今日は家で家族とのんびり。

 

 

プログラミングをやってた。(Pythonっていう言語)

プログラミングは趣味としては最高で、迷ったり、わからなくなったらググってみるとあちこちに答えが転がってる。

年末なので、日常よくやってる作業を効率化。

コード打ち込んで、インターネットの海から必要なものが落ちて来るときのあの気持ち良さってなんだろう??

人類の叡智がネットで集合知に変わったことがよくわかる。

 

 

今日やったこと。

よく見るサイトを一気に開けるスクリプトやPDFファイルをエクセルに変換するスクリプトを書いてみた。

ほとんどネット上のコードをコピペで動作する。それを少しづつ、理解しながらうまくいかない部分を修正。

日本語の情報もたくさんあるけど、こんな時って英語ができると便利。情報を取れるところが一気に広がる。

 

 

 

それから少しだけ、娘にプログラミング講座を開いてみた。

なかなか楽しいようだ。またやりたいみたい。

 

 

 

プログラミングって、マスターしよう!と一気に詰め込むと辛かった。

でも、少し離れて楽しそうだなって思える時にやってみると、基礎がなんとなくできてれば一気に進める。

 

 

それからね。ラズベリーパイっていう小型のコンピュータをPythonでも動かせることがわかった。

温度センサーや、GPSと連動させられるのでちょっとしたIOTとしても使える。

 

仕事でもサーバルームの室温管理とかで使えるんじゃないだろうか?

規定の温度や湿度を超えると、アラートメールが飛んで来るとか設定したらよさそう。

 NewImage

陶芸家がが使う窯の温度からガスの供給量を調節する上の写真のシステムとかすごい。

 

参照;ラズベリーパイでできることは?海外のIOT開発事例7選

来年の楽しみがまた一個みつかった。