今日はsiriによると昼間は33度あった京都市北部。

来たああああああ!!!!!

 

ついに夏がやって来た。

 

昼間走るのは危険なので昼寝をして、少し涼しくなってから近所の森をプチトレイルラン。

 

一週間前にこけてくじいた右足首がまだ少し痛いので、ゆっくりと歩きとランを混ぜて進む。

きっつい。1kmほどでしっかりと心拍は上がり、呼吸も荒くなる。

遠くには比叡山の濃い緑が雲の切れ間からの光を浴びてグラデーション。

夏が確かにやって来ている。

 

 

最近見つけたトレイルランにぴったりの場所があるのだ。

階段を上がったり、乾燥した岩の転がる下り坂を重い体をなだめすかして、走る。

やっぱり登りと下りがある場所はいいなあ。

少しだけでもしっかりと体に負荷がかかる。

 

 

 

京都の強烈な夏をしっかりと工夫しながら走り込めると、秋に体が軽くなる。

これから二ヶ月間は「あえて強烈な暑さの街中を走る日」と、「木々があって上りと下りのある場所をトレイルランする日」、「鞍馬寺とかの涼しい北部を目指すラン」の3種類をうまく混ぜていきたい。

 

ランナーの方々はお互い楽しく夏を乗り切っていきましょう〜。

ではでは!