拾得に行って来ました。久しぶり。

自分が演奏するんじゃなくって、お客さんとしてライブを見に。

少しづつ毎日音楽に触れるようにしているので、次は聴きに行ってみようということで。

IMG 2572

 

「ライブを見に拾得に行く」というはっきりしたな意思を持って、歩く街は全然違って見えます。

なんだろう。これは??不思議や。

まったく違う町に見えます。

 

 

多分。

 

学生の頃は、テストがあったり、進学したり、なんらかの形で「進んでいる」感じがあると思うのですが、大人になると毎日平坦で、特にどこかに進んでいる感じってあまり持てない。

 

だけど「ライブハウスに行く」ということで歩く道や、街の明かりは「どこかへ明確に進んでいる」という感じがものすごかったです。

 

堀川丸太町の交差点をライブのスタート時間が過ぎた頃に足早に歩いていると、目の前から結構なスピードで自転車に乗ったおばちゃんが突っ込んで来たり、綺麗な人がチャリンコで信号を待ってたり。

 

そこは昔見たあこがれや、憧憬の残り香が香る場所で、この突端で見る景色、この場所でしか手に入らないものが欲しいんだと思いましたよ。

どこに行こうか。どこでもいける。

そして、進んで行く時に見える景色や、空気にはこの町独特の希望と澄んだ匂いがします。

 

そうかそうか、これ以上は文字じゃなくって曲にしないと。

 

生演奏ってやっぱり素晴らしかったです。

人間がステージ上で一生懸命に歌う、演奏する。

その息遣いや、表情が全部丸見えになる場所。

一緒に拍手したり、笑ったり。

ライブには全部がある気がします。

 

タイミングを見て演奏しに行こう。そして、しばらくはいろいろなライブを見に行きたい。