生活のリズムについて、今日は書いてみたい。

というのも、これをやらなきゃ、あれをやらなきゃみたいになって色々中途半端、焦ってしまうのでなんとかしようと昨日考えた。

 

結論から言うと、朝はこうやって手を動かし、体を動かす。昼に備えて、エンジンをぎゅっとかけて行く。

昼はがんがん働く。人を喜ばせる。

夜は家族とのんびり。エンジンを切って行く。がんばらない。リラックス。

 Photo 1505075135786 46bf381343c9

書いてみると当たり前のことですね。

この大きな流れを守りながら、今年は切れ間の時間にやるべきことをうまく滑り込ませていこうと思う。

 

 

1日の流れって、考えてみると「人の一生」に似てる。

若い頃は体を動かし、勉強し、大人になってからの基礎を作る。(朝)

大人になっていろんな人と関わり仕事をし、その対価でお金を稼ぐ。(昼)

歳をとると体と頭が少しづつ衰え、でも知恵は生きて、若い頃に培ったものでのんびり老いて行く。(夜)

 

NewImage

 

よく「生きたように人は死んで行く」と言われるけれど1日を丁寧に生きれば丁寧に死んでいけるのかもしれないし、きちんといろんなことを終わらせていけばきちんと終わらせて死ねるのかもしれない。

昼間に頑張ったこと(若い頃にやったこと)の余力で多くの人は老後を生きるのだと思うと、案外早い時期にやったことがその後の人生を決めてしまうのかもしれない。

 

野村監督も言ってるけど、これって本当だと思う。

若いのに楽ばかりしたがるやつを見るとおまえやばくないか??と思ってしまう。

若い頃って頭と体をしっかり使って、鍛えておけばその余力で歳をとってからやっていける。

歳をとってもう一度がんばって、スピードを上げるのはかなり辛いと思う。

これを読んでるみなさんにとっては、今まで積み上げてきたことで今後歳をとってもその余力でやっていけることってなんでしょう??

 

人との繋がりかもしれない。

お金をしっかり貯めてるって言う人もいると思う。

毎日、運動する習慣があるから健康管理は大丈夫と言う人もいるだろう。

 

今日からやれることとして、具体的に言うと一つ悪い習慣を潰して、一ついい習慣を付け加えるといい。

タバコをやめて、15分歩くとか。

なんでもいい。

 

それが年老いてからの財産になります。必ず。

 

ではでは、今日も良い1日を!