きたよきたよ。師走が来た!!

というわけで、もう12月。

11月を振り返ってみます。

 

Youtuberデビュー

恥ずかしいことはどんどんやるべきだと思っています。

ということで、Youtuberデビュー。

 

不思議な楽しさがありました。

コンテンツはこれからも変化させていきたいです。

チャレンジチャレンジ。

 

KITENとなる仕事

仕事の方は自ら動き出して、人を巻き込んで行く系の起点となる仕事ができました。(お客さんに集まってもらって、ソリューションのディスカッションや紹介、事例などを共有する会)

 

準備に1ヶ月。

無事終了。日程や場所の調整、参加者や発表していただく方へのご依頼等々。

どうやってやったかをちゃんとコンテンツにして残して次回につなげたい。

こういう「フロー」の仕事をコンテンツにしてストックして残して行くことって大事な気がする。

 

 

「フロー」をストックして行くことを意識すること。

 

イベントという一回きりになりそうなもの(フロー)の工程を残して、汎用化(ストック)していけばそれは違う形で生きる

 

フロー→ストック(ミュージシャンが作品を作るのってまさにこれ)

ストック→フロー(本で得たノウハウを実践に生かして行くことなんてまさにそれ)

 

これってキーワード。

KITENにも通じる。

 

 無理ない暮らしのうりなみさんとか、まさにそう。

勉強会やって(フロー)それをコンテンツにしてる(ストック)。

そしてブログ(ストック)を生かして、勉強会(フロー)をやってる。

 

 

どうやったら起点になれるんだろう?と考えたら、まずはその考えそのものをコンテンツにして、自ら動き出して人を巻き込み、それをまたコンテンツにしていけばいい。


これは自分のセーフティーネットにもなる。

 

生存戦略を考える

 

移住してから、やばい!っていうことが3年前にあったんですよ。

生きのこらなきゃ!みたいなね。

こういう経験って、ぼーっとして自ら変化してリスクを冒していかないとできない。

30代であのスリルを味わえたのはよかった。

だからね、いつも生存戦略を考える癖がついた。

さらにいうと、生存戦略なんてケチなこと言ってないで、「マックスで爆裂戦略」にシフトしていこう。

 

 

帯状疱疹になる

10月に頭に傷みたいなのができて、そのままにしてたら疲れたときにすごく頭が痛くなった。

それで、病院に行ったら帯状疱疹でした。数日間リモートワーク。(在宅勤務)

 

参照:帯状疱疹

 

 

勝者のマインドを取り戻そうと思った

京都移住って大目標だったことが3年前に達成されて、いろんなことが「まあ、いっか!」状態になってた。

その小さな妥協が小さな敗戦を呼び、勝者のマインドが目減りしてることに気がつきました。

あぶねえあぶねえ。

これって、みなさんは大丈夫??

まあいっか。という小さな妥協が呼ぶ隙間。

だから、少しづつでも目標を達成して自分を喜ばせようと思います。

それがまた次の勝ちにつながり、価値を生みます。

 

参照:勝者のマインドの作り方

 

 

 

 

 12月。

心と体と頭を喜ばせていこう。

 

それができればもう最高だよね。