秋の京都。
良いですねえ。紅葉や、時代祭を筆頭に繰り広がられるお祭り。

移住者一年生の僕もワクワクしています。

そんな中、京都の銭湯がエライことになってるのをご存知でしょうか?

京都駅のタワーホテル地下には朝から入れる大浴場があるし、なんと京都温泉マップや温泉アプリまであるんですよね。

以下、京都市 「京のお風呂屋さん再発見!」より転載。

御所近辺マップ。



御所近辺の詳細。




10月22日は京都御所から出発する時代祭。

御所の近くの桜湯さんは大正時代から続く渋くて尚且つ清潔感のある銭湯で、僕も夏に御所の周りを走ってた際にはここに荷物を預けて御所を走ってまた戻ってお風呂に入って帰るという幸せすぎるランを楽しんでました。御所にお越しの際には寄ってみるのも良いですよ。

そうそう、京都の銭湯はランナーズステーションとしても活用させてもらえるところが沢山。

その一覧も貼っておきますね。ここ

秋の京都。観光がてらランニングシューズを持ってきて銭湯を拠点に好きな場所を走りながら回って汗を銭湯で流すのも良いですね。

ちなみに京都市は入浴料一律430円です。