9月ももう直ぐ終わり。

今月は子供とはじめて朝ランを一緒にしたり、ライブハウスに結構行ったりとなかなか面白かった。

しかし、たぶん自分が本当にしたいのは、「活きる」ことだと思う。

 

死ぬほど山を走って、数十キロ、数百キロ走って何処かにたどり着くような。

爆発的なもの。死と生の間にギラギラと輝くもの。

 

 ミャンマーの友達

 

KITENの活動を始めたよ、というメッセージを古い友達に送ってみた。

しばらくしてメッセージが返ってきたのを読んでみたら、今ミャンマーにいて、しばらく帰省中で明日またミャンマーに帰ると言うことだった。

医師として働くその友達がなぜミャンマーにいるのかはよくわからなかったけど、明らかになにか「新しいもの」を始めてる感じがして嬉しかった。

起点になること。それはなにも大きなことじゃなくてもいい。

自分が大好きなことを、一番興味のあることを自らがまず始めてみる。

虫をとることでもいいし、自転車に乗ってみることでもいい。

なんでもいいのだ。

 

ぜひ、なにか始めてみたらツイッターで#KITENで投稿してね。

リツイートします。波を起こしたい。