて、
この短期間でも芝居が進化してるのが伝わる。

勘三郎さんも笹野さんも、
本当にエネルギッシュで、こちらの体温まで上がる感じ。
そのなかで“静”の芝居をしてる勘太郎くんも素晴らしい。

法界坊は基本的にはコメディだと思うけど、
人間の欲深さがどんどん狂気を孕んでいく感じとか、
本当はおどろおどろしい話なんだろうな。

最初は憎らしいけどお茶目で愉快な法界坊は、
後半平気で人を殺したりする。
純粋さゆえに恨んで化けて出ることになった野分姫も。
イノセント・ラブ見てても思うけど、
純粋さって実はけっこう怖いことなのかも。

夜はウェンツのパスタパーティーに緊急参加!
美味しく楽しくいただいてきました。ご馳走さま!
どうしても仕事が気になって、先に帰ってごめんね。

imie13 at 23:21コメント(0)トラックバック(0) 

November 05, 2008

そういえばこの前、トップランナーに
藤間勘十郎さんが出てて驚いた。
ていうか勘十郎さんってば、28歳だったのね。
そんな若い方だったなんて全然知りませんでした。

勘十郎さん振付の演目、
実は結構観てる気がします。
2コ上ってだけで、急に親近感。
でもよく考えたら2コ上なのに、すごい世界に生きてるな。

海老蔵さんの稽古風景とか、
勘三郎襲名公演の時の様子とか出てきて、
ちょっとラッキーだったなぁ。

そしてそして、ソロモン流では亀治郎さん。
この方も5〜6コしか変わらないのに、すごい。
「亀治郎の会」行ってみたくなっちゃった。

亀治郎さんは、考え方とかも独特っていうのかな、
強くて、揺るがなくて、人間として憧れる。
自力で道を切り拓いていく快感もしんどさも味わってる。
運命っていうのは、やっぱり自分で引き寄せるものなんだな。

んで、全然方向違うけど、
嵐の宿題くんに出てた古田新太さん。
この人も面白いだけじゃなくて、やっぱすごいと思う。

勘がいいっていうのかな?
バランス感覚なのかな?
どこにでもハマれて、かつ自分色を出せるのって、
相当すごいことだと思います。
どっちかだけなら、できそうじゃん。
勘がいいってのは、最近も言われました。
でもそれだけじゃダメなのですよ。

バランス感覚といえば、宮藤官九郎さんには脱帽。
今やってるドラマ「流星の絆」の脚本構成力には感動します。
あの話ってフツーにやったら、ものすんごく重苦しいけど、
劇中劇の持って行き方とか、回想の入れ方とか、
シリアス過ぎず、おバカ過ぎず、安心できる感じが頼もしい。

ドラマってちゃんとストーリーがないと見れないけど、
重すぎると疲れて帰った状態で見る気がしないからね。
もう、そのへんのバランスが絶妙だと思います。
こっからどうしていくのかが腕の見せ所だろうけど。

imie13 at 20:29コメント(0)トラックバック(0) 
プロフィール

i*me

my common days
 
みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
あわせて読みたいブログパーツ
最近のコメント
ウェザーニュース
  • ライブドアブログ