一番、無駄な時間って移動の時間だ。

特に通勤時間。

これを有効活用するためにはどうやったらいいか。

てなことを考えながら、今電車の中で運良く座れたのでブログを書いている。

 

 

さっき、尼崎駅でどうしても本が買いたくなったので何冊か買った。

時々、ぐわっと本を買いたい衝動に駆られる。それはきっといいことなんだろう。

 

 

そうそう、今日は乗ってたバスの中で急病人が出ておどろいた。

若い女性が痙攣して、泡を吹きだして、顔面蒼白になり、呼吸一時止まったように見えた。

運転手さんに隣に乗ってたおばちゃんが声をかけて止めてもらって、救急車を呼んだのだ。

あれはびびる。

 

嘔吐物で気道が詰まらないようにと、たまたま乗り合わせてた看護学生さんの指示で心臓を左側にして、横に寝かせた。

幸い、救急車が来るまでにその人は意識を戻した。よかったよかった。

 

AEDか?人工呼吸か?なんて思いながらも、できることなんてほとんどない。

わたしは足を伸ばすのを手伝ったくらい。

人って死ぬときは死ぬんだろうなー。ぽっくりとと思った。

なかなか見れない光景を見た。

 

日々楽しく行こう。

 

泡を吹いて、目が覚めたその女性はだんだん理性が戻って来た目をして、周りのひとがじーっと見る中、外に救急隊の方に運ばれて行った。

穏やかな顔。

きっと子供の頃に風邪をひいて家族に大事に見てもらってる感じなんじゃないだろうかと思った。なんとなく。

春が近い。