これから書くことは定期的にこのブログで書きたい。

こうやって日々、ブログを書いていると、時々「ぼんやり感じてるけどそういうことか!」ということを言葉にできる時がある。

それが、さっきやってきた。

 

「自分の人生は自分でデザインできるのだ。その力が備わっているということを思い出そう。」

これを伝えたくてブログを書いている。

 

うまくいかないことが続くと、自分で選んだり、自分の好きな生活、やりたいことをデザインすることは無理なんじゃないかと思うことがある。

 

でも、それは本当は間違いで「うまくいかないから諦めよう」と思えば本当にそうなってしまう。

 

今、幸い京都で生活して、日々走ったり、好きな場所に行ったりしながら、ブログや音楽を作る生活ができてる。

数年前のメモを見てみるとこんな生活がしたいという生活が叶っていることがわかる。

これは、本当に大事なことなんだけど、まずはイメージして文字にしてみる。

そうすることで、自分がどういう生活が欲しいかがわかる。

 

こんな簡単なことでもほとんどの人はやらない。

まず、自分の欲しいものをわかっていない人がほとんどだ。

 

わかっていない、もしくは諦めている。

 

イメージしたものが現在の自分の位置と離れていると、それを手に入れるには時間がかかる。

京都を日々走って、音楽を作って、楽しく生活がしたいと思ったのが3年半くらい前。

そのイメージが叶うののにだいたい3年くらいかかった。

途中で、怪我をしたり、生活を安定させるのに気を配ったりしながらなんとかかんとか今に至る。

 

あなたが欲しい生活はどんなでしょうか?

わからないときはこれは嫌だ、と思うものを列挙してみるといい。

そいつをメモに書いて貼り出す。そこにはすでにその嫌なことをしない生活がぼんやりながらも浮き上がっているはず。

 

Tom Robinson Bandとハイロウズの歌う「I shall be released」。1996年。このメッセージが突き刺さった。

 

 

I see my light come shining from the west down to the east.

Any day now ,any day now I shall be released.

光が輝くのが見える。西から東へと。

われ解放されるべし。

 

そう。解放されるべし。そしてその力は自らが持つんだ。

 

トムロビンソンバンドとハイロウズが1996年に日本でやった上記のライブで、「Power in the darkness」という曲をやっている。(動画みつからず)

その中で、ヒロトが言うのだ。

「人々は、自分の体を好きなことに使う自由がある。人々は自分の好きなものを信じる自由がある。」(うろおぼえなので正確じゃないけど、そんな感じのこと)

 

そうなのだ。

あなたは自分が好きなことに、自分の体と心を使う自由を持つ。

だから、立ち上がって戦おう。

自分の人生は自分でデザインできるのだ。その力が備わっているということを思い出せ。