JR京都駅の中央出口から京都タワーを見上げると、この街に晴れた夏の日にやってきた日のことを今でも思い出す。

昨日は久々に、夜にその景色を見ながら「よっしゃ!やるぞーー!!」と移住に成功して、嬉々として改札をくぐり抜けて京都タワーを見上げた日のことを思い出した。

NewImage

 

あの日「やるぞー!!」と思ったのは何をやろうとしてたんだっけ??と考えると初心に帰れる気がする。

京都の街が好きで、その中を日々走って生活できれば最高だろうなー、とか音楽が溢れるこの街で音楽を作っていけたら最高だろうなと思ってやってきたのだ。

 

これって多分、いろんなことに言えることで何かを始めた後に、普通の日常がやってきて、本来のベーシックなものを忘れてしまう。

日常の中にいろんなことが埋もれてしまう。

 

 

環境が変わったけど、子供達は元気にすくすく育ってるし(京都は性格が悪い人が多いのでいじめられるかもよ。とか言われたけど別にそんなこともなく、元気)奥さんも馴染んでくれた。

 

 

生活が一変すると、楽しい中にも不安定な側面も増える。

「安定」を求めるのは人間の本能。

だけど、「安定」が第一優先になってしまってたことに最近気がついた。

これって、面白くないおとなじゃないか!!

 

 

実はこの世界は不安定で、たまたま「移住」という経験をしたから、「不安定」であることに気がつけただけ。

その不安定な中で「よっしゃやるぞー!」と思った最初の気持ちをきちんと貫いていけるかどうか。

これが重要なんだというアホみたいな気づき。

 

寒空の中でカラフルに輝く京都タワーを見上げながら昨日はそんなこと考えた。

 

というわけで、さあ、今日もやるぞー!!!

 

今日も良い1日を。