1月をぼちぼちと振り返ってみようのコーナー。

11月の中盤からまだまだ忙しさが続いてるけど、おかげさまで元気。

 

ケトルベルの効果が大きい気がする。体の芯がしっかりしてきた感じがあります。

筋トレ嫌いだけど、40歳を過ぎてから関節と筋肉の衰えを感じて日常生活でも違和感が出てきました。

ケトルベルのおかげで、それも少しづつ解消。

 

これまじでいいですよ。家でできるし。

それと、電車でここ最近、なるべく立ってるようにしてる。

体幹が鍛えられるのって、いい投資。

 

 

芸術もアジアを目指す

去年、台湾に行った時に、アジアの近さと勢いを肌で感じました。

これから10年くらいアジアを日常的に行き来できるようにしようと思いました。

日本で詰んでも、「アジア全体で考えるとなんともないさ。」くらいの感じが広まるといい。

なんてことを思ってたら、大分時代のミュージシャン仲間がハノイのイベントに出るらしくって、嬉しかった。

 

そうそう。そこだ!さすが、素晴らしい嗅覚。

spaceship airguitars!ファーストアルバムも発売中

自分が日々やってることが、アジア全体でも広がるイメージを持ってると、今後生きやすい気がします。

最初はイメージでOK。

あなたはなんでしょう??なんでもいい。イメージしてみましょう。

 

歩き方と頭の中の独り言を変えた

過去にやらかしてしまったことや、未来の不安が頭の中をぐるぐるしてしまうことがよくあります。

でも未来も過去もないやん。今だけや!ということが腑に落ちました。

ということで「今」にフォーカスする癖が少しづつ、ついてきました。

電車の中で目をしっかり開けて、眼に映るものや、空気感、匂い、音、にしっかりと集中することで練習。

 

 

そして頭の中でループする「独り言」を1月はチェンジ。「おもしろさ、エロ、ロッケンロール」。

おもろく、バカバカしければええ。そんな感じです。あほやな。。

でもね、言葉や意識を変えると見える世界がガラッと変わります。これ面白いです。

参照:カラーバスで見える世界が変わる

 

 

歩き方もチェンジ。

歩き方を嫁さんに言われて、足を内側に絞ってまっす歩くようにしたらずっと痛かった膝の痛みが治りました。

すげえ。大きな変化。

 

 

人をつなげる

 KITENで書いてるように、起点になる動きをするようにしています。

参照;起点になる3つの方法

 起点になることは不安定な時代の凡人の生きる知恵、リスクヘッジです。

あいつはダメだ、こいつは嫌だとか言ってる人間が一番ヤバい。

このブログを定期購読してる百人の皆さんは、起点になっていってほしい!

そんな感じの1月!!